バーチャルfxのローソクチャート|陽線・陰線・始値・終値・ひげ

バーチャルfxのローソクチャート|陽線・陰線・始値・終値・ひげ FX

バーチャルfxで扱っているローソクチャートから

どんな情報がわかるのかを検証したいと思います。

スポンサーリンク

バーチャルfxのローソクチャート

バーチャルfxで扱っているローソクチャートと言っても

他との違いがあるわけではないとは思います。

 

ですが、バーチャルfxを使いながら勉強をしているので

このような表現をしています。

ローソク足チャート

バーチャルfxのローソクチャート

ローソク足には、陰線と陽線があります。

陰線

陰線は、下落した時のローソク足で、始値よりも終値が

低いものをいいます。

 

ローソク足の色は、陽線の白に対してで現わされます。

陽線

陽線は、上昇した時のローソク足で、始値よりも終値が

高いものをいいます。

 

ローソク足の色は、陰線の黒に対してで現わされます。

ローソク足からわかること

それ以外は、陰線も陽線も変わりがなく、1つのローソク足

からはたくさんの情報がわかります。

●時間

バーチャルfxのローソク足には、1分足・

5分足・10分足・15分足・30分足・60分足・

2時間足・4時間足・8時間足・日足・週足・月足

があります。

 

それぞれの違いから、何がわかるのか?どのように

使い分ければいいのかを考えてみようと思います。

ローソク足チャートの時間の違い

チャート動向100マスあったら情報期間
1分足1日を1440個で表現100分間の情報細かい狭い
5分足1日を288個で表現500分間の情報
10分足1日を144個で表現1000分間の情報
15分足1日を96個で表現1500分間の情報
30分足1日を48個で表現3000分間の情報
60分足1日を24個で表現6000分間の情報
2時間足1日を12個で表現200時間の情報
4時間足1日を6個で表現400時間の情報
8時間足1日を3個で表現800時間の情報
日足1日を1個で表現100日間の情報
週足1週間を1個で表現100週間の情報
月足1か月を1個で表現100か月の情報荒い広い

 

●始値

ローソク足が指定する時間帯が開始した時の相場

●終値

ローソク足が指定する時間帯が終了した時の相場

●高値

ローソク足が指定する時間帯で最高に上がった時の相場

●安値

ローソク足が指定する時間帯で最低に下がった時の相場

●ひげ

上ひげと下ひげがあり、上ひげは高値を現し、下ひげは安値を現す

●情報の細かさ

情報の細かさでいうと、1分足チャートでは1分間の始値、終値、

高値、安値がわかるので、最も細かい情報を入手するには1分足が

一番適しているかと思います。

 

その反面、月足チャートでは1か月分が1つのローソク足に集約

されているので、細かい情報を知るには不向きですね。

 

ローソク足1つをとっても、期間が大きくなればそれだけ変動幅

だって大きくなるので、少ない予算で細かく反応しながら相場を

予想するには情報は細かい方が向いていますよね。

 

逆に十分に資金があって、小さな情報にはあまり反応しないような

予想をするには、情報的にはあまり細かくない方が向いていると

思います。

 

極端な話、1分足60個分の変動幅を60分足1個で表現してしまう

ということなので、どれだけ情報的には荒くなるかということが想像

できるかと思います。

 

さらには、60分足24個分を1つにしたものが日足、

日足30個分を1つにしたものが月足ということですね。

●期間

1分足チャート1つと月足チャートでは、同じ形で片や1分

片や1か月分の情報を現しています。

 

そのことから、1分足チャートでは近々の分単位の情報との変化

を見ることに適していて、月足チャートは1か月単位の情報を何か月分も

見ることに適していますよね。

 

月足は、年間を通しての変動を見ることに適しているとは思いますが

それにどのようなニーズがあるのかというと、ちょっとあまりピンとは

来ないです。

 

有名な事象があった時のデータとして参考にするということでしょうか?

 

例えば、今はコロナウィルスの影響が相場にも反映されていると思いますが、

リーマンショックの時はどうだっただろう?というレベルで参考にするのかも

しれませんね?

 

今のレベルは、fxを勉強する前に興味を持つレベルなので

実際に私が言っていることが合っているかどうかはわかりません。

 

「現在は、このように考えています」と、自分の中で形を作り

後で実際に勉強をしながら、これで良かったのかどうかを再確認

しようと思っています。

 

その方が、勉強する時も自分の考え方と照らし合わせることが

できるし、身に入ってくると思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました