危機感を抱くとやる気が出る!取り返しがつかなくなる前にパワーを!

危機感を抱くとやる気が出るモチベーション

危機感を抱くとやる気が出ます。

危機感というのは、ネガティブな感情ですが、物凄いパワーを発揮します。

うまいこと利用することで、大いに役立ちます。

逆に取り返しがつかなくなるまでわからなければ、危険です。

 

 

スポンサーリンク

危機感を抱くとやる気が出る

危機感を抱かないと、やる気が出ません。

その理由は、本当に困った時こそ、人間は物凄いパワーを発揮するからです。

以下に具体例を解説します。

具体例

  • 危機感を抱かないとやる気が出ない理由
  • ちょっと収入が入ると安心をしてしまう
  • 他人を当てにしている

危機感を抱かないとやる気が出ない理由

危機感を抱かないとやる気が出ない理由は、今のままでは危ないという不安感に襲われるからです。

今のままでは危ないという不安や緊迫感。

参考:goo辞書「危機感(ききかん) の意味 」

このままうまくいかなければ、生きて行くことができないかもしれません!?

そんな状態に陥ったら、誰もが物凄い不安に陥りますよね。

それを回避するため、物凄い行動力を発揮します。

実際に、そこまでの危機感を抱くのは、本当にやばい状態です。

そうなってからでは遅いので、そうなる前から危機感を感じ取って、やる気をみなぎらせていきましょうということです。

ちょっと収入が入ると安心をしてしまう

ちょっと収入が入ると、安心をしてしまいます。

その理由は、危機感を感じていないからです。

どう考えても、それではまともな生活が送れそうもないのに、安心をしてしまうんです。

この対策は、常に金額を意識する事です。

具体例

  • 1か月の生活に必要なのは30万円
  • 家族に贅沢させたいのなら、50万円
  • 両親の生活を助けたいのなら、100万円
  • 困った時に人助けをしたいのなら150万円

こんな感じで目標設定をしておくと、ちょっと収入が発生したくらいでは、未だ未だだと自覚をすることができます。

困った時に人助けをしたいですよね!

誰もが、そういう気持ちはあるものです。

お金が無いから、できないだけなんですよ!

人助けがしたいと思うのなら、1日5万円の売り上げをコンスタントに得るようにしなければならないんです。

千円の売り上げが発生したからと言って、安心している場合ではないんですよ!^^

他人を当てにしている

どこかでいざとなったら、他人を当てにしてしまってはいませんか?

その理由は、考えが甘いからです。

他人を当てにしてしまうと、中々危機感を抱くことはできません。

一生の恥と思うべき

他人を当てにすると、いざという時は物凄く恥をさらさなければなりません。

友人や家族にお金を借りる事なんて、一生の恥と思うべきです。

自分の価値を落とす行為に繋がります。

下手をすれば犯罪に手を染めることになるかも!?

友人や家族を当てにしていると、そのことが原因で犯罪に手を染めてしまうかもしれません!?

大体、テレビで観るニュースは、お金の貸し借りが原因で、犯罪になっているのではないですか?

これほど屈辱的なことはありません。

事前に危機感を抱けずに、落ちるところまで落ちれば、他人ごとではありません。

他人を当てにすると、犯罪に手を染めることになるかもしれない!と自覚して、絶対にやらないようにしましょう。

既に借りてる人がいたならば、そのことに慣れる前にさっさと全額返済しましょう。

金の切れ目が縁の切れ目です。

間違いありません。

危機感を抱いてやる気を出す方法

毎日危機感を意識することができれば、ものすごいやる気パワーを発揮することができます。

危機感は、毎日意識しなければ薄れてしまいます。

具体例を以下に解説します。

具体例

  • それだけでは未だ未だ安心ができる金額ではない
  • 本当に困っている人は犯罪まで犯すことを考える
  • 犯罪を犯すことをに比べたら未だ未だ頑張りが足らない

それだけでは未だ未だ安心ができる金額ではない

先ほどの「ちょっと収入が入ると安心をしてしまう」ことに対する解答ですが、常に「未だ未だ安心ができる金額ではない!」と言うことを意識します。

既に満足のいく金額を稼いでいるのなら別ですよ。

そのような状態では、やる気も起きないでしょうから、新たな目標を設定してあげる必要があります。

取り返しが付かなくなる前に危機感を抱くというのは、ネガティブな発想ではあるけれど、是非とも身につけたいと思います。

本当に困っている人は犯罪まで犯すことを考える

先ほどの「他人を当てにしている」ことに対する解答ですが、本当に困っている人は全く知らない人までも当てにする人が存在します。

そうなってくると、既にマイナス面に突入していると考えた方がいいと思います。

他人を当てにせず、自分で解決をすることを身につけなければ、ほぼほぼ犯罪に手を染めてしまう可能性が高いと思います。

犯罪を犯すことに比べたら未だ未だ頑張りが足らない

犯罪を犯すことに比べたら、未だ未だ頑張りが足らないから頑張ろうという気になれるはずです。

他人に迷惑をかけるくらいなら、私だったら自分を終わらせたいと思います。

犯罪を犯すことは、もう自分を辞めるということに等しいと思います。

犯罪者になりたくなかったら、頑張るしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました