虚無感が苦しい!?うつの原因はこれか!消し方はわくわく!?

消し方はわくわく!?わくわく
スポンサーリンク

虚無感が苦しい!?

何とも虚しい気持ちになりました。

「空虚である。内容がない。」

「無益である。むだである。かいがない。」

参考:goo辞書「むなし・い【▽空しい/▽虚しい】 の解説」

虚しいという言葉って、何となく意味はわかるのですが

いざ、言葉の説明を聞いてみると、あまりピンとはこない

んですよね。

 

私が間違って理解しているのでしょうか?

 

切ないというか、やるせない気持ちと言った方が

近いかもしれません。

「悲しさや恋しさで、胸がしめつけられるようである。やりきれない。やるせない。」

参考:goo辞書「せつ‐な・い【切ない】 の解説」

 

「思いを晴らすすべがない。せつない。」

「施すすべがない。どうしようもない。」

参考:goo辞書「やるせ‐な・い【▽遣る瀬無い】 の解説」

ちょっと、どの説明を聞いてもピンと来ないのですが

強いて言えば、何とも言えない悲しい気持ちになった

んです。

 

そういう意味では、切ない気持ちというのが、やっぱり

一番合っているみたいです。

 

「虚無感(きょむかん)とは、すべてが空しく感じること、何事にも意味や価値が感じられないような感覚」

参考:weblio辞書「虚無感」

ああ、これこれ虚無感です!

 

虚無感という言葉が、いちばんしっくりくるような気がします。

 

それで、何で私が虚無感を感じているかというと、ちょっと

無理をして作業を続けた結果です。

 

3日連続で、普段の3倍ほどの仕事を続けた結果、こうなりました。

幼少の頃の虚無感の思い出

そういえば、幼少の頃、たまに虚無感になったことが

あることを思い出しました。

 

私が憶えているのは、自宅のソファーに横になっていて

目をつぶると白いお皿の上にキャベツの千切りとポークソテー

が乘っている風景が浮かんでくるんです。

 

それを寝ながら観ていると、それだけでとても虚しく

なって、何とも言えずに悲しい気持ちになったことが

数回ありました。

 

いつも決まって、白いお皿の上に乗っかったポークソテー

の画像が頭に浮かんできていました。

 

でも、それは本当に幼少の頃のひと時だけで、その後は

一切現れませんでした。

 

これって、虚無感で合っていますよね!?

二日酔いの翌日

大酒を呑んだ二日酔いの翌日、やっぱり何度か

虚無感になったことがあることを思い出しました。

 

そういえば、これも思い出したのですが、私は

お酒を呑むとめちゃくちゃはじけます。

 

その翌日に虚無感になることが幾度となくあったので

ひょっとすると、はじけ過ぎた反動が虚無感となって

現れたのかもしれません!?

 

今日、仕事のやりすぎで久々に虚無感になってみて

そういえば、過去に幾度のなく、こんな気持ちに

なったことがあることを思い出したら出てきました。

 

でも、幼少の頃も二日酔いの時も、決して自分では

何も頑張り過ぎていないので、一切無理はしていません。

 

3日連続のキャパオーバー

それが、今回は勝手が違い、3日連続で普段の作業量の

3倍の作業を続けてみました。

 

私は、うつになったことがないので、どこまでやったら

うつになるのか?加減がわかりません。

 

ひょっとすると、全然甘々な作業しかやっていないのでは

ないか?

 

他の人は、私が想像を絶するほどの作業をしているのでは

ないか?

 

そのように考えたところ、ちょっとギアを上げて作業を

続けてみようという気になりました。

 

それで、3日ほど連続で作業を続けてみたところ、虚無感

に襲われたというわけです。

 

でも、私の虚無感なんて、高が知れていると思ったので

今日は大事を取って、ワクワク感でちゃんとしてる感を

上げるため、お昼過ぎは10kmのウォーキングに行って

きました。

 

でも、さっきまで虚無感は残っていたので、残っているうちに

ブログを書こうと思い、この記事を書いています。

 

本当に虚無感なんて久しぶりだったので、すっかりどんな

気持ちだったかを忘れていましたよ。

うつの原因はこれか!

ひょっとすると、うつになる原因は、虚無感ですか?

 

何となくですが、虚無感だったら無理をし過ぎると

確かにうつになるかもしれないと思いました。

 

虚無感って、何とも言えない気分になるので、うまく

言葉では言い表せませんが、だから尚更匙加減が

わかりませんよね。

 

私の3日連続のキャパオーバーの作業だって、別に

結果が期待通りに評価されていなかったわけでも

なんでもないんです。

 

むしろ、普段よりも評価をされている状態なのに

それを見ていても、何とも思わないんです。

 

いつもならうれしくなるような内容でも、悪く見えて

しまうというか、評価をされていないと感じてしまう

んです。

消し方はわくわく!?

それで、今日は作業を休んでゆっくりしようと思い、

先ほど10km程のウォーキングをやってきたところ

なんですよ。

 

普段から、多くの人が無理は禁物だと言っているじゃ

ないですか。

 

虚無感は、先ほども言ったようになんとも言えないような

得体の知れないものなんです。

 

だから、匙加減がわからないので、過保護的にウォーキングに

非難をしてきたわけです。

 

そうしたら、段々とわくわくすることが考えられるようになった

ので、思い切ってブログを更新できるまでになりました。

 

まさに今はワクワク感満載の状態です。

 

ということは、このまま次のブログの記事を書き上げることが

出来そうなので、引き続きその作業にあたりたいと思います。

 

結局、匙加減がわからないので、今日もブログを3記事程

更新してみようと思います。

 

それで、少しでも虚無感を再び感じるようなことがあったら

明日もどこかに出かけて、再び10km程のウォーキングを

やってこようと思います。

 

せっかく、ヒントを掴みかけているので、その検証がやりたくて

いくらでもテンションはアゲアゲの状態になれるところです。

 

でも、虚無感って、そんなこととは全く関係が無く、いきなり

ドスンとくるものなのかもしれませんね!?

 

ともかく、手掛かりが不足しています。

 

理屈では、説明が付かないものが虚無感なのかもしれませんね?

 

ならないように気をつけます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました