感謝をするとやる気が出る理由!当たり前ではなくありがとう!

感謝をするとやる気が出る理由!当たり前ではなくありがとう!やる気

感謝をして相手を思いやるということは、自分が幸せに生きると

いうことです。

スポンサーリンク

感謝をするとやる気が出る理由!

感謝をすると、やる気が出るというじゃないですか!

 

最初にこれを聞いた時、全くもって何を言っているのかが

理解できませんでした。

 

でも、わからないなりにも、多くの人がそう言っているので

何かがあるのかもしれない!?と思って、私もやってみたんです。

 

そもそも、私はツイッターに参加させていただくこと自体、

底辺を意識していたので、底辺の立場から「ありがとう」

「感謝します」という意識で臨みました。

 

その時は、「感謝をするということは、素直に底辺を意識する

ことができるようになることか!」と思いました。

 

私は、最初の頃、ツイッターで毎朝自分が好きな言葉を

いうことを習慣にしていました。

 

特に何の意味も無く、ただ心の底から好きな言葉、

聞いてて気持ちが良い言葉を意識してつぶやいていました。

 

その中に「感謝」とか、「思いやり」とか、「共感」という

ことばが含まれていたのですが、今考えると、それらは

すべて「わくわく」に通じる言葉だったんです。

 

そんなことは、当たり前のことなのですが、これによって

「わくわく」を調べるきっかけになり、「感謝」をすると

やる気が起きる理由に直結することができました。

 

結局、感謝をする理由というのは、普段当たり前と

思っていることを当たり前ではないという常識に

置き換えるというものだと思います。

 

人には、それぞれ「当たり前」の基準があって、その

基準を超えると感謝することができて、基準以下だと

何とも思わない、感謝をしない状態になると思います。

 

しかし、その当たり前の基準というのは、一つも当たり前

ではなくて、全てのことが感謝をすることなんですよ!

 

そのことに気が付いたのが、ついこの間のことなのですが、

そのことに気が付いても、ひとつもやる気には結び付きません

でした。

 

ところが、当たり前の基準を無くすことによって、すべての

ことに感謝ができるので、すべてのことからありがたさを

感じられるようになるんです。

 

「ありがとう」の気持ちを感じ取れるようになるんですよ。

 

ピンと来ませんよね~。

 

物事に当たり前なんて、無いんです。

 

感謝ができるということは、自分の気持ちがわくわく

することなんですよ!

 

わくわくすることができれば、今の状態よりも幸せ感を

感じられるようになるんです。

 

だから、感謝はするのではなく、自分がわくわくするために

感謝をさせてもらえると考えた方が、わかりやすいかも

しれませんね。

 

感謝の気持ち「ありがとう」を伝えれば、相手も気持ちよく

なって幸せになれるし、その気持ちを感じることができれば

自分も幸せな気持ちを感じることができるようになるんです。

 

だから、すべてのことに置いて、感謝をすることができれば

無条件に幸せ感を高めることができるわけです。

 

わくわくするのとしないとでは、どっちが良いと思いますか?

 

わくわくできずに、くすぶっている状態の方がいいですか?

 

わくわくして、気分がハッピーハッピーの状態で、周りの人と

楽しむことができる状態になれた方がいいですか?

 

答えは、誰もがわくわくしてハッピーハッピーな状態に

なれた方がいいに決まっていますよね。

 

自分が幸せになることで、周りにも幸せのお裾分けが

できる状態になるんですよ!

 

つまり、やる気が出てくるわけなんです。

 

この話というのは、自分が現在わくわくしている状態なら

理解することができると思います。

 

しかし、今現在わくわくしていなかったら、ピンとは来ない

かもしれません。

 

私は、やっとそのことの意味がわかったので、今のうちに

記事を書いておこうと思ったのですが、できるだけわかりやすく

説明をしようと思って、書いています。

 

もともと文章力に欠けているので、この程度の文章になって

いることをお詫びします。

 

なぜ、そこまで一生懸命書いているかというと、常に感謝を

することが、自分の成功への近道だし、周りからも好かれる

だろうし、ともかく良い事しかないと思ったからなんです。

 

今これだけの熱量で書いていても、この感覚はすぐに忘れて

しまいそうな気がします。

 

だから、もう少しわかりやすく具体例を出すと、例えば

マンションで隣の住人が騒がしいとします。

 

毎日騒がしいので、うるさくされる度に怒りがこみあげてくる

と思います。

 

そんな相手なので、当然仲良くはなりたくありません。

 

廊下で顔を突き合わせても、ロクに目も合わさずに

無視をすることでしょう。

 

そんな態度で接していれば、相手の方も同じような

態度で接してくるはずです。

 

しかし、相手に感謝をしながら接していたとすると

どうなっているでしょう。

 

いきなり、騒がしい隣の住人に感謝をしろというのは

無理がありますが、思いやりを持って接することで

相手の態度も変わってくると思うんです。

 

相手の騒音には、一切触れず、そのことは無いものと

して、思いやりを持って接するんですよ。

 

相手ができた人間なら、わかった時点で騒音のことを

気にかけることができるかもしれませんが、多くの場合は

そのことには気が付かずに相変わらず騒がしくしてくると

思います。

 

でも、いつも思いやりのある態度で接していれば、ある時

「もう少し静かにして欲しい」旨の話ができるように

なるのではないですか?

 

全く目を合わさない状態の関係と、普段から相手のことを

思いやっての関係では、同じ「もう少し静かにして欲しい」

でも、受け取り方も違ってくると思うんですよ。

 

それに、普段から目を合わさない相手だと、どんな人なのか

恐怖心を掻き立てられるばかりですが、気心が知れるように

なれば、実はいい人だと思えるようになったり、相手のことを

怖い存在だとは思わなくなると思います。

 

要は、どれだけ自分がおもしろおかしく楽しい生活を送りたいか

ということなんです。

 

常に周りに感謝をして、周りの人間から好かれることを心掛ける

ことで、何十倍もの幸せを手に入れることができるのだと思います。

 

幸せになれば、ワクワク感もアゲアゲになり、ワクワク感がアゲアゲに

なれば、やる気が必然的に湧いて来ます。

 

感謝とワクワク感が繋がりました。

 

さっきの隣のやかましい住人の話は、ちょっと極端でしたが

要は自分が如何にわくわくしてハッピーに過ごせるかということが

感謝の気持ちにかかっているということです。

 

毎日たくさんの感謝ができて、自分のワクワク感をアゲアゲにして

やる気が芽生えて精一杯、人の幸せを考えながら仕事をする。

 

最後は、達成感で一杯になり疲れ果てて眠りに就くなんて、最高

だと思いませんか?

 

これが妬みや嫉みを抱いていると、年がら年中人を恨むような

感じになってしまいます。

 

私が、話した内容は、さっきも言いましたけど、自分がわくわく

していない状態で聞いても、何のことかわからないかもしれません。

 

ワクワク感を上げてアゲアゲにする方法がわかる方は、テンションを

アゲアゲにしてから読んでいただけると理解することができると

思います。

 

書いている私自身、明日になれば忘れてしまうかもしれません。

 

毎日、わくわくしてテンションをアゲアゲにしている私でも

今の話はまだ身に付いていないので、明日またわくわくしながら

読まないとわからないかもしれません。

 

明日読むのを忘れてしまうと、その後は読まずに忘れてしまうかも

しれません。

 

それだけは絶対に防いで、最低でも1週間は毎日読みたいと思います。

 

結局、今現在未だ成功に到達していない人は、何よりも身に付ける

べきだと思います。

 

相手のことを思いやる事、常に感謝をすること、ありがとうと心の

そこから言えるようになることは、すべてが自分の幸せのためなんです。

 

そうすることで、相手にも気持ちが伝わるようになるので、心を

開いてくれ易くなると思います。

 

それを、心の中では妬みや嫉みで、形ばかり真似ても相手には

伝わらないと思います。

 

そこが、メッキは剥げるということだと思います。

 

自分主動で、周りを幸せにしてあげる意識をみんなが

持てばいいんですよ!

 

私も未だ身に付けていませんが、私はそれを目指しています!^^

 

それが、成功への最短距離だと思いますよ!^^

 

絶対に間違いない!^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました