トリニティマスクを買うには?いつから販売?どこで買える?

トリニティマスクを買うには?トリニティマスク

トリニティ(株)は、海外に製造委託している会社がmaskを

扱っていることからmaskの原価販売を始めたそうです。

 

スポンサーリンク

トリニティのマスクを買うには

それで、トリニティさんは、maskの原価販売を始めたのですが

現在はmaskが不足していて、ご存知のようにみんな手に入れるのに

必死な状態です。

どこで買える?

トリニティさんで扱っているマスクは、どこで買えるかというと

トリニティさんのHP(ホームページ)で買えます。

 

トリニティとは、トリニティ株式会社が運営をするECサイト

なので、マスクもネットのオンラインストアで購入することが

できます。

 

※ECサイト:インターネット上で商品を販売するWebサイト

いつから販売?

但し、現在(2020/05/04)は、未だ購入することができません。

 

1度2020年4月27日の0時から販売されたのですが、

一斉に購入希望者が殺到したため、大反響の末すぐに受注が

停止になってしまいました。

 

2020年5月4日現在も未だ、再開の目処は立っていない

模様です。

 

だったのですが、トリニティマスクは2020/05/05より、抽選方式に

変更になったそうです。

 

サイトにもすんなり入れるようになったので、いつでも申請は可能です。

 

私も早速、申請を済ませました。

 

次回はいつから予約受付が再開されるかというと、公式ページの

「入荷・出荷状況の確認」で確認することができます。

 

現在のところ、ゴールデンウィーク明けを予定しているようですが

詳しくは公式サイトをご確認ください。

トリニティマスクを買うには大混雑

トリニティマスクを買うには、大混雑が予想されます。

 

前回の2020年4月27日0時の開始時も中々HP

内に入ることができませんでした。

 

すぐに、サーバーが混みあっている旨のメッセージが

表示され、中々次に進むことができません。

 

そのような状態になった時は、f5キー(再読み込み)を

押して、ともかく次につなげるようにします。

 

再読み込み」(再読み込み)をクリックする手もあるのですが、

f5の方が全然有利です。

 

それで、新たに次の画面が表示されたら、その指示に従い

ともかく次に進んでいきます。

 

途中、抜けてしまったら、すべてがチャラとなってしまうので

絶対に抜けたらだめですよ!

 

最後の受付メッセージが出るまで、ひたすらつなげ続けます。

 

前回、私もf5キーを押しながら、カートに入れるところまで

行ったのですが、その後が続けられず、自分の私的用事があった

ため、途中で断念しました。

 

個人用のトリニティマスクは、50枚入りを最大4箱まで購入

することができます。

 

詳しくは、トリニティでマスク購入を参照してください!

 

医療機関従事者や公共施設関係者

トリニティマスクを購入したい医療機関従事者や公共施設関係者の場合、

個人の予約受付が閉鎖されている現在でも、申請フォームは提供されて

います。

 

トリニティマスク購入サイトは、医療関係者も個人も同じサイトから

申し込みを行うため、個人の予約受付が開始されるとHPに入ること

自体が困難になります。

 

今現在、未だ個人の予約受付は開始されていないので、サイトには

簡単に入ることができます。

 

もしも、医療関係の方でトリニティマスクが欲しいという方は

今のうちならすんなりと予約をすることができるでしょう。

 

但し、医療関係の方は購入単位が20箱となります。

今後のマスクの需要

最近では、街でも比較的マスクが販売されているのを見かける

ようになってきました。

 

しかし、マスクの需要はまだまだ続くと思います。

 

街中でマスクが売られるのも一時的ではないでしょうか?

 

どこの企業もたくさんの予算を使い、マスク製造、販売に

力を入れているわけです。

 

しかも、マスク不足は世界市場です。

 

そんな状態で、今後は安定してマスクが販売されるというのは

ありえないと思うからです。

 

人によっては、富士山が噴火して今後さらにマスクが必要と

なってくるのではないか?と予想をしている人までいるようです。

 

それは、どうなるのかはあてにはならない話ですが、各企業が

高額な設備投資までしてマスク作りを始めたということを

意識して、マスクの販売状況には日頃から注意をした方が良さそうです。

 

他にもたくさんの企業がマスク販売に着手し始めたようですから。

 

今後のマスクの需要を暗示しているものと思われます。

 

コロナウィルスとは、今後も長い期間付き合っていかなければ

ならないような気がします。

 

最近の傾向を見てみると、国産の洗えるマスクに

人気が集中しているようです。

 

夏が近づいてくると、さらに冷たいマスクが求められ

海外産のマスクはあまり売れなくなってしまいましたね。

 

街には、いくらでもマスクが販売されているので

以前のように手に入らないような現象は起こらなく

なりました。

 

これからもずっとマスクは必要ですが、マスクが

買えなくなるようなことはないと思われます。

 

でも、またひょっとしたらまた、トリニティマスク

が必要な時が来るかもしれませんね!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました