親不孝!老人ホームはつまらない・うるさい・入りたくないだろう

親不孝!老人ホームはつまらない・うるさい・入りたくないだろう 日記
スポンサーリンク

老人ホームは親不孝!

この間、デパ地下の食品売り場で私の顔を凝視して

満面の笑みを浮かべる、お年寄りに会いました。

 

全然知らない人なのですが、どういうわけか私の顔を

ガン見して、心の底から笑っているんです。

 

私は、恐らくこの人は認知症で誰かと勘違いをしている

のだろう?と思いましたが、あまりにも気持ちの良い

笑い方だったので、思わず一緒になって笑ってしまい

ました。

 

嫌味の無い、本当に心底おもしろがっているような笑い方

です。

 

それで、しばらくの間一緒になって笑っていたのですが、

連れの恐らくムスコさんだと思う人が、「もういい加減

それくらいにしておかないと」と、口には出しません

でしたが、申し訳なさそうに会釈をして、お母さんの手を

引いて向こうの方に行ってしまいました。

 

隣でその様子を観ていた奥さんが、「あんたのことムスコか

誰かと勘違いをしたんじゃないの?」と言ってきました。

 

「エッ!息子さんはさっきの人がムスコじゃないの?」

と私が言うと、「あの人はなんか他人行儀じゃない?」

 

「きっとあんたのことを息子だと思ったんだよ!」

と、続けました。

 

確かにあれぐらいの母親がいても、おかしくはない

くらいの年齢だとは思いましたが、私はそれを聞いて

何だか物凄く切ない気持ちになりました。

 

というのも、さっきの人がムスコさんじゃないとしたら

老人ホームか何かの人?

 

介護でもしている人かな?って、ただ単純に頭の中を

よぎりました。

 

だとしたら、なんか可哀そうだと、急に気の毒に思えて

しまいました。

 

自分が老人ホームに入る年代になったとしたら、そんなとこ

冗談でも入りたくないよな~!

 

つまらないだろうし、恐らく友達はできないだろう。

 

どういうわけか、私の想像上では、その老人ホームは

海の側にある設定で、私だったらホームを抜け出して

暇つぶしに釣りにでも出かけてるな!

 

勿論、認知症の人もたくさんいるだろうし、きっと

夜中は喚く人もいて、うるさいだろうな~!

 

など、想像してしまいました。

 

そんなところからやって来て、デパ地下で私の顔を

見つけ、あれだけの笑顔を向けてくるくらいですから

きっと何か言いたいことがあったに違いないなどと

勝手に憶測してしまいました。

 

そんな時、うちの奥さんが「私はなだ万が経営する

高級老人ホームに入れてくれればいいから!」と

軽く冗談を言っていましたが、その一言で意外に

救われた感はありました。

 

別に自分の親を老人ホームなんかには入れるつもりは

ないですけど、正直いずれ何かしらの形で考えなければ

行けない時が来るのかもしれないと思うと、冗談では

済まされない話だと思いました。

 

でも、私は絶対に自分の家族を老人ホームになんかは

入れたくないと思いました。

 

自分がそんなとこには入りたくないと思うのだから

親だって絶対に入りたくないに決まっていると思います。

 

幸いにうちの母親も奥さんの両親も、健在なので

今のところそのような心配は無用です。

 

私の理想は、家族はやっぱりみんなで過ごすべきだと

思うんですよ!

 

コロナ禍で在宅ワークも大分主流になってきてるじゃないですか。

 

一気に働き方が改革されてきてると思います。

 

通勤する必要がないのなら、みんなで一か所に

住んで、毎日楽しく過ごせばいいじゃないですか!

 

私の理想は、どこかにも書きましたが、仲の良い仲間を集めて

その家族や親せきで大きな敷地を借りて、みんなで住むことです。

 

毎日釣り三昧、バーベキュー三昧でゆっくりのんびりと

みんなで暮らすことです。

 

それには、都会だと土地も高いし、隣近所の騒音問題にも

悩みたくないので、どこか田舎のちょっとこじゃれた

丘の上が理想です。

 

その時の為に、在宅での稼ぎ方モデルを自分なりに確率しよう

としているのが、アフィリエイトなんですよ。

 

でも、大分今まで稼いでいたアフィリエイターも撤退している

みたいだし、中々不安材料はいつまでも常に付きまといます。

 

でも、改めてやる気を奮い立たせるために、自分の使命を

省みた次第です。

 

老人ホームに親を入れるなんてことは、親不孝です。

 

そうはいかない事情がある人もいるかとは思いますが、

いつまでも一緒にいてあげる事が私の願いです。

 

きれいごとでもなんでもありません。

 

アフィリエイトの記事を書くうえでも、良い気持ちで

書かなければ、絶対に相手には伝わるわけが無いんです。

 

いつもイライラしている状態では、アフィリエイトなんか

できるわけがないと私は思っています。

 

嘘をついていたんでは、決して良い記事なんか書けるわけが

ないと思います。

 

今回、ちょっとこのブログの構造に手を入れ過ぎて

全体的に見直しを測ったのですが、そうしたら疲れ

過ぎて、良い記事が書けなくなってしまいました。

 

良い記事と言っても、私にしてみればということですが

やっぱり、相手に何かを伝えることができるのは

それなりの気持ちのゆとりが必要だと思い、改めて自分

が進むべき道の再確認をしてみたところです。

 

私の使命は、残りの人生をかけて家族や親せき、親しい仲間

とみんなで幸せになることだということです。

 

目的をハッキリさせないと、忘れてしまうんですよ。

 

できれば、老人にはあまりクルマが多いところではない

離島なんかがいいですね。

 

ボケてどこかを徘徊しても、全力で探して最期まで面倒を

看ることは自分の使命だと徹底しなければならないと思います。

 

親には、普段から体力を弱らせないように、会った時はなるべく

一緒に歩かせています。

 

まだまだ、体力はそれほど衰えていませんが、常にやらないと

すぐに衰えてくるでしょうから。

 

それには、自分の体力は勿論、絶対に弱らせてはなりません。

 

いざという時は、何が何でも家族を守っていかなければ、

この世に生まれた価値がないと思います。

 

最近では、年寄りの命を平気で狙う人がいるじゃないですか。

 

自分の家族は、そのような目に遭わせては後悔しても

しきれないと思います。

 

生き恥を晒すくらいなら、死んだ方がマシです。

 

ただ、私はまだ死んだことが無いので、怖いといえば

怖いです。

 

これからは、死の恐怖も克服し、この世に後悔を残さない

ようにして、去って逝きたいと思います。

 

発つ鳥跡を濁さずって物凄く好きな言葉です!

 

明日これ言おうかな!(爆)

コメント

タイトルとURLをコピーしました