めんどくさい仕事ばかり!人が嫌がることにやる気が出せれば!

めんどくさい仕事ばかり!人が嫌がることにやる気が出せれば!やるき
スポンサーリンク

めんどくさい仕事ばかり

めんどくさい仕事ばかりだと思っていませんか?

 

そもそも、仕事というのは人の役に立って初めて意味があります。

 

自分が好きなことを仕事にできれば、それは物凄く幸せなことだと

思います。

 

しかしですよ!

 

いくら好きなことをやっていても、大変なことは大変なわけで。

 

いつでも楽しく続けられる仕事など、この世には存在しないと

思いますよ。

 

例えば、私は釣りが好きなので、釣り関係のことが仕事にできれば

それはもう、最高に幸せだと思ったことがありました。

フィッシングキャスターの場合

特に、テレビのフィッシングキャスターなんかになれたら

趣味と実益を兼ねているので、それはもうこれ以上の幸せは

ないというくらいに恵まれていると思いました。

 

でも、フィッシングキャスターには、フィッシングキャスター

の悩みがあるはずです。

 

毎日のように釣りには出かけなければならないし、番組で

魚を必ず釣らなければ、番組自体が成立しませんよね。

 

過去に何度か、1匹も釣れなかった回を観たことがありますが

正直ここまで引っ張っておいてと、ガッカリしたこともありました。

 

フィッシングキャスターも期待通りに獲物を確保するところを

披露していかなければならないので、中々うまくいかない時も

あると思いますよ!

 

フィッシングキャスターといえども、嫌になる時があるのでは

ないでしょうか?

 

このように、例え自分が好きなことをやっていても

嫌になる時は必ずあると思います。

 

お笑い芸人のダウンタウンの場合

お笑い芸人のダウンタウンは、何十年もお笑い業界では

第一線をトップで走り続けています。

 

毎日、必ずと言っていいほど、彼らは私たちに面白いことを

期待通りにたくさん届けてくれます。

 

勿論、お笑いの才能があるからトップをキープできる

わけですが、たまには休みたいと思うのではないでしょうか?

 

でも、彼らは人気者たるがゆえんで、恐らく毎日のように

朝から晩までぎっしりと仕事が詰まっているのでは

ないでしょうか?

 

決して楽をしてお金を稼いでいるわけではないはずです。

好きなことやっていても仕事は辛い

好きなことをやっていても、仕事とは辛いことなんですよ!

 

彼らの口から聞いたわけではないので、実際にそうか

どうかはわかりません。

 

でも、恐らくそうではないか!というくらいは想像することが

できます。

 

そんな辛いことをなんでやっているのでしょうか?

 

それは、恐らく1番は生活のために彼らはやっている

のだと思います。

 

家族を養わなければならないので、毎日同じことの連続で

いい加減飽き飽きしていることと思いますが、世の中が

彼らを求めている限り、彼らにはそれを全うする使命が

あります。

 

期待に応えることが、生き甲斐となって頑張り続けることが

できるのではないかと思います。

 

それに伴って、対価というものが付いてきます。

ジャニーズの場合

ジャニーズの場合、子供の頃からジャニーズになりたいと

思う人はたくさんいると思います。

 

女の子からチヤホヤされて、それを求めてジャニーズに

入る人もたくさんいるでしょう。

 

しかし、彼らは人気者になるに連れて、やっぱり

遊ぶ時間などほとんどありません。

 

下手をすれば、寝る時間だってないでしょう。

 

そのように仕事をしてきているので、下手なサラリーマン

よりも、よっぽど彼らの方が仕事をしています。

 

確かに最初は、女の子にモテるからという動機は

不純なのかもしれません。

 

しかし、毎日のように休まずに仕事を続けている

彼らは人並み以上に人間が成長してきています。

 

人間が成長してきた段階で、やがてそれは自信となって

より魅力的な人間へと変貌していくのではないでしょうか?

 

私なんか、爪の垢を煎じて飲ませてもらいたい

ほど、彼らの功績には頭が上がりません。

 

楽な仕事なんか無い

こうして考えても、楽な仕事なんか無いことは

容易に考えられることだと思います。

 

仕事というのは、辛い物なんですよ!

 

では、何を生き甲斐に仕事を続けていくかというと

それはやっぱり対価あっての仕事だと思います。

 

でも、そればかりを考えてしまうと、ロクな仕事が

できなくなるので、対価以外のやり甲斐が必要だと

思います。

 

例えば、フィッシングキャスターだったら、新しい釣り方を

考える楽しみ方や、お笑い芸人だったら毎日人を楽しませる

方法を考えたりすることです。

 

ジャニーズだったら、新しいモテ方を考えてみたりと、所謂

新しいコンテンツを考えることが重要なことだと思います。

 

要は、マンネリからの脱出ですね!

 

新たなコンテンツから期待に応え続けることにより、

飽きられずにさらにやる気を興して、継続し続ける

ことができるのではないでしょうか?

 

人がやってない仕事を考える

ちょっと前に、犬の車椅子に涙がチョチョ切れたことが

ありました。

 

感動しますよね!

 

足が悪くなった犬が、車いすを使用することで、以前と

同じように散歩ができるようになるんですから。

 

犬は、人間のようにメソメソせずに、体全身を使って

歓びを表現するじゃないですか!

 

力一杯車椅子を使って、思い切り走り回って、うれしさを

現わされた日には、そりゃあもう犬の車椅子を作った甲斐が

あったというものです。

 

犬の車椅子を生業にしている人がいるじゃないですか!

 

ほんとうに犬の車椅子業者冥利に尽きると思いました。

 

物凄くやり甲斐がある仕事だとうらやましく思います。

 

犬が車椅子で喜ぶ!口コミ・効果で必要性は一目瞭然!超感動!

 

人の役に立つ仕事を考えて作ればいい

このように、現在は無いけれど、新たにこんなものが

あったら、人からは感謝されるのではないか?と思える

ことが思いついたら、それはもう成功しかないと思いませんか?

 

今、ほとんどの人は、人がやってきたことを真似てやっているだけ

なんですよ。

 

世の中やっぱり、アイデアが勝負だと思います。

 

そして、新たに仕事をやるからには、人から感謝をされなければ

成立はしないと思います。

仮眠施設があれば便利だと思った

私は、以前実現不可能なことを考えたことがあります。

 

まだ、サラリーマンだった頃、20分くらい仮眠ができる

ところがあればいいなーと思いました。

 

サラリーマンの大半は、足がくさいじゃないですか!

 

だから、仮眠ができる足湯があれば、最高だと思ったんです。

 

入り口のロッカーで靴を脱ぎ、靴下を脱いでズボンを膝上まで

上げるんです。

 

それで、動いているマッサージ機に乗り込んで、お湯がセットされている

バケツに足を入れながら、仮眠をするんです。

 

動いていれば、周りに人が通る心配もなく、真っ暗なところを何周かして

20分が経過すれば、終わりです。

 

グッスリと熟睡ができ、気分スッキリで午後の仕事に取り掛かれるという

寸法です。

 

足湯に長いこと浸かっている足は、スッカリと臭いも取れて、さらに

午後のやる気が図れるのではないかと思いました。

 

足湯のお湯は、勿論源泉かけ流しです。

 

でも、当時は品川に勤めていたことと、家賃が高いこと

それと、設備投資に莫大な金額がかかるということで
机上の空論以外の何物でもなかったのですが、そんな

設備があったらいいと思いませんか?

 

今でもそれがあればいいなあと思いますよ。

 

これをやろうとすると、物凄くエネルギーがいります。

 

何事もそうですが、新しいことをやるからには物凄い

エネルギーが必要なんですよ。

 

自分が考えたことには、実現さえできれば、そこには

ライバルなんかいないんです。

 

いずれ、出てくるかもしれませんが、当たれば大繁盛

間違いなしです。

 

この意識を持たずして、成功などありえないことだと

思います。

 

何事もオリジナルコンテンツに尽きるのではないでしょうか?

アフィリエイトの場合

アフィリエイトの場合だって、勿論オリジナルコンテンツが

重要です。

 

やってみて、よくわかりましたよ!

 

正直、このブログでは、ほとんど稼げていません。

 

一時期、コロナ禍でマスクが必要になった時、

目を付けるのがちょっと人よりも早かったので

それなりには評価をされました。

 

しかし、その他では全然ダメです。

 

今更ながら、以前のようにランキングから商品を

選んで紹介してみても、そんなサイトは腐るほど

あるわけですから。

 

何か新たなコンテンツが考えられなければ、絶対に

評価などされるわけがありません。

 

辛うじて、何とか売り上げがあるのは、昔からある

過去に作ったサイトだけです。

 

先行有利の波に、未だ乗れているような状況です。

 

だから、このままアフィリエイトを続けるのであれば

何か画期的なコンテンツを考え出さないと、先駆者を

追い越すことなど不可能だと思います。

 

結局、頑張る人が以前に比べて物凄い人数いるわけですから

簡単には一等地には進出することができません。

 

俗にいう、ブルーオーシャンを狙っていかないと抜け出すことは

できないと思います。

 

人が嫌がる事、人が参入していないジャンル、そのようなところに

参入できれば、それがチャンスに繋がるのではないでしょうか!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました