すぐやる!行動力を身に付けるなら直ぐに行動できる人になる

すぐやる!圧倒的な行動力を身に付けるなら直ぐに行動できる人になるヤル気が出ればコウドウできる
スポンサーリンク

すぐやる!行動力を身に付けるなら直ぐに行動できる人になる

行動力を身に付けたいのなら、

ともかく、すぐに行動する人になることです!

 

躊躇している暇は、ありません。

 

行動しなければならないと、自分が思ったタイミングで

行動しなければ、行動力を身につけることはできません。

 

どうしたら、行動力というものが

身に付くのかといろいろと試していましたが

それはすべての行動に対して改善していかないと

いけないことがわかりました。

 

その対象は、朝起きてから夜寝るまでに発生する

すべての行動に対してです。

 

私は、毎日やる気を最大限にあげるために

やる気を出すルーティンワークを実施しています。

 

しかし、それだけでは行動力は

身に付かないことがわかりました。

 

圧倒的な行動力を身に付けたければ、ともかく

すべてのことにおいて、思い立ったらすぐに

行動しなければ、ダメなんですよ。

 

朝は、目が覚めた瞬間、一昨日から布団の中で

1分間の「く」の字腹筋から始まって、

それが終わったら、すぐに洗顔にストレッチ。

 

その後は、すぐに仕事に取り掛かり、行動が

ストップする時間を無くすことが重要なことです。

 

どうしても、行動がストップしてしまう場合は

その原因を追求し、ストップしないように

対策を練ります。

 

勿論、食事の時間などは、そのスイッチを切り、

リラックスしながらゆっくりと取っても構わない。

 

このように、メリハリをつけて行動し、

やる時はやって、休む時は休む。

 

私のように、何も行動できないでずっと

ボケーっとしている時間が長かった人は

1日だけでもやってみることが必要です。

 

正直言って、これができないと、絶対に

圧倒的な行動力なんかは身につくわけが

ありません。

 

もう何十年も、このような習慣で生きてきて

しまったので、ちょっとやそっとでは直る

ものではありません。

 

1日だけでもいいからやってみてくださいと

言われても、正直行動しようとは思わない人が

大半だと思います。

 

それが、長いこと行動に移すことができなくて

ダラダラと生きて来た人の特徴だと思います。

 

ですが、これができないと、成功などありえない

と思いますよ。

 

無理をして、たった1回でもやってみると

なるほど、こういうことが言いたかったのかと

この意味がわかると思います。

 

長いこと生きて来た習慣というものは

本当に怖いものがあります。

 

結局、行動してこなかった人には

それが常識となってしまっているので

中々直すことをできなくなっているんです。

 

それでは、時間の大切さは一生理解できないと

思います。

 

よく言いますよね。

 

時間の大切さを語っている人は、

もう一人の自分が欲しいと。

 

まだ、そこまで行動しているわけではないので

そのようには思いませんが、それほど時間と

いうものは大切なものだし、一人一人

限られているものだということです。

 

行動力というのは、何もせずにボケーとしている

時間があると、すぐに行動できなくなってしまう

ものです。

 

メリハリをつけて、行動しなければいけないような

タイミングでは、ひたすら行動を続ける必要が

あります。

 

しかし、勿論休憩を取ることも、ものすごく大事

なことなので、一定の行動を続けた後は、必ず

休憩を取ることは必須です。

 

ということは、行動する時間と休憩する時間だけで

時間を埋めて、ボケーっとしている無駄な時間は

作らないという意識が必要ですね。

 

これがうまくいかないと、1日の終わりに

「ちゃんとした」とは答えられないので

自信がつかなくなってしまいます。

 

自信をつけて、一回りも二回りも大きくなって

成長しなければ、成功なんてできないんですよね。

 

成功者の方が、簡単簡単ということですが

実はこのように越えなければいけない

難しいことだって存在しているんですね。

 

真に受けて、簡単だからと挑戦してみても

その重要性に気が付かなかったりするので

簡単には成功できないんですよ。

 

成功者にとっては、簡単な事でも

未だ超えたことがない人にとっては

めちゃくちゃ困難な事だと思います。

 

これは、ある意味成功者が仕掛けている

トラップみたいなものだと思います。

 

これがあるから、ここまでは情報を

開示しても問題ないと言った意味で

仕掛けられているのかもしれません!?

 

あと、休憩時間もダラダラと何時間も

取ってしまうのも次の行動するタイミングを

奪ってしまうもとになってしまいます。

 

せいぜい10分、20分程度で今までの

行動のホトボリが冷めないうちに

次の行動を開始した方がいいです。

 

エンジンが冷めてしまうと、また暖めるまでに

時間がかかってしまいます。

 

この辺の感覚は、やればわかってくると思うので

もったいないという意識が働きます。

 

休憩も取らずに詰め込み過ぎるのも反動が出て

しまうので、必ず適度に休憩を入れて、なるべく

多くの行動を続けることが、ものすごく大事なことだと

今は思っています。

 

私は、この調子で現在は行動を続けています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました