コロナ不景気予測!あらゆる業種がダメなのは誰でも予想できる

コロナ不景気予測コロナウィルス

今後は、コロナ関係以外の業種は一斉に不景気になるでしょう。

 

心してかからないと生きて行くことができないと思います。

 

スポンサーリンク

コロナ不景気予測

コロナウィルスの影響で不景気予測と言っても、日本の経済自体が

止まっているのだから、あらゆる業種がダメなのは誰でも予想できる

と思います。

 

しかし、そんな中でも景気が良いところはあるものですね。

 

素人ながらに、どんな業種の景気がいいのかを考えてみたいと思います。

 

現在の世の中で景気が良いところは、コロナウィルス関連の職種しか

ないと思います。

 

その他は、全滅なのではないでしょうか?

 

●マスク

マスクは、世界中で不足をしているので、相変わらず

日本でも手に入りづらいことになっています。

 

そこで、生き残りをかけた全く別の職種の企業が

設備投資までしてマスク作りに動いたと思います。

 

有名なところでは、シャープ、紳士服のaoki、コナカ

でしょうか?

 

その他にも、中国にコネがあるECショップが中国の工場に

作らせて輸入して販売するといった状況です。

 

●アルコール

アルコール類は、マスク以上に手に入れる事ができません。

 

そのため、アルコールを扱っているお酒のメーカーでは、

軒並みアルコール消毒に変わるくらい強いお酒を造り

販売している模様です。

 

次亜塩素酸水

その他、アルコールに変わるものに次亜塩素酸水があり、

こちらも品切れが続出していることから、かなり景気が

いいと思います。

 

別の職種から、次亜塩素酸水を生産するような職種に

移行してくる会社があるかというと、それはどうなんでしょう?

 

ちょっと難しい気もしますが、生き残りをかけるという意味では、

ひょっとするとあるのかもしれませんね。

 

でも、かなり設備投資代が高くつくのではないでしょうか?

 

●体温計

体温計もコロナウィルスにかかったかどうかの目安に使用

する人が多い様で、かなりの品不足と聞いています。

 

ドラッグストアを覗いてみても、体温計のエリアでは全く

体温計の姿を確認することはできません。

 

体温計などは、新たに企業が参入することなど、無理だと

思うので、現在のメーカーがそのまま潤うのではないかと

思います。

 

我が家もこの間体温計を購入したのですが、その時はやっぱり

体温計がぶら下がっているエリアには全くおいておらず、

ダメもとでお店の人に「体温計は無いですよね?」と確認

したところ、レジにて数種類の体温計を出してくれました。

 

そこのお店では、問い合わせをした人にこっそりとレジにて

出してくれるようでした。

 

ちなみにその時は、マスクも1パック購入することができました。

 

●手洗い用石鹸

コロナウィルスは、手を洗うことが推奨されているので、石鹸業界

は景気がいいのではないかと思います。

 

それと、うがい薬もいいかもしれませんね?

 

ともかく、衛生関係全般ということでしょうか?

 

目洗いの目薬や鼻うがいなんかも良いと思います。

 

この業界は、製薬関係以外中々参入は難しいと思うので

他からは無理ではないでしょうか?

 

でも、アルコール消毒系以外は比較的弱いですね。

 

アルコール消毒は、本当に皆無です。

 

何でアルコール製品がここまで手に入らないのか?

 

本当に不思議に思います。

 

どこかで買い占めが発生しているからだと思います。

 

今回のコロナウィルス関連の場合、市場規模が全世界

なので、ちょっと裏からお金を積まれたような会社では

あっさりと海外にも横流しをしてしまうような気がします。

 

となると、益々我々には、廻ってくる確率が皆無となって

仕舞いますよね?

 

●製薬

最近では、「アビガンvsレムデシビル」などと言われて

いますが、いずれもコロナウィルスに効果があると言われて

いる製薬です。

 

コロナウィルス用に製造されたわけではない製薬ですが

これが効いたとか効かないとか、売り込み合戦が激化

しそうです。

 

それもそのはずで、有名になれば市場規模は全世界

なので、その国関連の関係者は何が何でも自分の国の

製薬を売り込みたいわけですよ。

 

それが一躍有名になれば、どれほど売れるのか計り知れない

わけですから。

 

全世界が対象で値段もかなり高価でしょうから。

 

多少大袈裟にアピールしても、何が何でも有名にしたい

こと必至だと思います。

 

●コロナウィルス関係の設備

その他にも、コロナウィルスの検査をドライブスルー

でできるように設備をしたり、新たにコロナウィルス

専用に病床を設けたりと、何かにつけて設備をしなければ

ならないと思います。

 

となると、その関係の建築業界は潤うのでは

ないかと思います。

 

その他医療関係は勿論のこと。

 

宅配・テイクアウト・食品関係

その他では、外食以外の食品関係は必要ですよね。

 

特に人との接触を避けるということから、宅配や

テイクアウトはニーズがあると思います。

 

但し、もともと外食屋さんが商売にならないということで

テイクアウトをやっているので、通常営業よりも利益は

落ちると思います。

 

それに、値段的にも他の業界はすべてストップしている

ことから、2割3割の値段では売れないと思います。

 

5割くらい思い切らないと難しいのではないでしょうか?

 

全く売り上げが発生しないという人は、たくさんいるわけ

ですから。

 

宅配業界は、どこもかしこも大忙しだと聞いています。

 

人と接触をしない分、ニーズが余計に発生したからです。

 

値段的にも良心的なので、みんな宅配業者に流れていく

のだと思います。

 

と、一通り考えてみたのですが、その他はやっぱりダメ

ですよね?

 

明日又これをたたき台にして、再度考えてみようと思います。

 

●ネット学習

あと、コロナの影響で学校にいけない子供の勉強関係が

ありましたね!

 

ネット学習のニーズが高まるのではないでしょうか?

 

そう考えると、まだまだありそうです。

 

●室内運動

 

外に出かけられないので、室内で運動をする人が

増えていると聞いています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました