マイボート釣りはポイント命!gps魚探でアプリ併用なしが良い

マイボート釣りはポイント命!アプリ併用せず最初からgps魚探釣り

仕事ばかりで疲れたので、次はどのGPS魚探を買おうかなって

ワクワク感を上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

マイボート釣りはポイント命!

釣りは、ポイントが命です!

 

中でも、沖釣りは1度沖に出てしまうと、全く方角が

わからなくなるので、ポイントを見つけることが

困難です。

遊漁船

遊漁船なら、船に乗っていればポイントを知り尽くした

船頭さんが、次から次へと案内してくれるので、自分では

全くポイントを意識をする必要はありません。

マイボート

しかし、マイボートの場合、自分で魚がいるポイントを

見つけなければならないので、ポイントがわからなければ

致命傷です。

 

魚探(魚群探知機)が欠かせませんよね。

山立て(ヤマダテ)

山立てとは

「海上から目視することのできる陸上の2カ所を目印にしてポイントを確認する方法。」

参考:ツリホウ「山立て (やまだて)」

 

山立てとは、海の沖合いで釣りをした時、たまたま釣れた

ポイントを憶えておくために、地形の状態を利用した

位置の特定方法です。

 

なので、前回の実績を記憶しておくために利用します。

 

魚探が無い時期は、山立てでおおよその位置を特定し

ポイントを決めていました。

魚探(魚群探知機)

その後、魚探が開発されて、海の中の状態がわかるように

なりました。

 

魚の反応が目で見て確認できるので、反応を見つけてから

或いは海の地形の様子を見ながら、釣りのポイントが

決められるようになりました。

ハンディーGPSやGPSアプリ

中には、魚探とハンディーGPSやスマホのGPSアプリを

使用して、ポイントを記憶している方も多いと思います。

 

最初のうちは、それで十分だと思います。

 

しかし、それでは、ハンディーgpsやアプリの位置情報

しか入手することはできません。

 

同時に海底地形の情報や魚群情報も収集したいと思いますよね。

 

それには、やはりgps魚探が必要なんですよ。

 

それに、そこまでボート釣りにのめり込んでくると、マイボート

が欲しくなってきませんか?

 

私は、かれこれ5台の魚群探知機を購入しましたが、最初の

2台がポータブルの魚探で残りの3台はgps魚探でした。

GPS魚探

マイボートを購入すると、大体釣りに出向くポイントは

決まってきます。

 

釣り場が、置いてあるマリーナの近辺に限定されてくるので

gps魚探があれば、その釣り場の情報を毎回収集することが

できます。

 

釣行を繰り返すことにより、魚探データが増えてくるので、

段々とあたり全体の地形が鮮明に浮かび上がってきます。

 

gps魚探のデータというのは、位置情報と海底の様子や

魚の反応を同時に記録できる形になります。

 

sdカードにその情報を記録でき、データがあるということは

そのデータを利用して、家のパソコンで分析することができます。

ドクターデプス

当時は、録ってきたデータを収集し、ドクターデプスと

いうソフトに取り込んで、海底地形図をパソコンで再生

していました。

 

しかし、ドクターデプスの会社がどうやら「ハミングバード」に

買収されてしまったようですね。

「しかし数年前、Dr.depthは突然ハミンバード社に買収されてしまいアップデートが止まります。
その後はリーフマスターという後継ソフトが発売されているのですが・・・つい最近、衝撃の事実を知りました。
何とドクターデプスで作成したデータを、リーフマスターで引き継ぐことが出来ないと言うのです。」

参考:DeeP STREAM「[悲報] ロランスユーザー必見!あなたのデータは死んでいる!?

 

しかも、「ドクターデプス」で作成したデータが、

「リーフマスター」という後継ソフトでは引き継ぐことが

できないようです。

 

こういう時に外資の会社は不親切ですよね。

LOWRANCE(ローランス)は健在なの?

実は、私が使っていたgps魚探も「LOWRANCE

(ローランス)」でGPS魚探のデータも鬼のように

たくさん収集しています。

 

最近、「ローランス」って、どうなんでしょうね?

 

なんか、新製品も出ていないようですし、ちょっと前には

姉妹会社の「イーグル」も潰れて無くなってしまったじゃ

ないですか。

 

それに、通販サイトを観ても、「ローランス」の製品には

「在庫限り」っていう表示が付いているんですよね。

 

それで、「ローランス」の会社が健在なのかどうか、ネットで

調べてみても、サイト自体もないし、出てくるのは「ローランス」

の代理店なんですよ。

 

しかし、どこにも潰れたとは出ていないんです。

 

一時期、あれだけ勢いがあったのに、どうしちゃったんですかね?

 

そういえば、一時期「ローランス」のgps魚探は、平行輸入品は

GPSにスクランブルが掛かっているとかいないとかで話題になった

ことがありましたが、それで失速をしたなどということはありませんよね?

リーフマスター

「リーフマスター」という、「ドクターデプス」の後継ソフトが

どんなものなのか?通販サイトで調べようと思ったのですが

見つけることができませんでした。

 

楽天では、売っていないのですかね?

 

辛うじて、ネットで見つけることができたのですが、そのお店でも

「現在は取り扱いがございません」と、表示されていました。

 

どうしちゃったんですかね?

エクセルシートで海底地形図

私は、エクセルシートで海底地形図を再生していました。

 

それこそ、ドクターデプスのように綺麗な3dの画像は

再生することはできませんが、大雑把な色分けで海底地形図

は再現することができました。

 

GPS魚探は、例え不親切にデータフォーマットが変わっても

退避される情報は、位置情報と海底情報があれば事足りるので

それさえあれば、エクセル上では再現することが可能です。

 

但し、私の場合、海釣りだったので、潮の満ち引きや波の大小

で水深情報は日によってまちまちです。

 

だから、どうしても5m前後の誤差は当たり前です。

 

下手をすれば、10m近く変わってくることもあるのかも

しれません。

 

何か基準を設ければ、もう少し誤差を抑えることができたのかも

しれませんが、大雑把なりに役には立っていたので、満足は

しています。

初心者でも最初からgps魚探がおすすめ

私が最初に購入したのは、普通の魚探(魚群探知機)でした。

 

マイボートを持つようになってからは、gps魚探を

購入しました。

 

でも、たまには以前行ったことがある、貸しボートを借りて

釣りに行きたい時もあります。

 

そんな時、gps魚探のデータが残っていたら、以前の実績

ポイントにすぐさま向かうことができたんです。

 

それが、gps魚探は高額だからということから、普通に

ポータブルタイプの魚探を購入してしまったんです。

 

こんなことなら、最初からgps魚探を買っておけば良かった

と、物凄く後悔しました。

 

だから、これから魚探を購入しようと考えている人は、初心者

でも最初から無理をしてでもgps魚探を購入した方がいいと

思います。

 

お金があるのならの話ですが。

 

私は、最近釣りとはかけ離れているので、今度買うときはどれに

しようかと、ちょっと情報を収集しようかな?って思っている

ところです。

 

あれから随分経っているので、魚探のソフトも相当進化している

でしょうね~。

 

以前は、「ローランス」一筋でしたが、やっぱり「ホンデックス」

あたりが無難なのかな?

 

「ガーミン」は、GPSでは超有名でしたけど、とうとう

gps魚探の世界に進出したんですか?

 

それとも、昔からあったんでしたっけ?

 

後で、いろいろと見比べて、思い出したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました