ツイッター失敗談|初心者の私はこうして失敗しました

ツイッター失敗談 twitter

ツイッターを始めた頃、次から次へとバンバンとツイートしていました。

1つ前のツイートに返信、返信で繋いでいって、ツイートというものはそういうものだと思っていました。

 

わけがわからないツイートを、ともかく思いつくたびにつぶやいていました。

今、過去のログを観ていたら、顔から火が出ました。

スポンサーリンク

ログの見方が分からず勝手にパニック

ある時、私は以下のようにつぶやきました。

そうしたら、誰かが「私がまさに今そんな状態です。」ってつぶやいてきました。

でも、それは実は私のつぶやきに対する返信ではなくて、全く関係がないつぶやきに対しての返信だったんです。

 

私は、その頃、ログの見方も満足にできる状態ではなかったので、てっきり私のつぶやきに対する返信と勘違いをしてしまいました。

 

それで、そのつぶやきに対して、「いいね」を押すべきかどうか悩んだのですが、思い切って押してみると、すぐさま他の方も「いいね」を押してきました。

 

その時、ひょっとすると私に対してだけに返信してきたものを、「いいね」を押したことで他の人にも見えるようになってしまったのではないか?と思いました。

 

それで、もしかしたら「人を傷つけるようなことを言ってしまったのではないか?」と思い、パニックになって、たくさんのことをつぶやいていました。

 

そうしたら、日ノ本@国内系ブロガーさんが

って、声を掛けてくれたんです。

日ノ本@国内系ブロガーさんは、その後も

と声をかけてくださいました。

あの時は、本当にどうもありがとうございました。

勝手におはまる

ある日、私は午後の9時前頃、勝手にひでまるさんの専売特許である「おはまる」という挨拶を冗談でやってしまいました。

 

そうしたら、一斉にひでまるさんチームの方々が反応し始めて、何か私が勝手に解散をさせてしまったような意識が働きました。

 

何てことをしてしまったんだろう?

それで、あまりの恥ずかしさから逃げてしまいました。

あの時は、どうもすいませんでした。

ひでまるさんが2000人フォロワー達成の時

普段から私はひでまるさんのファンだったので、ひでまるさんのツイートやブログには必ず目を通すようにしていました。

 

そうしたら、何を勘違いしたのか?

いつの間にか自分が、ひでまるさんのつもりになっていたんです。

 

ある時、ひでまるさんが2000人フォロワーを達成した時、どなたかが「ひでまるさん、2000人達成おめでとうございます!」って、ツイートしたんです。

そうしたら私が、「○○さんこんばんは!2000人なんてそんなバカな!」的なことを返信してしまったように思います。

 

バカでしょう!?

 

そう答えた後で、やばっ!私はひでまるさんでは無かったことに気が付きました。

どうしよう!?と思いましたが、返信してしまったことはもう、どうにもなりません。

 

しばらく、時間が空いてしまいましたが、「ほんまや!」と何とか誤魔化したつもりですが、そんな失敗をするやつがいたんですね!!

 

それが私です!!

 

今、そのログを探したのですが、見つけることができませんでした。

 

ということで、今回は私の数々の失敗のほんの一部をお伝えしました。

 

私のこれらの原因は、そもそも私がツイッターを全然勘違いしていたところにあります。

これを機に、どこまで信頼を回復することができるかわかりませんが、挑戦していこうと思います。

 

みなさんが引くのも無理がないことだと思います。

重ね重ね、どうもすいませんでした。

失敗は成功のもと

ツイッターの怖いところは、

1つのつぶやきが瞬く間に拡散されることです!

 

今までの人生でここまで失敗を実感したことは

ありませんでした!

 

最高の失敗で

会社で課長に呼び出されて

500人くらいの前で

見せしめに説教を食らったことが

あったくらいです!

 

でも、会社での失敗は

その後の対応でなんとか

信用を取り戻すことができますが

ツイッターはフォローを外されてしまうと

弁解の余地すら与えてもらえません。

 

1回の失敗が命取りになってしまうことも

ありえます!

 

わたしは、ツイッターで数々の失敗を

相変わらず繰り返しています。

 

でも、それはなるべくしてなった結果だと

割り切っています。

 

なぜなら、素でいっているので

それが今の私だからです。

 

今回ツイッターをやり始めて

初めて「失敗は成功のもと」という

意味がわかりました。

 

失敗は、そのまま何もせずに

流してしまうと失敗のままですが

対応すれば自分の進歩に繋がる。

 

まさに成功するためのきっかけなんですね!

 

そういう意味で

わたしは人一倍劣っている点が多いから

数々の失敗を未だに繰り返している

のだと思います!

 

今まで何かに真剣に

取り組んできたことが無かったので

失敗を意識した経験がありませんでした。

 

すぐに喉元を通り過ぎてしまいます!

 

これからは、失敗は成功をする

最大のチャンスと捉えて

成功に近づけていきたいと思います!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました