ブログの書き方がわからない人が陥りやすい失敗例!解決策は?

ブログの書き方がわからないblog

ブログの書き方がわからない人が陥りガチな問題点

  • 積み上げはブログの書き方が日記になりガチ
  • どうすればブログ記事の間違いを無くすことができるか

について、体験談から解説します。

スポンサーリンク

ブログの書き方がわからない人が陥りやすい失敗例!解決策は?

ブログの書き方がわかりません!

 

何を今更という感じですが、正直ブログの書き方に

迷いが生じています。

 

そこで、ブログの正しい書き方を身に付けるために

改めて、改善策を考えてみようと思います。

積み上げはブログの書き方が日記になりガチ

自分が積み上げていることを書いていると、

日記になりガチです。

 

記事が日記になってしまうと、キーワードに

対する答えがない状態が発生しガチです。

「ブログの書き方がわからない」というキーワード

私は、今までの記事はすべて、キーワードを意識して

書いてきました。

 

しかし、ちょっと頭がこんがらがってきたので、整理を

してみようと思います。

 

「ブログの書き方がわからない」というキーワードに

対して、記事を書く場合、読者の方の悩みは「ブログの

書き方がわからないので、正しい書き方を知りたい」

ということだと思います。

 

読みに来てくれた読者さんには、ブログの正しい書き方に

ついて、答えを提示してあげればいいと思います。

 

しかし、私が「ブログの書き方がわからない」という

タイトルを付けた場合、その記事の内容は現在積み上げている

ことの現状を現している場合が多いです。

 

そうなると、「現在、このような状態なので、ブログの書き方が

わからなくなっています」的な内容になり、キーワードに対する

答えが無い状態で終わってしまいガチなんですよ。

 

その理由は、なぜかというと、現在積み上げている状態で

その時の心境を現しているので、そこには未だ答えがない

状況だからです。

 

既に解決策がわかっていて、キーワードに対する答えが

わかっているのなら、ちゃんと答えを返すことができますよ。

 

でも、わかっていなければ、答えは返さずに現在の

心境だけを語って、その記事は終わるでしょう。

 

それでは、折角訪れてくれた読者の方には何も

満足をしてもらえませんよね。

どうすればブログ記事の間違いを無くすことができるか

それでは、どうすれば、いいかというと、

そのような状況を作り出さないために、

まずはリード文で、読者の方の悩みを

明確にすることです。

 

読者の方は、「ブログの書き方がわからないので

正しいブログの書き方が知りたいんだな」ということが

ハッキリすると思います。

 

その悩みと期待される改善策がわかったら、その時点で

もう小見出しを作成してしまい、答えを先に書き込んで

おいた方が間違いはないと思います。

ブログの書き方がわからない人が陥りやすい失敗例

私は今回、「積み上げはブログの書き方が日記になりガチなので、

答えを返さずに、現在の心境だけを語って終わってしまう」的な

内容を記事にしようと考えました。

 

これって、ブログの書き方がわからない人が陥りガチな問題点の1つ

なんですよ!

 

だから、ひとつも「ブログの正しい書き方」というわけではないですよね。

 

なぜ、このような迷いが生じるかというと、

私はこの記事一つで2つのことを実現しようと

しているからだと思います。

 

一つは、現在の自分の状況です。

 

そして、もう一つは、読者の悩みに対する解決策です。

 

それら2つを一遍に書こうとするから、このような

書き方になってしまい、頭がこんがらがってしまう

のではないかと思います。

 

自分の現在の心境は、「ブログの書き方がわからない」です。

 

そして、読者の方に言いたいことは、

「ブログの書き方がわからない人が陥りやすい失敗例」です。

 

どちらも、私が体験した「積み上げはブログの書き方が

日記になりガチなので、答えを返さずに、現在の心境だけ

を語って終わってしまいガチ」だということです。

 

自分が普段積み上げている記事と、読者の悩みに対する

記事は、分けて書かなければいけないということなの

でしょうか?

 

その辺がイマイチ未だ整理ができていない状況なのですが

折角ここまで記事を書いたので、今の状況をアップして

おこうと思います。

 

引き続き、明日又この記事を元に、整理をしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました