承認欲求を満たしたい!人から必要とされるから仕事もやる気になる

承認欲求を満たしたい!人から必要とされるから仕事もやる気になるヤル気を出す方法
スポンサーリンク

承認欲求を満たしたい!人から必要とされるから仕事もやる気になる

仕事は、人から必要とされるからやる気になるものだと思います。

 

もっともっと仕事にやる気を出すには、承認欲求が満たされる必要があります。

承認欲求(しょうにんよっきゅう)とは、「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という願望であり、「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれる。

参考:ウィキペディア「承認欲求」

承認欲求が満たされるには、どうすればいいのでしょう?

人から必要とされるにはどうすればいいか?

人から必要とされると、やる気が出てきます。

 

では、どうすれば人から必要とされる存在になることができるのでしょうか?

何を聞かれても答えられる存在になること

それは、何を聞かれても答えられる存在になることです。

 

所謂、当てにされる存在ということですね。

 

何かを聞かれて、答えられなかったでは、もう2度と当てにしてはくれないかもしれません。

 

「あの人に聞いても答えは返って来ない」と、思われてしまうからです。

 

そうならないためには、人一倍勉強をして、「あの人に聞けば、何でも答えてくれる」という存在になることが大事です。

 

ということは、何でも知っている存在になることです。

 

俗にいう、有識者というやつですか。

学問があり、見識が高い人。

参考:goo辞書「有識者(ゆうしきしゃ) の意味」

但し、有識者という存在は、たくさんの人から必要とされる存在で、毎日質問攻めに遭ってしまうことがアリがちです。

 

その影響で、結構何かを聞いても愛想悪く嫌々答えるような傾向がありガチです。

 

そんな関係で、自分の作業は定時以降に行うようなパターンになってしまいガチですよね。

 

どこの現場に行っても、圧倒的に人数が少なすぎるからそのような現象が発生してしまうんですよね。

 

だから、不愛想を決め込んで、迂闊には質問ができないような状態を作り出さなければいけなくなってしまうんです。

 

確かに、中には同じようなことを何度も聞いてくる人がいますからねー。

 

そういう人には、ちゃんと自分でも勉強をするように促す必要がありますよね。

 

でも、基本的には、親切丁寧に答えてあげるというのも、自分自身のステージを上げるには、必要な事だと思います。

 

緩急をつけて、いつでも簡単には聞けないようなオーラを出しつつ、教えてあげる時は親切丁寧に簡潔にわかりやすく教えてあげられるような人間に成長できれば最高です。

 

他の人たちから尊敬をされるような存在になることが、理想ですね。

 

そうすれば、自己肯定感を高めることに繋がりますよね!

自己肯定感(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情

参考:ウィキペディア「自己肯定感」

堂々として自信に満ち溢れていること

普段、堂々として自信に満ち溢れていることで、周りからは尊敬のまなざしで見られてくると思います。

 

勿論、内容に伴って自信というものは身についてくるものなので、わざわざいうことでもないのですが、自信がついてくれば当然他者からも認めてもらえることでしょう。

 

そういう意味だと、自信がついてくるということは、結果的に身についてくることなので、承認欲求を満たすためにすることではないかもですね。

 

しかし、承認欲求を満たしたいのであれば、自信を身に付けることというのは目的になりますよね。

恥をかいても堂々としている

そういう意味だと、私は人前で平気で恥を掻ける人ってカッコイイと思っています。

 

人前で恥を掻ける人というのは、自信が後ろ盾になっているからできることだと思っています。

 

人前で恥を晒すことができる人こそ、私が目指しているところです。

 

私的には、人前で恥をさらしてこそ、承認欲求は満たされます。

 

恥をさらして行動力アップ!知識吸収にはわからないと言える勇気
恥をさらして行動力をアップすると、何でもできるようになり 楽しみながら仕事ができるようになります。 恥をさらして行動力アップ!知識吸収にはわからないと言える勇気 恥をさらすことは、行動力のアップに繋がります。 知識を...

承認欲求が満たされればやる気が出て行動したくなる

承認欲求が満たされれば、やる気も最高潮に達して、わくわく何でもできるようになることでしょう。

 

その勢いで一気に仕事に突入すれば、ゾーンに突入することができるようになりますよ。

 

私は、これで自分のわくわく感を刺激しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました