コロナ自宅待機日数期間でできること!勉強の遅れるのを防ぐ

コロナ自宅待機日数期間でできること!勉強が遅れるのを防ぐ コロナウィルス
スポンサーリンク

コロナで勉強が遅れるのを防ぐ

新型コロナウィルスで、自宅待機の日数が長引くと

勉強が遅れることが不安ですよね。

 

勉強が遅れるのを防ぐには、待機期間中に自宅で

学習しておくことが要求されます。

 

学校からは、何か待機期間中に宿題など出ている

のでしょうか?

 

宿題が出ているのであれば、それをやらないわけには

いかないのですが、本人のやる気が起きないうちに

周りが「やれやれ」言っても、本人は絶対にやる気など

起きるわけがありません。

 

なぜなら、本人にしてみれば無理やりやらされている感が

あって、ハッキリとしたやらなければいけない理由が

見つからないので、宿題をやる気が起きないのではない

でしょうか?

 

勉強に限らず、物事というものは自分で目的意識を

持たなければ、決してやる気など起こるわけがないと

私は思います。

 

それでは、どうやったら本人のやる気が起きるように

なるのか?

 

そのことは、「宿題はやる意味がない?」で解説をして

いるので、そちらを参照してください。

 

結論から言うと、宿題を期限内にやり切るということは

これから自分で生きていくうえで最も大切な自己管理能力が

身に付くんです。

 

自己管理能力が身に付けば、世の中何をやっても成功する

ことができると思います。

 

期限内に最後までやり切ることができるようになるので

何が何でも身につけたいスキルですよね。

 

そのことを目的とするならば、やりたくないと思う宿題も

やれるようになれるとは思いませんか?

 

「世の中何をやっても成功することができる」と聞いて

やりたくないと思う人は少ないのではないでしょうか?

 

私は、正直学生時代に誰もそのことを教えてくれません

でした。

 

ひょっとすると、教えてくれた人がいたのかもしれませんが

既に親からは「勉強しろ!勉強しろ!」と言われて育った

ために、拒否反応が働いていて、聞く耳が無くなっていた

のかもしれません。

 

そんな私もようやくそのことに気が付き始めて、今現在

一生懸命「世の中何をやっても成功することができる」

スキルを身につけようとあくせくしています。

 

「世の中何をやっても成功することができるスキル」

というのは、早い話が「金の成る木」のことです。

 

親が子供のためにできることは、「金の成る木」を

手に入れるための手段を教えてあげることです。

 

それだったら、それを聞いた子供も拒否反応は

働かないのではないでしょうか?

 

「金の成る木」を手に入れるための手段として

宿題を計画立てて期限内に終わらせる。

 

或いは、宿題が出ていない場合でも、コロナで自宅待機中

勉強が遅れるのを防ぐことが目的なので、勉強をすれば

いいと思います。

 

でも、勉強が遅れるというのは、親が気にしていることで

あって、多くの子供はそのようには解釈ができないと思います。

 

だとしたら、勉強をする目的をどこに持って行けばいいか

というと、やはりそれは「金の成る木」を手に入れるため

でいいのではないか?と思います。

 

世の中、お金ばかりじゃないですが、「金の成る木」を

手に入れることができるスキルが身に付けば、何でも

やりたいことができるようになると思います。

 

重要なのは、目的のために最後までやり切ることが

できるかということが重要です。

 

最後までじっくりと目的達成のために時間を割くことが

できるか?

 

目的達成のために集中することができるか?

 

誰よりも、目標を達成したいという気持ちを持てるか?

 

これらがすべて備わって、初めて人よりも抜きに出れる

と思います。

コロナ自宅でできること

親としては、新型コロナウィルスの自宅待機の影響で

子供の勉強が遅れるのが心配だから、それを何とか

防ぎたいというのが本音だと思います。

 

それには、待機日数期間中に何ができるかということで

試行錯誤していると思います。

 

でも、それは別に何も待機日数期間中だけでなくても

いいはずです。

 

コロナの影響は、未だ未だ続くと思いますし、これからが

真剣に考えていかなければならないことだと思います。

 

完全にほぼほぼ経済がストップしてしまい、これからは

倒産する会社ももっともっと増えてきて、失業者で

溢れかえってくると思います。

 

戦後の復興時代の再来だと思っていた方がいいという人もいます。

 

それは、実は私なのですが、私は戦後の復興時代など、当然

知ってるわけではありません。

 

テレビや映画で観た場面から、想像したまでに過ぎません。

 

しかし、真剣にそこからの立ち上がりを意識しておいた方が

間違いはないと思っています。

 

それほど、大変な状況に現在全世界は立たされています。

 

そんなさなか、日本の政府は今回の対応でも見る限り

及び腰な人たちばかりで、いざとなっては何もできない

人たちばかりです。

 

このままでは、日本は衰退の一途を辿っていくだけです。

 

世間は、救世主を待っているんです。

 

正直それが本音です。

 

これから益々、そのことが現実味を帯びてくる

のではないでしょうか?

 

それには、人一倍頭が良くなくては務まることでは

ないので、救世主になるために頭脳明晰になって

欲しいと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました