SEO競合比較|ライバルとのチェックポイント

SEOチェック競合ライバルとの比較 あふぃりえいと

アフィリエイトは、狙ったキーワードで検索順位の上位を手に入れて

サイトの流入を増やさなければ、思ったように売り上げは発生しません。

 

このページは、私自身がSEOを再確認するための

整理用に作成しています!

 

スポンサーリンク

SEO競合比較

ここで言っているのは、

検索エンジンからの流入の話なので

SEOのお話です。

 

グーグルやヤフーのブラウザーの順位は、

グーグルが決めています!

 

いくつもの基準をクリアーすることで

一番得点のいいサイトから獲得点数の高いもの順に

表示されるものと認識しています。

 

減点法か加点法かはわかりませんが。

ライバル

検索エンジンの性質として、自分が狙っているキーワードを入力することで

対象の候補が、その時のランキングで表示されます!

 

つまり、ブラウザーの性質上

上位表示されているサイトの中身をすべて見ることができてしまいます。

 

ライバルサイトを丸裸にして、攻略することができてしまうんです!

 

実は、以前あるキーワードで攻略された側だったので、この性質は

好きではありません。

 

当時は、自分で何か新しいことを考えて文章を追加すると

翌日にはその部分をそっくり丸パクりされて

対策されてしまいました。

 

丸パクリするサイトの運営者のことを卑怯者だと思いましたが

ブラウザー自体が、そういう性質だから仕方がありません。

 

相手のオーナーを卑怯者呼ばわりしたところで

何も解決することはできませんでした!

 

相手がそうやって対策をしてくるのなら

自分も同じように攻略をしていこうということで

どうすればいいかをまとめてみたのがこのページです。

 

なので、真実がどうかは正直わかりません。

 

あくまでも、現在の私の考えを基に推測したまでの内容です!

チェックポイント

サイトの評価は、ページ単位と聞いています。

 

質の悪いページがあると、サイト自体の

足を引っ張るような話も聞いています!

 

ページの評価がいいと、そのページが属している

カテゴリーも評価されて押し上げられるのではないか?

と思っています。

 

そして、サイト自体も評価されるのではないかと思います。

 

ライバルとページの内容を比較した場合

内容的に自分の方が優れていると思っても

ドメインパワーが弱ければ、負けてしまいます。

 

ページ内の出現率

キーワード

キーワードは、タイトルや本文に含めなければいけないと

いわれています。

 

しかし、最近ではキーワードがタイトルに含まれていなくても

上位表示してくるサイトが目立っているようです!

 

そんなつぶやきを見たことがあります!

タイトル

私は、必ずタイトルにはキーワードを含めています。

 

その際に意識することは、30文字以内に収めるということです。

 

これは、ブラウザの検索結果で表示されるタイトルの長さが

およそ30文字以内だからです!

 

これは、昔からいわれていることです!

本文

本文には、できるだけ狙っているキーワードを多く含ませるように

しています!

 

しかし、多ければいいというものではなく、文章が不自然になるほど

含ませると、逆にペナルティーになるようです!

関連キーワード

関連キーワードというのは、メインキーワードに付随する

サジェストキーワードのことです!

サジェストキーワード

サジェストというのは、検索窓にキーワードを入力した際に

表示される候補のキーワードのことです。

 

通常、メインキーワードと1つのサジェストキーワードの複合キーワードで

ページを構成することが一般的のようです!

 

たくさんのサジェストをページ内に盛り込むことも可能ですが

その際は他のページとのカニバリ(共食い)に気をつけなければならないようです!

カニバリ

最近、ツイッター上でもカニバリという言葉をよく耳にします!

カニバリというのは共食いのことで、1つの複合キーワードを複数のページで記述をすると

その複合キーワードでどちらのページを評価すればいいかが分かれてしまうようなんです。

 

評価が分かれてしまうのを防ぐために、1つの複合キーワードの内容は

1つのページ内で完結させた方がいいと解釈をしています!

ドメインパワー

サイト自体のドメインパワーというのも評価の対象です。

 

ドメインパワーには、サイトの運営年数や運営者の信用

外部リンクがあると認識しています。

サイトの運営年数

サイトの運営年数は、長ければ長いほど

ドメインパワーが強くなるようです!

 

出来たばかりのサイトより、長い期間運営されてきたサイトの方が

ドメインパワーが強いということは、理解できる内容です!

サイトへの外部リンク

サイトへの外部リンクは、評価されるということは定説ですよね!

 

これは、今でも変わらないと思います!

サイト運営者の信用

サイトの運営者の信用というのも、当然ながら

評価されることだと思います!

 

それでは、どこで運営者の信用を評価するのかということですが

恐らくそれがSNSなのではないかと思いました!

 

SNS上でたくさんのフォロワーさんがいる人が運営者なら

このサイトは信用できると判断するのではないか?と思います!

構造

サイト構造というものは、インデックスページを頂点にして

カテゴリー、個別ページ群という形になっています!

 

サイト・カテゴリー・個別ページは、大分類・中分類・要素に置き換えると

わかりやすいと思います。

 

カテゴリーを入れ子(カテゴリーの中のカテゴリー)にすると、

小分類が加わるイメージです。

 

サイト・カテゴリー・カテゴリー・個別ページとなり、大分類・中分類・小分類・要素に

置き換えると、わかりやすいと思います。

サイト全体

サイト全体というと、

インデックスページを頂点にして

カテゴリー、個別ページ群という

すべてのものが対象です。

カテゴリー

カテゴリーは、配下に所属する個別ページが何について書かれている

ページなのかをまとめています。

 

配下には、複数の個別ページが所属しています!

 

また、入れ子でカテゴリーが入る場合もあります!

(ブログによっては指定できない)

個別ページ

個別ページは、末端の要素となります!

 

タイトルにつけられた内容が記述されているものと認識をしています。

内部リンク

内部リンクは、外部リンクと比較をされがちですが、

私はサイト内を円滑にリンクジュースを流す役割なのではないか?

と思います!

 

どういうことかというと、検索者がページに訪れてきてくれたら

条件によりそのページの評価があがります。

 

検索者が内部リンクをたどり、別ページに行けば

条件により別ページの評価も上がるのではないかと思います!

 

このように検索者が次々と別ページを訪れてくれれば

複数ページの評価があがるのではないかと思います!

 

それをリンクジュースが流れると表現するのではないか

と思います!

 

評価されていないページから内部リンクを張っても

別ページには訪れてくれないので、それが評価されない

理由なのではないか?と思います!

 

また、関連性が薄い内部リンクを張っても

検索者は別ページには訪れてくれないので

それも評価されないのではないかと思います!

 

リンクジュースが流れない内部リンクは

ひょっとするとマイナスポイントになるのかも

しれませんね!?

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました