やる気がなくなる職場!うるさい上司と優しい上司ついて行くのは?

やる気がなくなる職場!うるさい上司と優しい上司真剣なのはどっち?ワクワクがきっかけでやるきに

うるさい上司がいる職場で説教ばかりされていると

やる気がなくなりますよね!

 

大きなプロジェクトでうるさく言ってくる上司は

仕事に命を懸けて挑んでいる人です。

 

うるさくない上司とうるさい上司では、どちらが

やる気があると思いますか?

 

結局、みんなうるさい上司の方について行くんですよ!

スポンサーリンク

やる気がなくなる職場!

昔、勤めていた職場では、地獄を味わったことが

ありました。

 

毎日徹夜徹夜の連続で、1週間に1回しか帰れない

状態が半年も続きました。

 

その職場では、メインで担当している上司がともかく

厳しかったです。

 

1度私は、へまをやらかしてしまい、見せしめに500人

が仕事をしているフロアーで、「〇〇ー、ちょっとこい」

と呼び出されて、みんなの前でコテンパンに説教をされたこと

がありました。

 

あの時は、何をやらかしたのかは覚えていませんが、その後

はショックのあまりすぐには立ち直れなかったことを記憶

しています。

うるさい上司と優しい上司真剣なのはどっち?

上司には、今のようにうるさい上司と、優しい上司がいる

じゃないですか。

 

やさしい上司は、しょげてる私の姿を見て、「気にすんな!」

と、優しい言葉をかけてくれました。

 

「本来なら、帰りに呑みにでも誘って、盛り上げてあげたい

ところだけど、ちょっと今の状態では無理だな!」

 

「仕事が終息したら、思い切り呑みに行こう!」

という具合に、話しかけてくれたんです。

 

当時は、断然このやさしい上司は、みんなからも好かれて

いて、もう一人のうるさい上司はたくさんの人から恨み

を買っていました。

 

このような対照的な上司がいた時、出世が早いのはどっちだと

思いますか?

 

こういう時は、決まってうるさい上司の方が先に出世をするのが

お約束のパターンです。

 

この時も、例外なく、うるさい上司の方がダントツに出世が早く

優しい上司の方は中々出世をしませんでした。

毎日やる気を出して真剣に仕事に取り組んでいると

現在、私は毎日わくわく感を高めてやる気を出して、真剣に

仕事に取り組んでいます。

 

そうなってくると、真剣な分、ちゃんとしていない人を見ると

イライラします

 

別に私は、イライラを外部に当たるような性格ではないので

うるさい上司のように面と向かっては説教などはしません。

 

しかし、心のどこかでイライラしていることは、間違いない

事実です。

 

それで、改めてうるさい上司と優しい上司では、仕事に対する

情熱が真剣なのはどっちかを考えた場合、明らかにうるさい上司

と答えます。

 

昔は、この上司は何でこんなに良い人なのに、出世しないんだろう?

と疑問に思いましたが、良い人では出世はできないんですよね。

 

如何に仕事に真剣に取り組むことができるかが、評価の対象なんですよ。

 

それで、うるさい上司は、怒りをモロに外部に向けて発信するタイプの

人間だったので、周りに何百人も人が居ようとも、抑えておくことが

できなかったんだと思います。

 

それだけ真剣だったということは認めますけど、500人の前で

大恥をかいた私のやる気のことも考えて欲しかったです。

 

何といっても、1週間徹夜を続けて作業に当たらなければならなかった

状態だったので、私がショックで仕事が手に付かなくなれば、それだけ

戦力がダウンするのですから。

 

私の戦力など、高が知れていますが、それでも一応必要とされていた

から、何日も徹夜を続けていたわけですから。

 

それに、私は幸いにして、いつまでもショックを引きずるタイプ

ではなくて、幸か不幸かすぐに忘れてしまうようなタイプの人間

です。

 

その後に、喫煙ルームでそのうるさい上司に優しい言葉をかけられる

ことによって、すっかり復活していましたから。

 

うるさいタイプの上司って、必ずといっていいほど、誰もがアメとムチ

を使い分けるんですよね。

 

ノウハウ本の読み過ぎだと思います。

 

そんな感じのうるさい上司と優しい上司ですが、私がもし

今の状態でついて行くとしたら、間違いなくうるさい上司に

ついて行きます。

 

それは、現在真剣に仕事に当たっていると、うるさい上司の

気持ちが痛いほどよくわかるからです。

 

当時の仕事は、物凄く規模が大きかったプロジェクトだったので

まさに命がけだったでしょう。

 

そんなプロジェクトの頭を張ってたわけですから、溜まるストレス

も、並大抵なものではなかったでしょう。

 

それをやってのけるのですから、当然出世もしますよ。

 

優しかった上司が霞んでしまいます。

真剣な人ほど好かれようとはしていない

これで何が言いたいかというと、真剣な人ほど人に

好かれようとはしていないということです。

 

勿論、嫌われないことに越したことはないのですが、

一生懸命おべっかを使って、周りのご機嫌を取る人には

ロクな人がいないと思います。

 

勿論、普段の話ではなく、仕事を一緒にしている時の

話ですよ。

 

仕事というのは、ある意味命がけのところがあって、

真剣になればなるほど、周りの環境は見えてこなく

なるものです。

 

何が何でも、成功してやるぞ!と思いこまなければ

いけないものなので、周りを見ている余裕なんかは

なくなってしまうんですよ!

 

そこを突き詰めていかなければ、うまくいくわけがない

ものだと思っていた方がいいと思います。

 

それに、周りにおべっかを使って、好感度を上げたと

しても、それってなんの戦力にもならないんですよ。

 

結局、私みたいにうるさい上司と優しい上司を比べた場合

大半の人は、うるさい上司の方について行くと思います。

 

うるさい上司のせいで、やる気がなくなる職場になっている

としたら、それは最高に幸せの現場だと思います。

 

勿論、その上司が真剣に、仕事をうまく成功させようと思って

いる人に限ります。

 

何もやる気がなく、ただうるさいだけの上司は問題外です。

 

真剣に成功させようとうるさい上司がいる職場なら、

そのことを早く理解できるようにして、自分はわくわく感で

やる気を出して、一刻も早くやる気がなくなる職場から

やる気になる職場へと変えていくべきだと思います。

 

うるさい上司でも、ついて行ける上司かどうかを見極める

能力は必須です。

 

ついて行くことができる上司なら、得るものもたくさん

あると思います。

 

それが、成功への近道です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました