失敗を過度に恐れる!不安で行動しないよりした方が成功への近道

失敗を過度に恐れる!不安で行動しないよりした方が成功への近道不安
スポンサーリンク

失敗を過度に恐れる!

失敗を過度に恐れて行動しないよりも、行動した方が

着実に成功への近道になるはずです。

 

勿論、その時の立場にもよりますが、失敗しても大丈夫

な環境にあるならば、大いに失敗はするべきだと思います。

失敗は許されない環境

会社などの組織に属していると、失敗が許されないという

ことは多分にあると思います。

 

むしろ、ほとんどがそのような環境だと思います。

 

それゆえに、私たちは失敗を過度に恐れてしまう習慣が

身に付いてしまっているのだと思います。

 

ちょっとした目の前の困難に、行動できずにいつまでも

躊躇してしまってはいませんか?

 

時間ばかりが経ってしまい、「始めていればとっくに成功

していたのに」と、思ったことはありませんか?

 

例え、失敗してその対応を含めても、終了して成功していた

かもしれませんね!?

 

勿論、取り返しがつかないような失敗は、許されませんよ。

 

でも、そうでなければ、私は失敗を恐れずに行動を優先した

方がいいと思います。

 

むしろ、失敗はドンドンするべきだと思っています。

 

失敗をすることで、明らかに経験値は増えるので、失敗した

ことが無い人よりも、より知識が身に付いていることは

確かです。

交通事故を体験したことがある人とない人

交通事故を体験したことがある人がいるじゃないですか。

 

交通事故は、体験しないことに越したことがないわけですが

体験したことがある人は、ない人よりも明らかに交通事故に

関しては、詳しくなると思います。

 

しかし、詳しくなるからといって、やった方がいいとは

なりません。

 

けど、このように体験をすることで、体験したことがない

人よりは、明らかに知識は身に付いています。

失敗はドンドンするべき

私は現在、ネットビジネスでブログアフィリエイトに

挑戦しています。

 

このブログで挑戦しているわけですが、自分が持っている知識

を再確認しています。

 

同時に、新たなSEOの手掛かりをブログを更新しながら

見つけています。

 

だから、大いに失敗することに意味があります。

 

ブログで失敗したからと言って、他の人に迷惑が

かかるわけじゃないじゃないですか?

 

組織でやっているわけではないので、気軽に失敗

ができるわけです。

 

それでも、一応は失敗しないことを心掛けているわけですが

失敗をすると、その対応に記事が増えた分余計に時間が

かかります。

 

それでも、失敗を恐れずに行動力を優先してやっています。

 

一番の目標は、行動力を身に付ける事なので、ドンドン先に

進めています。

 

失敗してその対応に時間がかかっても、その時にめげないような

行動力をつけるということが目的なので、ドンドン失敗して

います。

 

この間もお話をしましたが、今現在新たな記事がインデックス

されないような現象が発生しました。

 

今現在も続いています。

 

でも、じっくりと原因を追究し、ひるまずに前に進むことが

できるようになりました。

 

記事が増えてくると、ありがちなのがカニバリです。

 

恐らくその辺が悪さをしているのかと思います。

 

でも、その解決策も見つけることができました。

 

後はそれに向けて、時間をかけて対応していくつもりです。

 

そんな状況下でも、インデックスされるものも出てきました。

 

やみくもにすべてがインデックスされないわけでもなさそうです。

 

また、更新を続けることで、インデックスされなくても、何かしらの

評価はされているようなので、そのことがわかるだけでも更新する

意欲はなくなりません。

 

これが全く、評価をされなくなったら、恐らく更新意欲は完全に

なくなるでしょう。

 

その時は、インデックスされなくなった原因の追究に専念する

時だと思います。

 

今は、その時の困難を乗り越えるための行動力を身に付けている

といったところです。

失敗は成功の元

このように、失敗は明らかに成功の元なんですね。

 

失敗をすることで、どこが悪かったのかを追及しなければ

ならなくなります。

 

その時に失敗に向き合わず、避けていけば、何も進歩は

ありません。

 

徹底的に追及することで、やがていつかは諦めない限り

原因へとたどり着くことができるようになるでしょう。

 

その時は、自分に行動力も身に付いているだろうし、

失敗の原因も身に付いていることになります。

 

これだけを追求できるようになることによって、かなり

他の人からも重宝される人間へと成長することができる

でしょう。

 

私は、そうなることが目的です。

 

これが、他人から必要とされる人材になるということです。

 

このスキルを身に付けている人は、思ったよりも少ないと

思いますよ。

 

たったこれだけを身に付けることで、俄然有利になることが

できるのなら、やらない手はないと思います。

 

失敗は、成功のもととはよく言ったものです。

 

だから、失敗を恐れて行動できないなんてナンセンスです。

 

私の場合、「失敗は買ってでも失敗しろ!」というような心境です。

 

それで、失敗への対応に向き合える自分に歓びを感じて

余計にわくわくしてくるんです。

 

待ってろよ!失敗!

 

今に成敗してやるからな!

 

ってなもんですよ!

 

そういえば、先ほどお話をしていたインデックスをされない

件ですが、カテゴリーをコンテンツ化することでカテゴリー

配下の個別ページを見直すことで、再度中身の確認もできますし

それにより、カニバリの確認もできると思います。

 

私は、リライト処理が嫌いというお話もしましたが、カテゴリー

をコンテンツ化することによるリライト処理は、率先して

やる気がみなぎってきます。

 

ものは考えようでやる目的が鮮明になることで、やる気が満々に

なります。

 

今の文章もどこかに書いた内容ですが、この際カニばっても

構わないという意識で書いています。

 

それはなぜかというと、この文章を打つことに気を使いたくない

からです。

 

カニばったら、カニばったで、カテゴリーをコンテンツ化する時に

見直す作業で対応すればいいことです。

 

ともかく、行動力をつけること最優先で一日の作業量を何倍にも

していけば、今現在圧倒されてしまうような作業量を目の当たりに

しても、過度に恐れることは無くなってくると思います。

 

日記形式で気軽に記事を書いているので、カニばることは当たり前

です。

 

多少カニばったところで、ユーザビリティに反するかというと、

私はそんなことはないと思います。

 

そんなの屁理屈以外の何物でも無いように思うのは、私だけでしょうか?

 

私は、それよりも自分の行動力を身に付けることを優先して行動します!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました