ターゲットおすすめランキング|初心者が釣りやすい日本小物代表魚

釣り初心者におすすめのターゲットランキング初心者

釣りを始めたいけど、何釣りから始めればいいかがわからない

初心者の方におすすめのターゲットをランキング形式でご紹介します!

 

スポンサーリンク

釣り初心者におすすめのターゲットランキング

釣りをしたことが無い初心者の方の中には、何釣りから始めればいいか?と迷っている方もいるようです!

 

そんな方に向けて、釣り難易度、始めやすさを考慮して、日本の代表的な小物魚を中心にランキング形式でご紹介します!

1位クチボソ(モツゴ)

クチボソは、正式名をモツゴといいます!

池や沼などに棲み、魚がいれば必ず誰にでも釣り上げることができます!

 

はじめて釣りをするのなら、真っ先に思いつくのがクチボソです!

ともかく頻繁にアタル(エサを喰いウキに反応が現れる回数が多い)ので、面白いです!

 

どこにでもいるので、気軽に出かけられます!

エサは、アカムシさえ用意すればいいです!

 

ハリは、タナゴバリ1号で決定(これ以上小さいハリはない!)

 

竿は、短いへら竿(1.8mくらい)がベスト!

へら竿の頭2本を使えばいいです!

 

へら竿が1本あれば、始めることができます!

2位ハゼ

ハゼは、海に棲み、河口周辺にも生息するので、比較的近場で釣りをすることができます!

でも、海が傍に無い方にとっては、ちょっと不便かもしれませんね!

 

夏場のハゼは、警戒心がなく、足元にも平気で寄ってきます!

だから、遠くまで投げる必要がありません!

足元を狙えばいいのですから!

 

ハリがかりするアタリであれば、軽く竿先をチョンと動かすことで、簡単に釣れます!

だから、強い合わせは必要ありません!

 

エサもゴカイが手に入ればベストですが、青イソメでも十分です!

海が傍に無い方には行きにくいということで、2位にしました!

 

竿は、へら竿なんかでも大丈夫です!

ちょっと重めのおもりを使うということから、へら竿よりも硬めの延べ竿の方がいいかもしれません!

 

自分の周りのハゼを釣り切ってしまうと、一瞬魚が釣れなくなってしまうので、リール竿を使って狙うポイントを変えるのも有効な手段です!

 

水深があるボートから狙う場合は、リール竿が主流です!

 

ちょい投げ竿1本あれば、始めることができます!

3位シロギス・メゴチ

シロギスやマゴチは、ハゼに比べると、海側に生息しています!

港周辺でも釣ることができます!

 

しかし、河口までは上がってこないと思います!

エサは、青いそめで充分です!

 

ちょい投げ竿1本あれば、始めることができます!

4位オイカワ(ヤマベ)・ハヤ(ウグイ)

ヤマベやハヤは、比較的釣りやすい清流に生息する魚です!

わたしの基準では、清流というと渓流よりは下流で、河口よりは上流です!

 

とてもアバウトな表現ですが、気軽にいける流れがほどほどあるようなところにいます!

エサは、現地でクロカワムシが確保できれば最高です!

 

わたしは、チョロムシ系では、釣ったことがありません!

川虫が取れなかった時のことを考慮して、毛ばりを用意していけばいいと思います!

 

毛ばりで瀬を流せば、高確率で釣ることができます!

ヤマベ・ハヤ釣りはヘラ竿でも十分にやることができます!

 

でも、本格的にやるのなら、渓流竿の方がいいと思います!

5位手長エビ

手長エビは、クチボソ釣りと同じタックルで釣りができます!

だから、クチボソに飽きたらそのままの仕掛けで手長エビに切り替えることができます!

 

実は、私も手長エビ釣りは、それほどやったことがありません!

ですが、この間教えてもらって感動しました!

 

エサもそのままクチボソと同じアカムシです!

竿もへら竿がベストです!

6位イワシ

イワシは、堤防などからサビキで気軽に釣ることができます!

実は、私はイワシ釣りが大好きで、酒のつまみが無い時によくやります!

 

というのも、イワシは保存して持って帰るには内臓を取って開いて持ち帰った方が鮮度を保つことができます!

 

包丁を使わずに指で内臓と骨を取って、その場で食べたら最高です!

これほどうまいものはありません!

ビールがばかばか進みます!

 

イワシのサビキ釣りは、堤防では2号の磯竿5.3m1本が必要です!

エサは、アミコマセをコマセ網に詰めて使います!

7位ワカサギ

ワカサギ釣りは、穴釣りの場合、専用のワカサギ用竿が必要です!

ある程度の深さを狙うので、リールが付いていた方が便利です!

 

ボート釣りの場合、ちょい投げ竿でも狙うことができます!

エサは、紅サシを用意すればいいです!

 

ワカサギ釣りは、管理事務所に入漁料を払って行うので、最初はそこで道具をレンタルしてから始めた方がいいと思います!

 

穴釣りの場合は、自分で穴を開けなければならないし、他の釣りと比べるとかなり特殊です!

8位真鮒(マブナ)

マブナは、比較的手軽に釣れるやや大きめの魚です!

最大で25cmくらいのものがいるのではないでしょうか?

 

エサは、キジ(ミミズ)アカムシが一般的です!

竿は、へら竿1本あれば、十分に対応できます!

 

私が初めて釣った大きめの淡水魚は、マブナでした!

9位鯉(コイ)

コイは、比較的簡単に釣れる大型の魚です!

最大で1mくらいになるものもいます!

 

わたしは、マブナの次に釣った大物がコイでした!

コイは、へら竿が1本あれば、場所にもよりますが狙えます!

 

かなり長い時期、コイ釣りを続けていたので、コイ釣りはめちゃくちゃ詳しいですよ!

とは言っても、コイ釣りにはいろいろなやり方があって、私はウキ釣り専門です!

 

コイ釣りは、練りエサが一番ですが、中でもスイミーが鉄板です!

 

市ヶ谷の釣り堀で使用しているものもスイミーです!

スイミーは、物凄い量の水を吸うので、もうこれ以上吸えないような状態にまで柔らかくして使います!

 

その際、仕掛けの投入によって餌が落ちてしまいますが、落ちないような技術を習得する必要があります!

 

それだけ柔らかいエサを使用しても、狙うタナは底なのでエサが落ちてしまうという心配がありません!

 

わたしは、コイ釣りを行う場合、1mの自作竿で仕掛けを竿の長さの倍にして、すぐ足元を狙います!

 

初心者の人ほど、なるべく岸から離れたところを狙いがちですが、実はすぐ足元にいるんですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました