より良いものにする!できないのはできる常識が身についていない

より良いものにする!やることができないのは常識が身についていないアクション

このページでは、既にやる気を出して行動ができる状態になっているのに、行動できない。

そんな悩みを持たれている方に向けて、なぜ行動ができないのか?

その理由を解説します。

スポンサーリンク

より良いものにする!できないのはできる常識が身についていない

「やるやる!」と言って、やることができないのは、それを知るための常識が未だ身に付いていないからだと思います。

 

人には、それぞれが持っている常識というものがあって、物事をたくさん知っている人ほど、持っている常識は多いはずです。

 

たくさんの常識を積み上げてこそ、理解ができることがあるので、その常識が身についていなければ、聞いても全く理解することができません。

 

誰かが、「これはこうしなければならない!」

「あーしなければならない!」と言っても、できる人とできない人が存在します。

 

その違いは、そのことを知るための常識が身についているかいないかの違いによるものです。

 

例えば、今私はこのブログで、カニバリ対策で苦しんでいます。

 

まだ、カニバリ対策に向き合うだけのスキルが私には身についていないので、中々前にすすみません。

 

それで、あーでもない、こーでもないと考えた結果、「より良いものにする」という意識が抜けているのではないか?と思いました。

 

このブログでは、めんどくさいことにワクワク感を利用してやる気を出してから行動に移すという流れで、このブログの更新について、検証しています。

 

現在の私の問題は、巨大な目の前の乗り越えていかなければならない壁がカニバリ対策です。

 

このブログでも、何度もあらゆる対策を考えてはうまくいっていないことから、思い切り恥を晒している状態です。

 

みっともないですが、できないものはできません。

 

それで、相変わらず解決策を探していたのですが、私にはこのブログを「より良いものにする」という常識が抜けていたから、カニバリ対策に立ち向かって行くことができなかったのではないか?と思っている次第です。

 

結局、毎日やる気を出して挑んでも、「より良いものにする」という常識が抜けていたのではただの作業になってしまいます。

 

立ち向かえる自分自身を鍛えるという意識からでしか行動することができませんでした。

 

それが、もっともっとこのブログを良い物にして、見に来てくれた読者の方の役に立つものに仕上げたいということが最重要なのではないか?と思えるようになりました。

 

当たり前のことなのですが、灯台下暗しでやる気を出す事ばかりに神経が行ってしまうと、その当たり前のことが見えなくなってしまいました。

 

私が、そのことに目を向けられるようなスキルをやっと身につけることができたからだと思います。

 

所謂、常識を身につけることができたということです。

 

結局、読者ファーストという考えは、グーグル先生がずっと言い続けてきたことで、もう何年も前からそのことは知っている常識です。

 

ですが、知っていると意識ができるようになるということは違います。

 

初めて自分の中でかみ砕いて、やらなければならないと意識ができてから対応に当たれるようになることです。

 

これだけ、人の話って、中々理解することが難しい事なんですよね。

 

自分でその必要性を感じて、自分の中に受け入れてかみ砕かなければ理解することはできないんですよ。

 

常識とは、そういうものだと思います。

 

物事は、すべてこの法則に則っているものだと思います。

 

これって、何かひとつのことを続けていかなければ、中々理解することはできないと思います。

 

それが、物事を続ける事の重要さだと思います。

 

だから、情報というのは本当に重要なことで、恐らく聞いただけではほとんどどこが重要なのかはわからないと思います。

 

その重要さをかみ砕いてから理解して、自分のモノにした時は、物凄い財産になるものだと思います。

 

だから、情報というのは大事だと理解して、常にアンテナを張り巡らせておくことは重要だと思います。

 

情報の重要さを身に付けていない人には、重要だと思わないから聞く耳も持てないでしょう。

 

ものすごく重要なことが、素通りをしていってしまうだけです。

 

こんな話を聞いたとしても、情報の重要性を身に付けてはいないからこの言葉にも聞く耳は持てないと思います。

 

すべてが自分発信で行動しなければ、何もかもが身に付けられることはありません。

 

情報というのは、すべてにおいて、そこにはチャンスが眠っています。

 

その価値観を理解して、自らチャンスを掴む努力ができるようになることが成功への近道ではないかと思います。

 

私は、現在このような考え方をしていますが、これが本当に合っているのかどうかはわかりません。

 

それは、今後も自分自身で検証を続けて行くことです。

 

合っていなければ、途中でどんどんと変えていけば良いだけの話です。

 

試行錯誤しながら行動を続けていれば、いつか必ずどこが悪いのか、違和感を感じる瞬間が現れてくると思います。

 

その時、初めて悪いところを改善することができれば、ドンドンと正解へと近づくことができるようになるでしょう。

 

それだけ、身につく常識も増えていくことでしょう。

 

世の中、これの繰り返しです。

 

私は、そう思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました