チャート読めないけど読みが最重要!?fxを全くわからない

fxを全くわからないけどチャートの読みが最重要!? FX
スポンサーリンク

fxを全くわからないけどチャートの読みが最重要!?

fxは、極端な話チャートを読んで、通貨を売買するだけなんですよね!?

恐らくですが。

 

fxを全くわからない私ですが、チャートの読みが最重要

だということはわかります。

 

相場さえ読めれば、後はそれに伴って通貨を売買していくだけ

なので、ともかく相場が読めるようになることが最優先かと

思います。

 

相場を読むには、世界情勢なども絡んでくるとは思いますが。

 

チャートの比較からわかること

まずはチャートから何が分かるのかを調べてみたいと思います。

1分足チャート

バーチャルfxの1分足チャートです。

縦の目盛は1時間(メモリ間は1分なので60分割)

横の目盛は0.05円

バーチャルfx1分足チャート

このチャートをfxを全くわからない私が見ても

かなり複雑に乱高下していることがわかります。

 

2020/5/9 01:38赤マルの時点で、円高が進んでいくのではないか?

と思ったので、ドルを100ロット売りました。

 

黄色い線が、ドルを売ったタイミングです。

 

見事に予想に反して、売ったと同時に円安が進んでいきました。

 

何でこうも見事に逆に進んでいくのでしょうか?

 

その前の状態をチャートで見ても、全然参考にはなりませんよね?

 

円安になっても円高になってもおかしくない状態だったと思います。

 

 

それとも、事前の大きな乱高下の後は、その後は円安に推移する

パターンか何かあるのでしょうか?

大きく変動したポイント

画像の青マルで囲った位置で、大変動が発生しています。

 

なぜ、このような大変動が起きたのか?

 

後から原因を究明できる資料があれば、相場の動向の意味が

理解できると思いました。

 

何かそれがわかる資料がないものか?ネットで探してみました。

 

そうしたら、「時事ドットコム」というサイトを見つけたんですよ。

 

合っているかどうかは別にして、取りあえず画像でいう青マル

時間帯において、世界ではどんなことが起きていたのか?

 

見てみようと思います。

 

そういえば、時事ニュースにアップされてからどのくらいの時間を

かけて相場に反映されてくるのでしょうか?

 

わからないので適当に。

 

●2020/5/8 21:30

変動幅は、106.273円→106.722円(0.449円の円安)

 

主な時事ニュース

2020/5/8 19:18「シャープ、純利益4分の1に 業績予想を下方修正―20年3月期 」

2020/5/8 20:05「上場企業の経常益62%減 1~3月期、新型コロナ影響 」

2020/5/8 20:09「20年3月期は赤字・減益相次ぐ コロナ打撃、今期さらに悪化―大手商社 」

 

こんなところでしょうか?

 

これらの時事ニュースが、一気に円安にここまで影響するとはわかりませんが

こうして考えて行けば、いつか感触をつかめる時が来ると思うので

それまでは惰性で予想をしていきたいと思います。

 

●2020/5/9 00:00

変動幅は、106.722円→106.387円→(0.335円の円高)

 

主な時事ニュース

2020/5/8 23:00「休業要請緩和でロードマップ 小池都知事会見の全質疑応答」

「新型コロナウイルスの感染拡大防止策で行っている休業要請について

段階的に緩和する指標を示した」ということだけど、これが評価されたのかな!?

 

5分足チャート

バーチャルfxの5分足チャートです。

縦の目盛は1時間(メモリ間は5分なので12分割)

横の目盛は0.1円

バーチャルfx5分足チャート

5分足チャートは、横軸目盛の幅が0.1円単位になっています。

これは1分足チャートは、0.05円なので、倍になっています。

 

5分足チャートは、縦軸目盛の幅が1時間が12等分なので

1分足チャートの5分の1の幅なっています。

 

だから、このように1分足チャートの部分が圧縮されて表現

されています。

 

 

これによって、1分足チャートでは現れなかった、動向が

見れるようになっています。

 

1分足の時と同じように、乱高下が激しい様子を確認

することができます。

 

その時の時間帯に何が起きていたのかを調べれば

原因を見つけることができると思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました