ノットは面倒!リーダーが切れた時釣り場では結びたくないよねー

釣り リーダー 切れるREEL

釣り場でノットを結ぶのが大嫌いです。

現地でリーダーが切れてしまった時、どのように対応していますか?

スポンサーリンク

ノットは面倒!リーダーが切れた時釣り場では結びたくないよねー

釣りをやっていて、魚がかかったり根がかりをして

リーダーが切れてしまうようなことがあると思います。

 

そんな時、どのように対処していますか?

替えスプールで切れたリーダーの対応

最もベストな方法は、替えスプールに取り換えることが

最高ですよね。

 

スプールを外して替えスプールを取り付け直せば

釣りを再開することができます。

 

スペアーリールで切れたリーダーの対応

替えスプールが無くて、スペアーのリールを用意していた

のであれば、それに載せ変えることで対応できますよね。

 

リールを取り付け直してからラインをガイドに通し

リーダーにルアーを結び直せば、すぐに釣りを再開

することができます。

 

その場で新た切れたリーダーを結ぶ

スペアーリールも替えスプールも無かった時、

その場で切れたリーダーを結び直さなければならない。

 

そんな時もありますよね。

 

ノットは面倒

最近は、PEラインが主流なので、PEとリーダーの

結束にはノットを使うのが原則ですよね。

 

しかし、このノットですが、私は相変わらず苦手なので

できれば現場で結ぶことはできるだけ避けるように

しています。

 

だってですよ!

 

釣りをしている最中なので、いつ魚が喰ってくるかが

わからないじゃないですか!

 

それに、自分が釣りをしてない時に限って、チャンスが

訪れガチなんですよ!

 

釣りをしている人は、みんなそのように思って釣りをして

いますよね。

 

そんな時は、ノットなんか結んでいる場合ではないと

思いますよね!?

 

私は、ノットを使う釣りとしては、テンヤマダイとタイラバと

エギングが対象となります。

 

どちらの釣りもPEは0.6号でリーダーがフロロカーボンの3号を

使用しています。

 

タックル的には全く同じリールを使えばいいので、一通り準備を

しておけば、現地でノットを結ばなければいけないようなことは

発生しません。

 

しかも、私の場合は殆どがボートからの釣りなので、そのことからも

リーダーをロストするようなことはありません。

 

陸っパリからのエギングはリーダーをロストしガチ

問題は、陸っパリからエギングをする時です。

 

私は、年に数回は釣り旅行に行っていました。

 

主に釣り旅行なので、奥さんは私に付き合わされて

いる意識が拭えないようですが。

 

それでも、エギングは覚えたので、自分的には

まんざらでもないと思っているのではないでしょうか?

 

実際に、エギングをさせると毎回数杯は釣り上げています。

 

確かに釣り上げる腕は、以前に比べて物凄く進歩を

しています。

 

ところが、ロストの方は半端ではありません。

 

1個100円くらいの餌木でも十分に釣り上げることが

できるので、いくらロストをしてくれても大丈夫です。

 

しかし、リーダーを切られるのはやられるときつい

です。

 

以前、石川県の方にエギング旅行に行った時、

1日で5回リーダーをロストしたことがありました。

 

その時の装備は、スピニングリール3個、替え

スプールを3個持って行きました。

 

それで2人分です。

 

その時、私も1度エギをロストしたので、現地で

ノットをやらなければならなくなりました。

 

その時は、丁度アオリイカが湾内に寄って来た時間帯

だったので、あちらこちらで一斉に上がり始めた時

だったんです。

 

私は、ノットを結ぶのが得意ではないので、一番簡単な

グルグルノットを結ぶのにも5分、10分かかります。

 

場合によっては、15分くらいかかっているかもしれません。

 

こんなことなら旅先でしたが、もう少し余分に替えスプールを

持ってきておくんだったと後悔しました。

 

どのような装備を心掛ければよかったのか

それでは、あの時どのような装備を心掛けておけばよかったのか?

 

自分なりに振り返ると、スピニングリールは奥さんと私の分で3つ

持って行けばいいと思います。

 

その理由は、リールが壊れて使えなくなるということは、滅多に

ないので、2人で1つの予備のリールがあれば、事足りると

思います。

 

問題は、替えのスプールです。

 

替えのスプールは、私用に2つ、奥さん用に3つは必要だと

思いました。

 

根がかりというものも、経験者と初心者とではやっぱり

リーダーを切ってしまう確率も変わってきます。

 

餌木を外すことができれば、ロストはせずに済むのですが

 

初心者って、引っ張ってしまうじゃないですか。

 

引っ掛ける度に呼ばれてそこまで行って外すこともできる

のですが、離れて釣りをしてたら、いちいち行く手間も

大変です。

 

だから、そんな時は真っ直ぐ引っ張って切っちゃっていいから

と教えているので、どうしてもリーダーから逝っちゃうことが

ありガチなんですよ。

 

こればかりは、慣れるまでは仕方が無いし、慣れても根がかりは

つきものなので、替えスプールを余分に持っていく必要があったんです。

 

スペアーリールと替えスプールの違い

スペアーリールと替えスプールは、リーダーをロストした時の

違いは、時間的には殆ど変わりません。

 

片やリールを外して取り換えることに対して、替えスプールは

ネジを緩めて取り換えるだけなので、手間的にはどちらも同じ

です。

 

スペアーリールは、リールが壊れた時に使用するもので、

替えスプールはリーダーがロストした時用という位置づけです。

 

1人用として準備をするなら、スペアリール1つと替えスプール

2つは用意して行きたいところです。

 

いくつもリールを持って行くと嵩張るので、なるべく替えスプールで

対応したいところです。

 

初心者のうちは、替えスプールはあればあるだけ用意をしていった

方がいいとは思いますが、替えスプールといえども、1万円前後は

してしまうでしょう。

 

その辺は、自分の予算と相談ですね。

 

でも、汎用の替えスプールを用意しておけば、他のリールにも

代用できるので、その辺はよく調べて買った方がいいですね。

 

替えスプール

 

釣り場でノットを結ぶのは大嫌い

私は、その後宿に戻って、次の日のエギングのためにひたすら

グルグルノットを永遠と4回分、結び続けたことは今ではいい

思い出です。

 

その後は、奥さんも初心者から脱皮をしてくれたので、今では

スピニングリールを3個と替えスプールを2個持って行けば

事足ります。

 

でも、念のために4個は持って行っています。

 

替えスプールは、嵩張らないので、多少多く持って行っても

あまり気にはなりません。

 

ともかく、釣り場でノットを結ぶことだけは、今後は絶対に

やりたくありません。

 

私は、それほどノットを釣り場で結ぶことが嫌いです。

 

宿で結ぶ分には、それほど苦痛ではありませんが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました