ワクワク感を取り戻す!日常でわくわくしない・なくなった!

ワクワク感を取り戻す!日常でわくわくしない・なくなったわくわく
スポンサーリンク

ワクワクを取り戻す!

ワクワクというものは、日常でわくわくしなくなると

やがって、完全に無くなってしまうのではないか?と

思います。

日常でわくわくしない

日常でわくわくするということは、とても大事なことだと

思います。

 

子供の頃は、毎日学校に行けば友達と会えて、一緒に遊んだり

プールで泳いだりと、何かにつけてワクワクしていました。

 

大人になってからでも、会社に行くのが楽しみの人は、毎日わくわく

することができると思います。

 

私も会社に行くのは、楽しみのひとつでした。

 

仕事内容も大好きな内容だったし、同期の女子社員は

美人揃いだったので、それだけでも会社に行くのが

楽しみでした。

 

でも、大人になるに連れて、段々わくわくできる環境は

少なくなっていきます。

 

自分自身が、わくわくすることの重要さを知っていて

普段の日常でもわくわくできればいいのですが、わくわく感

を知らなければ、どんどんと醒めてしまい、やがてワクワク

とは無縁になってしまいます。

 

さらに大人は、「ワクワクなんてバカらしい!」

 

「そんなもんは、子供がするものだ!」

 

なんて、ワクワクすること自体に興味が無くなってしまう

ものです。

 

俗にいう興ざめ(きょうざめ)というやつですね。

 

ワクワクは、行動力の原動力となっているので

これが無くなってしまうと、何もやる気が起きなくなって

しまいます。

 

ワクワクさえあれば、あらゆる可能性が出てきますが

無ければ何の発展も望めないと思います。

 

ワクワクを上げるには、ポジティブな考えが基本になって

いると思います。

 

意義素:「高ぶっている感情のこと」

類語:「高揚した気分 ・ 興奮 ・ ハイテンション ・ ハッスル ・ 武者震い ・ うわずった気持ち ・ うわずった気分 ・ ハイな気分 ・ 高揚感 ・ ハイな心理状態 ・ 興奮状態 ・ 浮き立つ思い ・ ウキウキ感 ・ ワクワク感 ・ ルンルン気分」

参考:Weblio類語辞典「ワクワク感」

これだけの種類の類義語を見ても、どの言葉からも

エネルギーがもらえる言葉ばかりで、ポジティブ以外の

何物でもないですよね。

 

この感情の高ぶりを利用して、自分のテンションを上げることで

物凄くやる気がみなぎってくるんです。

 

でも、長いことわくわくしていなければ、ワクワクすることが

思いつかないので、自分のテンションをあげることはできない

んですよ!

通販はワクワク感

例えば、このブログのタイトルは、

通販はわくわく感|きっかけを私に!なんか頂戴!!

と言います。

 

通販をする時は、わくわく感がきっかけになるから通販を

したくなると思うんですよ。

 

私は、以前、通販で高額な買い物をバンバンとこれでもか!

これでもか!というくらいに買い物をしていました。

 

主に高額な買い物は、釣り道具でしたが、1本10万円くらい

するような釣竿を、何本も購入したり、1個何万円もする

電動リールを何個も購入していました。

 

その時は、欲しい電動リールや釣竿を、通販サイトで調べながら

できるだけ安いお店を見つけたりしながら、「思い切って購入するか!」

と、常にわくわくしながら通販を楽しんでいたんです。

 

ところが、最近ではここ数年、釣りは全く断っていて以前持っていた

釣竿をすべて処分した経緯があります。

 

なぜ、そのようなことをしたかというと、今の事業を安定させるために

そのような手段を取りました。

 

そうすることで、何がわかったかというと、「通販していない人には

通販する歓びはわからない」ということでした。

 

「美味しいパンが食べたい!」とか、「おいしい肉が食べたい!」

という時は、通販したりしていますよ!

 

でも、自分の趣味にお金をかけるのと、美味しいものが食べたいから

通販するのとでは、自分のワクワク感が全然違うんですよ!

 

まあ、現在の事業を安定させるために、釣りを断つと決めたので

自分の中では言ったことはちゃんと最後まで守りたいと思っています。

 

自分自身にうそをついてしまうわけにはいかないので、今後も

しばらくは釣り道具を通販で購入するわけにもいかないのですが、

あの時のワクワク感は、今の私は忘れつつあります。

 

そうなると、通販でワクワク感を上げようとしても、あまり具体的には

想像がしにくくなっているんです。

 

ワクワク感を上げようとした時に、より具体的にその時の幸せ感を

想像できることに越したことはなく、一番良いのは直接何か高額な

買い物をして、ワクワク感が上げられれば最高だと思います。

 

しかし、現在はワクワク感を上げて、現在の事業を安定させようと

している時期なので、直接高額な買い物をするというのは、ちょっと

的外れのような気もします。

 

如何に安定を取り戻した時の幸せな状態を想像しながら、ワクワク感を

上げるということが、このカテゴリーの趣旨なので。

 

今回は、通販を例に取って解説をしましたが、通販に限らず、ワクワク感

から遠のいていると、中々わくわくすることを想像するということも

困難になるということがわかったと思います。

 

ましてや、日ごろからネガティブなことばかり肯定していると

ネガティブから発生するのは、不安感です。

 

ワクワク感とは、真逆な効果が現れるだけだと思います。

 

何のためにネガティブを肯定しているのかわかりませんが

何かに挑戦しているのであれば、正直ネガティブは不要の

ものだと思います。

 

不安な気持ちが大きくなれば、やがて不安で不安でどうしようも

ない心境に駆られてくると思います。

 

仕舞には、身動きが取れないようになってくるのではないでしょうか?

 

歳を取ってくると、ワクワク感が現れる環境は、正直少なくなってくるとは

思います。

 

しかし、自分でワクワク感を意識してあげようと思えば、いくらだって

あげることができるものです。

 

なので、年輩の方は、ワクワク感をバカにしたりせずに、貪欲に

ワクワク感を取り戻し、幸せな気分になってやる気満々で

新たなやりたいことにチャレンジしてみてください!

 

成功のきっかけは、ワクワク感でやる気を最大限に引き上げることが

鍵だと思います。^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました