ブログのリライトに気が乘らない!更新処理にこそ価値がある

ブログのリライトblog

ブログのリライト処理がやりたくなる方法が知りたい!

そんな方に向けて、ブログのリライト処理が率先してやりたくなる理由を解説します。

現在の私がそうなのですが、私は以前からリライト処理に悪戦苦闘していました。

そんな私が、今ではリライト処理を、好んでやるようになりました。

やっぱり、行動は無理矢理するものではありません。

スポンサーリンク

ブログはリライト処理にこそ力を入れるべき

ブログは、リライト処理にこそ力を入れるべきです。

その理由は、記事数が増えてくるからです。

以下に3つの具体例を解説します。

記事数が増えてくると

  1. 記事同士のつながりが見えてくる
  2. 内容に詳しくなってくる
  3. 益々やり甲斐が出てくる

 

1.記事同士のつながりが見えてくる

記事数が増えてくると、記事同士のつながりが見えてきます。

初めて、自分が言いたかったことはこう言うことだったのかと、再確認できます。

記事同士をつなげて更新していくことで、内容が濃い記事に仕立て上げることができます。

2.内容に詳しくなってくる

記事数が増えてくると、さらに内容に詳しくなってきます。

より、丁寧にブログをまとめていきたいという、気持ちが芽生えます。

3.益々やり甲斐が出てくる

記事数が増えてくると、益々やり甲斐が出てきます。

その理由は、以下の通りです。

益々やり甲斐が出てくる理由

  • 最初のうちは内容が薄いので評価されないのは当たり前
  • 記事はネタが尽きてくるのは当たり前
  • 記事のリライト処理は、第二フェーズに突入したという証

 

最初のうちは内容が薄いので評価されないのは当たり前

最初のうちは内容が薄いので、評価されないのは当たり前ですよね。

だって、キーワードから読み取ったことを記事にして書き上げるのですから。

単純な文章しか書けなくないですか?

勿論、内容を熟知している人だったら、それなりには書けると思いますよ。

でも、記事同士の関連性を知ることは、内容を熟知している人にとっても、さらに中身が濃い文章を書くことに繋がるのではないでしょうか?

記事はネタが尽きてくるのは当たり前

テーマを絞って、記事を書いていると、やがて記事のネタが尽きてくると思います。

そんなのは、当たり前の話です。

レアなケースは、その後もたまーに発生すると思います。

しかし、大まかなことを一通り書くと、次からは書く内容にダブりが生じてきますよね。

記事のリライト処理は、第二フェーズに突入したという証

これらのことを考えると、記事のリライト処理は、第二フェーズに突入したという証だと思います。

記事のネタが尽きてきて、書く内容が思いつかなくなったら、次は文章のリライト処理をやる以外にないですよね。

ブログのリライト処理をやらなければと、義務的に考えてもやる気なんか起こるわけがありません。

この時は、既にブログのリライト処理をやりたい!という意識が芽生えているので、義務的にやろうとは思わないから心配はないです。

文章と文章の関連性がわからないと辛い

但し、文章と文章の関連性が、わかるようにしなければなりません。

私は、マインドマップでカテゴリー毎にひとつの構造図にしているので、どこで何が書かれているのかわかるようにしています。

これが無いとキツイです。

自分のやりかたを確立しないと辛い

それと、自分のやりかたを確立しないと辛いと思います。

私は、色々な人のやり方を参考にしてきました。

でも、人の作ったテンプレートが使い辛いのなんの!

でも、自分用に改造すれば、ものすごく書きやすいものに仕上がります。

その時、私が思いついたテンプレートは、マインドマップです。

ブログランキングサイトの評価

ブログランキングサイトでは、新規の記事が評価される傾向にあるのではないかと思います。

その理由は、新規の記事を書くと新着として乗りますが、リライト処理では乘りません。

ここが、ちょっと寂しく思います。

もう少しリライト記事にも、評価を与えて欲しいものです。

どうすればいいのかは、わかりませんけどね!

でも、そうなれば、さらにリライトする励みにもなると思うんですけどね!

まとめ

ブログはリライト処理にこそ力を入れるべきです。

その理由は、記事数が増えてくるからです。

記事数が増えてくると、記事同士のつながりが見えてきて、内容に詳しくなってきます。

益々やり甲斐が出てきます。

力を入れる意識を持たなくても、自然とリライト処理に力を注ぎたくなってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました