ブログの記事数が増えてもアクセスが伸びない

ブログの記事数が増えてもアクセス数が伸びないぶろぐ

ブログを3か月間毎日更新して記事数は増えたけど、期待通りにアクセスが伸びないということはありませんか?

それは、ブログがキーワードを意識した作りになっていないからです。

 

スポンサーリンク

ブログのアクセスが伸びない

ブログというのは、各ページのタイトルと内容が検索キーとなって、それによりグーグルの検索エンジンのランキングがつけられます。

 

よく「h1タイトルにキーワードを入れましょう」とか、「文章中にキーワードを入れましょう」とか聞きますよね?

 

「h1タイトル」にキーワードを入れるのは、最重要です。

 

また、文章中にキーワードを散りばめるのも重要ですが、無理やり入れると文章が不自然となるので、逆にマイナス評価をされてしまいます。

 

これらのことから、毎日更新すればいいというものではないんです。

 

勿論、毎日更新するに越したことはないですよ!

SEO

ブログの記事を作成する時、「関連キーワード取得ツール」とか「虫眼鏡」でキーワードは選んでいますよね?

 

折角、ブログのページを作成しても、キーワードに対しての答えを盛り込んでいかないと、誰のニーズにも答えていないようなページになってしまいます。

 

すべての事柄には必ず、検索ニーズがあるので、「関連キーワード取得ツール」とか「虫眼鏡」で検索ニーズを調べることは欠かせない作業です。

ツイッター

ツイッター内で評価されてアクセスが伸びるのと、SEOにより検索されてアクセスが伸びるのとは、評価の仕方が違うんですよ!

 

でも、最近ではツイッターなどのSNSで評価されている記事が、SEOの評価基準にも取り上げられているということなので、要素は入っているようです。

 

すべてのページの質により、各カテゴリーが持ち上げられて、その結果サイト自体の順位が上がって来ると思います。

 

サイトの構造

わたしのサイトの構造は、以下の通りです。

サイトの構造

アフィリエイト・fx・ツイッター・自己紹介・釣りのカテゴリーからなっています。

 

釣りのカテゴリーのページ数が増えてきて、内容もそこそこ評価されるようになると、サイト自体もそれに伴い、順位が上がってきます。

 

でも、評価されていないページが存在すると、それはマイナス効果となるので、逆にカテゴリー自体の順位を下げてしまうことになります。

 

また、自己紹介のカテゴリーは、1ページしかないので、固定ページにしてカテゴリーは儲けるべきではないということもわかっています。

 

後で治すつもりです。

 

カテゴリーの順位が上がらなければ、サイト自体も押し上げられることもなく、評価もされることはありません。

 

スーパーアフィリエイターの「まーさん」曰く、「実はカテゴリ単位でドメインパワーは存在する。」ということなので、カテゴリー単位に内容を充実していくことがいいようです。

 

わたしの場合、あっちもこっちもになっているので、あまりいい例にはなっていないようです。

 カテゴリーウェジェットの表示

私の場合、今のところ全ページ共通で全く関連性のないカテゴリーを表示しているのですが、これもひょっとすると良くないかもしれません!?

 

カテゴリーウェジェットは、必要に応じて取ってしまう予定です。

カテゴリーまたがり

このページは、アフィリエイトのカテゴリーに属しているページです。

それが、今回検索キーワードの紹介例として、実際の釣りのカテゴリー内のページを紹介しています。

 

恐らくですが、何も悪影響は無いとは思うのですが、ひょっとすると何か影響があるのかもしれません!?

 

それも追って検証していこうと思っています。

重複コンテンツ

わたしの釣りのコンテンツ内には、「エギング」と「タイラバ」釣りについて書いています。

 

タイラバはマダイのルアー釣り|初心者でも釣れる可能性最大

エギングはアオリイカのルアー釣り|初心者でも釣れる可能性大

 

どちらも同じような仕掛けを使用することから、全く同じコンテンツが2つのページに存在しています。

PEラインとハリスの結び」という段落なのですが、これは重複コンテンツとみなされるので、切り取って他のページにしてあげないとペナルティーになるかもしれません!?

面倒くさいので、そのままにしているだけです。

文字数について

文字数について、記事は2000文字以上書かないと評価されないとか、そんなことはないと思います。

 

なぜなら、例えば、「fxとは?」という問いかけに検索者は一言で答えが欲しい時が殆どだと思うんです。

 

それを、fxとは?という簡単なリード文で始まって、目次が来て本文がきてずーっと追っていて要約自分が期待する回答を見つけたとしても、普通そこまで追いませんよね?

 

とっくのとうにいなくなっているのではないでしょうか?

 

また、ブログの文字数は長い方がいいということも聞きますが、それも違うと思います。

確かに、悩みが切実であれば、最後まで文章を読んでくれるのかもしれません?

 

SEO的にも、長文になれば、色々なキーワードが含まれてくるので、それは評価されるのではないかと思います。

 

でも、私はパッと開いたページが長文で書かれていたら、読む気が失せてしまいます。

 

少なくとも、私みたいな人もいると思うので、やっぱり2,000文字程度というのは妥当な線だと思います。

 

もしくは、長文にするのであれば、その内容が長文ではないような見え方をすれば、内容次第では最後まで読んでしまうかもしれません?

 

読者を飽きさせないということが重要なポイントだと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました