タイラバはマダイのルアー釣り|初心者でも釣れる可能性最大

初心者でも釣れるタイラバ釣り

タイラバは、真鯛(マダイ)のルアー釣りです。

タイラバこそ、初心者の方にも超巨大マダイが釣れる可能性大の釣りです。

当ページでは、初心者の方が必要最低限の知識で、マダイがタイラバで釣れるように解説しています。

余計なことは、すべて省きました。

スポンサーリンク

真鯛(マダイ)のルアー釣りタイラバ

タイラバは、何が最大の重要ポイントかというと、エギングと同様にPEラインとカーボンハリスの結び方です。

 

それと、沖に出なければならないので自分で遊漁船やボートを手配しなければなりません。

 

それらができれば、竿(ロッド)、リール、タイラバを購入することでもう、釣れたも同然です。

 

但し、真鯛(マダイ)は、80cm以上というのも夢ではないので、それがかかった時にやり取りができればの話ですが。

釣り場(ポイント)

タイラバ釣りは、パラシュートアンカーなどを使って流しながら釣りをします。

1か所にとどまって行う釣りではなく、線の釣りになります。

遊漁船の場合

タイラバの場合、船釣りとなるので遊漁船なら船頭さんに目的のポイントに案内してもらえます。

自分では釣り場(ポイント)を意識する必要はありません。

ボートの場合

手前船頭(自分自身が船頭)でマイボートや手漕ぎボートでタイラバ釣りをする場合、そのポイント情報は必須です。

 

あらかじめ新聞や雑誌、近所の釣り道具屋さんで入手することを忘れないでください。

流し釣りなので、たまたま良いポイントに入る可能性はあります!

餌(エサ)

餌は、タイラバになります。

タイラバというのは、マダイ釣り用のルアー(疑似餌)のことです。

 

30g~120gくらいあるので、3種類違う重さを用意すればいいです。

 

潮の強さによって、重さを変えればいいです。

潮に流されたからといって、釣れないことはありません。

 

何でも釣れると思ってやったほうが釣れます!!

道具(タックル)

竿(ロッド)

タイラバの竿は、タイラバ専用ロッドがあるので、それを購入するようにします。

検索キーワード確認項目最安値商品
タイラバロッドPG バトルスティックタイラバ 662L

リール

タイラバのリールには、巻きスピードがわかる専用リールもあります。

しかし、スピニングリールでも十分です。

 

スピニングリールは、3000番アタリが主流です。

なぜ、3000番アタリが主流かというと、スプールの径がある程度大きい方がいいからです。

検索キーワード確認項目最安値商品
スピニングリール 3000カーディナル II S3000

スプールの径が小さいと、その分peラインにパーマの癖がついてしまいます。

こちらもエギング同様にナイロンを巻いて、途中からpeラインを繋げるので、下糸の巻き加減がわかりません。

 

なので、釣り道具屋さんに巻いてもらったほうがいいと思います。

エギングと同様なので、使い回しが可能です。

ライン

ラインは、PEラインの0.6号が主流です。

PEラインは、細ければ細いほど水の抵抗を受けません。

検索キーワード確認項目最安値商品
peライン 0.6150mSuper X-wire 4(スーパーエックスワイヤー フォー)

フロロカーボンハリス

タイラバでは、リーダー糸にフロロカーボンハリスの3号(12lb)を使用するのが主流です。

フロロカーボンを2ヒロ(3m)手を広げて測り、使用します。

検索キーワード確認項目最安値商品
フロロカーボン 12lbナチュラムオリジナル フロロシーバスリーダー

あまり几帳面にならずに適当な長さで十分です。

定規などを使って、キッチリと3m測ったところで、全然意味はありません。

技術(腕)

PEラインとハリスの結び

エギングで一番面倒くさいのが、PEラインとフロロカーボンハリスを結ぶ作業です。

中には、電車結びで良いという人もいますが、強度的には絶対に電車結びではダメです。

 

電車結びでは、負荷が1点に集中してしまうので、細いpeラインとフロロカーボンの連結には適していないんです。

複雑なラインシステムの中でも、最も簡単なグルグルノットをおすすめします。

 

グルグルノット

小沼式8の字ぐるぐるノットを参考にさせていただきました。

初心者の方には、とても難しいと思われたと思いますが、これが一番簡単な結び方です。

 

万が一、リーダーをロストした時のために、覚えておく必要があります。

替えスプールや替えリールなどがあれば別ですが、無い場合はこれを釣り場で実施しなければなりません。

 

頭の中に叩き込んでおきましょう!

安易に電車結びなどで代用してしまうと、思いがけない時に結び目から切れてしまう時があります。

タイラバ動画

シマノ動画「鯛ラバを楽しもう!ビギナーから名手まで夢中にさせるマダイ」を参考にさせていただきました。

この動画では、以下のことが参考になります。

  • 底どり
  • 誘い
  • 向こう合わせ
ドラグ調整

スピニングリールには、ドラグというものが付いています。

ドラグを緩めることで、スプールが逆に回転し、ラインが出ていくようになります。

 

タイラバの場合、細いpeラインを使用するので、合わせた時に切れてしまわないようにドラグを緩めておく必要があります。

また、大物がかかった時のためにも、予め緩めておきます。

 

どのくらいに調整するかというと、ちょっと強めに引っ張った時、少しずつラインが出て行くくらいでいいです。

と言っても、全然伝わらないと思いますが、やっていくうちにだんだんとしっくり来るようになると思います。

底どり

スピニングリールの場合、ベールを上げてタイラバを海底に落とし込みます。

誘い

「タダマキ」というくらい、タイラバを海底に落とし一定の速度でマダイが居そうなタナまで、ただ巻くだけです。

人間なので、「一定の速度で巻け」と言われても、電動リールのようにはいきません。

その微妙な変化が、誘いになるようです。

それが、初心者にも大いに期待が持てる証拠です。

マダイが居そうなタナまで巻いたら、再び海底に落とします。

その動作を繰り返します。

向こう合わせ

タイラバの場合、マダイが勝手にかかってくるので、ハリを貫通させるために軽く竿先を上げて合わせます。

取り込み

マダイがかかったら、ひたすらリールを止めずに巻き続けます。

マダイが勢いよく引いた場合、リールのドラグが逆回転してラインが出ていくように調整します。

まとめ

このように、タイラバは底をとってただ巻きをして向こう合わせが来るのを待つような釣りです。

やっていることが単調なため、何も釣れなければひとつも面白くありません。

 

しかし、冒頭でも言いました通り、超巨大な真鯛がいきなり初心者でも釣れる可能性が大いにあります。

 

また、マダイ以外にもショゴ(カンパチ)やワラサ(ブリ)などの青物なども釣れる可能性があります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました