トリニティマスクとは?どこ製?品質は大丈夫?支払い方法は?

トリニティマスクとは?トリニティマスク

次回こそは、何が何でもトリニティマスクを手に入れようと思います。

 

スポンサーリンク

トリニティマスクとは?

トリニティマスクとは、トリニティ(Trinity)という

web上のECショップで販売しているマスクのことです。

 

原価で販売されていることと、50枚入りのマスクを1人4箱まで

購入できることから、申し込みが殺到しました。

 

それで、想定を上回る注文により、ただいま受注を停止しています

 

2020年5月5日より、トリニティマスクは抽選方式に変わりました。

 

そのため、いつでも公式ページから申請ができるようになりました。

 

医療機関従事者の方へのトリニティマスク受付は、停止になって

いないので、購入するなら混んでいない今のうちが有利だと思います。

 

次回の予約受付は、ゴールデンウィーク明けを予定しているようですが

中々うまくいっていないようですね。

 

中国の通関自体は通過することができたようなので、二日ほど遅れる

ようですよ。

 

予定が5月11日だったので、二日遅れとなると5月13日ということ

ですか?

 

でも、5月の11日の0時からチェックはしていこうと思います。

 

既に抽選申請は、応募が可能な状態になっています。

 

詳しくは、公式サイトで確認することができますよ!

 

どこ製?

トリニティさんで扱っているマスクは、中国製です。

 

普段、委託している中国の会社がマスクを製造していた

ので、協力をお願いしたそうです。

 

国産品にこだわっている人は、ちょっと手が出せないかも

しれませんね!

 

でも、国産品は高価だし、この期に及んで中国製だから

いらないでは、中々必要なマスクは手に入れることは

できないと思います。

 

この際、マスクを手に入れることを優先し、コロナに

備えることが最優先なことだと思います。

 

何といっても、やっぱり国産に比べると、中国製品は

安いというイメージがあります。

 

某国産マスクと比べると送料込みで、およそ1,300円

くらい違ってくるんですよ。

 

こと、マスクに関しては、私の身の回りにもほとんどが

中国製品なので、私は全く抵抗がありません。

 

受注受付が再開したら、今度こそは真っ先に行って何が

何でも購入しようと思います。

 

しかし、みんな考えることは一緒なので、また次回も申し込み

が殺到するのだと思います。

 

ある程度、まとまった量を確保しておかないと、またいつ

出回らなくなるのかわかりませんからね!

 

安定してドラッグストア等に出回るまでは、買える時に

買っておいた方がいいのではないかと思います。

品質は大丈夫?

問題は、どこ製?というよりも、品質は大丈夫なの?

ということですよね。

 

トリニティさんで扱っているマスクは、三層不織布マスクです。

 

不織布(ふしょくふ)マスクとは、織っていない布という意味です。

 

繊維を接着またはからみ合わせた薄いシート状の布のことです。

 

そのシートが3層重なってできているものとなります。

参考:JHPIA「マスクについて

 

1枚ずつ個別に包装されているということなので、1枚

ずつカバンなどに入れて持ち歩くには衛生的だと思います。

 

その他の詳細は、公式サイトを参照してください。

 

支払い方法は?

支払い方法は、トリニティさんで実際にマスクの購入まで

漕ぎつけていないので、なんとも言えませんが、ECサイト

の支払いは多くの場合、クレジットカードオンリーです。

 

だから、恐らくトリニティさんもクレジットカード払い

になると思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました