感謝されると好きになる!気持ち良いありがとうと言える人がスキです

感謝されると好きになるサンクス

感謝をされると、相手のことが好きになります。

「ありがとう」こそ、世の中を平和にしてくれる、とても良い言葉です。

でも、感謝の本質を知らない人がたくさんいます。

たくさんの人が、感謝のことを理解し易いように広める方法は無いものか?

自分のためになるので、考えてみました。

スポンサーリンク

感謝されると好きになる!

感謝をされると、された相手のことが好きになっちゃいますよね!

 

別に恋愛とかそういうことではありません。

 

私の場合、照屋なので恐縮してしまいガチですが、

基本的に感謝をされると、相手のことが好きになって

しまいます。

 

勿論、本音で感謝をされている場合に限りますよ。

 

何かの営業でうまいこと言われての感謝の気持ちは

ひとつも感謝とは捉えられないので、それは好きには

なりません。

世の中うまく渡って行くには感謝が最重要

なんで、こんなことを言っているかというと、やっぱり

世の中うまく渡って行くには、感謝が最重要なのでは

ないかと思った次第です。

 

うまく渡って行くというと、聞こえが悪いですが、

今の世の中、妬みや嫉み、恨みなどがものすごく

多いような気がします。

 

その理由は、感謝の本質を知らない人が、多いから

なのではないか?と思いました。

 

私は、最近感謝の本質が分かって来たので、そのパワー

には本当に驚いています。

 

というか、何でもっと早く感謝の本質を知ることが

できなかったのか?物凄く後悔をしています。

 

私と同様に、感謝の本質を知らない人って一杯いる

のではないか?って思っているところです。

感謝の話を聞いても興味が湧かない

なぜ、そう思うかというと、感謝の話を聞いても

ひとつも興味が湧かないんですよ。

 

お坊さんの説教を聞いて、「感謝をしろ」と言われても

全く興味が湧きませんよね。

 

どういうわけか、偉い人から聞く「感謝」の話って

むしろ敬遠をしてしまう傾向があるのではないか?

って思うんですよ。

 

私は、子供の頃に母親から「感謝しろ」と言われても

母親が私に対して、「感謝」を無理強いしてきた

イメージしか湧きませんでしたから。

 

母親に限らず、学校の先生やお坊さん、自分が認めていない

有名人や著名人などから言われても、恐らく私は

聴く耳を持つことができなかったでしょう。

 

「感謝」と聞いた時点で、「有難く思えよ」という

意識が働くので、無理強いされていると思ってしまう

んですよね。

どうしたら相手に「感謝」の意味を分からせることができるか

どうしたら、相手に「感謝」の意味を分からせることが

できるかというと、「感謝」って「ありがとう」の気持ち

なんですよね。

 

「ありがとう」自体が感謝なんですよ。

[感]《形容詞「ありがたい」の連用形「ありがたく」のウ音便》感謝したり、礼を言ったりするときに用いる言葉。ありがと。「おみやげ有り難う」
[補説]丁寧に言うときは「ございます」を付ける。関西地方では「おおきに」。

参考:goo辞書「有難う(ありがとう) の意味 」

だけど、「感謝」という言葉が出てくると、ものすごく

徳の高い大それた言葉に聞こえるんです。

 

「ありがとう」という言葉も、その意味を説明されると

やっぱり拒否反応が働いてしまいます。

 

でも、私は何かのお礼で「ありがとう」と自然に返されると

とても気持ちが良いと感じます。

 

「どうもありがとうございます」ではなくて、「ありがとう!」

です。

 

「どうもありがとうございます」だと、そこには距離を

感じるじゃないですか。

 

目上の人や、未だ友達になっていない間柄では「どうも

ありがとうございます」ですよね。

 

それよりも、「ありがとう」と言われた方がうれしいです。

 

言われる立場からしてみると、例え相手が目下や

まだ友達になっていない間柄でも「ありがとう」

と言われた方が、全然気持ちが良いです。

 

一気に距離が近くなったような気がします。

 

「ありがとう」に関しては、タメグチの方が

全然良いと思います。

 

しかし、やたらと馴れ馴れしいタメグチは、

私は好きではありません。

 

また、「ありがとう」にはタイミングがあって、ひとつも

「ありがとう」と言われる筋合いの無いものに

「ありがとう」と言われても、「この人何を

言っちゃってるのかな?」と、不信に思います。

「ありがとう」という言葉は、比較的使いやすい

「ありがとう」という言葉は、比較的使いやすい

と思います。

 

その理由は、相手の良いところというのは、比較的

見つけやすいと思うからです。

 

相手に「ありがとう」と言えるということは、相手を

いい気分にさせてあげることができます。

 

だから、相手の良いところを見つけて「ありがとう」

とういことができれば、相手との距離を一気に

狭めることができると思います。

 

相手と友達になりたいと思ったら、その時は相手の

良いところを見つけて「ありがとう」と一言いうことが

できればいいわけですから。

 

これほどうれしいことはありませんよね。

 

全く、影響のない人に対しては「ありがとう」などとは

いう必要はありませんよね。

 

むしろ、無理やり言おうとすると、さっきも言った通り

「この人何を言っちゃってるのかな?」状態になって

しまいます。

 

「ありがとう」にちょっと無理を感じてしまうと、

そのことが返って災いをもたらして、いじめの原因

になってしまう場合もあるかもしれませんね!?

 

そういう意味でも、気持ちが良い「ありがとう」と

いう自然な言葉は、最高に気持ちが良いです。

 

この辺の感覚を相手にうまいこと説明してあげることが

できれば、みんな「感謝」の意味を理解して

ものすごく良い世の中になるような気がします。

 

だから、お坊さんも「感謝」のことを説教する時は、

「『ありがとう!』って気持ちが良いよね!」と

いう感じで入って、タメグチで説明した方が相手に

伝わるのではないかと思います。

 

自分の子供に「感謝」を教える時は、「地球上で成功

するには誰よりも「ありがとう」を理解すること」と

教え込めばいいかも!?

 

お坊さんもこの方がいいかも!?

 

それと、満面の笑みは感謝同様にとても大切な要素

ですよね。

 

笑顔が良い人は最高です!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました