子供の頃のわくわくは半端じゃない!思い出せれば物凄い行動力が!

子供の頃のわくわくは半端じゃない!思い出せれば物凄い行動力が!ワクワクがきっかけでやるきに

このページは、ブログを毎日更新できなくて、何でなのか?

悩んでいる人や、もっと行動力を身に付けたいと思っている人

に向けて、行動力がアップする方法を解説します。

ブログを毎日更新できない人は、毎日更新できるようになる

と思います。

スポンサーリンク

子供の頃のわくわくは半端じゃない!

私は、普段から「ワクワク感」を上げるために将来の夢の

ことを考えたり、幸せになることを考えています。

 

そうすることで、不安材料が払しょくし、わくわくときめいて

やる気がみなぎってくるからです。

 

瞑想は、心の雑念を取り払ってくれるので、寝る前に

瞑想してから寝ています。

 

そのようなことを繰り返していると、段々と子供の頃の

自分が毎日わくわくしていた記憶が蘇ってきたんです。

 

私は最初、子供の頃の自分を「一生懸命を馬鹿にする

冷めてる可愛げが無い子ども」だと思っていました。

 

でも、実は違っていました。

 

毎日わくわくすることで、忘れかけていた記憶が蘇って

きたんですよ。

 

あの頃は、毎日毎日わくわくしていて、本当に楽しかった

記憶です。

 

その時、思ったことは、何で大人になると、わくわくしては

いけなかったんだろう?

 

別に子供の頃のわくわくを、おとなになってからでも続けて

いても良かったのではないか?って、疑問に思いました。

 

なんで、自分がわくわくすることを辞めたのかというと

恐らく大人になったからだと思います。

 

大人になったから、いつまでも子供みたいにわくわく

してたらみっともないと、親にも言われていたような

気がします。

 

それで、最近、子供の頃のわくわく感を思い出しながら

一切周りに気を使わずに、思い切りわくわくしてみたんです。

 

そうしたら、子供の頃のわくわく感が蘇ってきたんですよ!

 

子供の頃のわくわく感って、半端じゃなく毎日毎日物凄い

パワーでワクワクしていたんですねー。

 

私自身、わくわく感というのは、最初はどんなものか

わからなかったので、全然ピンとはきませんでした。

 

ニュアンス的には恐らくこんなもんだろうというのが

あったので、想像はつきました。

 

でも、そのことがまさか自分の行動力に関連しているとは

思いもしませんでした。

 

全くの無意識で、この年までわくわく感パワー知らずで

生きてしまいましたから。

 

以前の私なら、ツイッターランドの周りの大人たちの

「わくわく」つぶやきも、全く意識をしませんでした。

 

何で、おとなたちが「わくわく」「わくわく」とつぶやいて

いるんだろうと、疑問には思ったかもしれませんが、追及は

しなかったことと思います。

 

今回、なんで「ワクワク感」に興味を示せたかというと、

それ以前にツイッターランドの人たちが「感謝」「感謝」

とつぶやいていることに着目したことによります。

 

それで、「感謝」について調べたところ、「感謝」の

パワーについて、知ることができました。

 

その時、初めて情報の重要さに気が付くことができたんですよ。

 

それで、それ以降、誰かが何かをつぶやくたびに、「もしかして

重要なヒントが隠されているのではないか?」ということを

疑問に思えるようになりました。

 

それで、今回も「わくわく感」について調べたところ、そこに

ブログを毎日続けることができるヒントが隠されていることに

気が付いたんです。

 

それで、毎日のようにわくわく感をあげるためにポジティブな

ことを考えていたところ、実際の自分が子供だった頃の記憶が

蘇ってきたというわけなんです。

 

大人になると、「わくわく感」なんか、忘れちゃうじゃないですか。

 

どちらかというと、仕事ばかりにうつつを抜かし、気が付くと

お洒落さえしなくなってしまうんですよね。

 

子供の頃は、お洒落もしたし、デートをする時は本当に

毎日毎日がワクワクで一杯でしたよね。

 

初めて〇〇した時とか、あの時はあれほどときめいたのに

大人になってからはやけに大人ぶって、「俺はそんなもん、

何回もやっているから、いちいちときめかないんだよ!」

面なんか、してたんじゃないですか。

 

それではダメなんですよ!

 

ベテラン面をするから、わくわく感とは無縁になってしまう

んですよ。

 

嬉しい時は、素直にうれしさを思い切り表現すればいいわけ

なんですよ。

 

犬のように、尾っぽを目一杯全力で振ればいいじゃないですか!

 

嬉ションだって、ぜんぜんアリだと思いますよ!

 

その点、私はその頃は全面的に素直に歓ぶようにしていました。

 

たまたまなのですが、嬉しい時は思い切り、「うれしいー」と

大きな声を出して、言うタイプだったんですよ。

 

それは、ただ相手がウケるから、ウケ狙いでそういうことを

やるタイプの人間だったんです。

 

別に、わくわく感のことは知らなくても、知らず知らずの

うちに、思い切りわくわくしていたんです。

 

そういう意味だと、私の場合最もワクワクしていた頃は

20代、30代の酒を呑んだ時でしたね。

 

それがあるから、その時の様子を思い出せば、思い切り

ドーパミンが分泌されて、トランス状態に突入することが

できるんですよ。

 

昨日もそれで、フィリピンパブのマギーのことを思い出したら

思い切り、一騎にドスンとトランス状態に突入し、朝まで

バリバリにハイスピードで作業モードに突入することができました。

 

今日もこれを書いていたら、トランス状態に突入し

調子こいて深夜のつぶやきをしてしまいました。

酒なんか呑んでいませんよ!^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました