カノニカルでブログリライト!

カノニカルでブログリライトblog
スポンサーリンク

カノニカルでブログリライト

canonical(カノニカル)を利用して、ブログをリライトする。

canonical(カノニカル)とは

canonicalとは、「完全に同じ」もしくは「非常によく似た」ページ内容がある際に、検索エンジンに正規URL(代表となるページ)を示すためのタグです。

参考:canonical(カノニカル)とは?重複URLの正規化などのSEO効果について

ブログのリライト処理

ブログのリライト処理をする時に、旧の文章を元に新の文章を追加すると、やたらと手間がかかります。

旧を無視して、新たに文章を書きたいところです。

重複コンテンツは防ぎたい

しかし、新たに文章を興すと、重複コンテンツになる恐れが発生します。

重複コンテンツは、SEO的にもマイナスになる感触があります。

その影響で、素直に行動できません。

行動に移すことを重視したいので、新文章を興して、旧からカノニカルで新文章を正規にしようと考えています。

そうすれば、重複コンテンツにはなりません。

旧と新を比較して差分はすべて新に吸収

かといって、旧に書かれていることを無条件に捨てるのはもったいないです。

旧に書かれている差分は、全て新に取り込みます。

そうすれば、旧の内容は全て新に吸収されるので、削除します。

違いは一時的に新と旧が存在するかしないか

違いは何かというと、一時的に新と旧が同時に存在するかしないかの違いです。

どうしても、旧だけ存在してそれを更新するとなると、全体のイメージが掴み辛いです。

新の文章を興すことで、全体のロジックが把握できて、差分を吸収した方が、全然作業ははかどります。

そのことが可能となるのが、カノニカルではないかと解釈し、行動することを優先したいと考えています。

行動力を優先にカノニカルを使う

実際のところ、カノニカルはこのように使っても問題がないのかはわかりません。

でも、ともかく自分が行動できるようになることを優先に考えて、試していこうと思っています。

ブログのリライト処理は、何度も試みては中々気が乗らずに、思うような方法が思いつきませんでした。

重複コンテンツという言葉が邪魔をして、行動する意欲が阻害されてしまいます。

物事は、無理やりやっても決して良いものはできないということを信念に行動してきたので、やりたくないことはできません。

それが今回、キャノニカルを使うことにより、やる意欲が再び高まり出したので、積極的に行動していく予定です。

関連リンクおすすめ

ブログリライト処理の手順書!手順書が書ければなんでもできる!

ブログのリライトに気が乘らない!更新処理にこそ価値がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました