ツイッターを辞めたらわくわくできなくなった!やる気が出ない理由

やる気 ツイッターヤル気が起きない理由・改善方法

ツイッターを辞めたら、思わぬところに後遺症が出てきました。

ツイッターからは、あらゆる感情の重要さを学び、やる気を出すことに物凄く影響していました。

人は、感情によって物凄いパワーを発揮するので、これからもツイッターで感情に対するお勉強をしていきたいと思います。

一番の収穫は、恥をかくことの歓びを学んだことです。

《小鳥のさえずり・おしゃべりの意》インターネット上で、不特定多数の人に向けて140字以内の文(ツイート)を発信したり、また他の人の投稿を読んだりすることができるサービス。米国オブビアス(現ツイッター)社が2006年にサービス開始。2008年より日本語も利用可能になった。

参考:goo辞書「ツイッター の意味 」

スポンサーリンク

ツイッターを辞めたらやる気が出なくなりました!

ツイッターを辞めたら、やる気が出なくなりました!

 

その理由は、私はツイッターで感情をコントロールして

いたからでした。

ツイッターを辞めたらやる気が出なくなった理由

私は、ツイッターで自分自身の感情をコントロール

していました。

 

できるだけ、ネガティブなことには触れず、

ポジティブなことを意識していました。

 

朝の挨拶から始まり、自分が気持ちが良いことを

中心につぶやいていました。

 

いうほど、つぶやいてはいませんでしたが、私は

それで毎日わくわくすることができました。

 

それで、事情があって去ることになったわけですが、

ツイッターの影響ってこんなに凄いものがあったのかと

驚いています。

 

結局、身近に人と会っているような疑似体験ができるので

そこには人からのエネルギーをもらうことができるんですね。

 

本当にそのことに関しては、相手にしてくれた皆さんには

感謝してもしきれないことだと思います。

 

フォロワーの皆さん、どうもありがとうございました。

ツイッターを運営するにあたって

ツイッターを運営するにあたって、私は今後次のことに

注意をしていこうと思います。

 

つぶやく内容は、元気が出ること、おもしろいこと、

気持ちがいいこと、楽しいこと、感動すること、

おいしいこと、うれしいこと、喜べること、うまくいったこと

最高なこと、好奇心旺盛のこと、褒めることなど。

 

ばぁーっと、ポジティブなことを並べただけですが

これらのことに専念することが、とても大事なこと

だと思います。

 

わざわざネガティブなことは、自分からは発信

する必要はないと思います。

 

それで、ネガティブなことを言われた時は、素直に

謝る。

 

これが、ツイッター運営の秘訣だと思います。

 

1度、私はツイッターでいつものように気持ちよく

朝の挨拶をした時がありました。

 

私は、朝は9時半過ぎに朝の挨拶をすることが日課でした。

 

その時、「今頃起きてきて、おはようとは何事だ!」と

お叱りを受けた日がありました。

 

私は、すぐさま「どうもすいません。<(_ _)>」と

丁重に謝りました。

 

すると、その方は「謝らなくてよろしい!」と

許してくれました。

 

すかさず、私はものすごく気持ちが良くなって

いいね!をさせていただきました。

 

ちゃんと対処すれば、わかってもらえるということを

知り、ネガティブに接してしまった時は、素直に

謝る方法を身につけました。

 

私は、ツイッターでは常日頃からどのようにすれば

うまく渡り歩いて行けるかということを追及して

いました。

 

そこで、初めて感情の重要さを知ったのですが、

それまで感情ということを意識してこなかった

ので、ものすごく興味津々になれました。

 

どうしても、どこかに偽善を意識してしまうところが

あったので、どのようにすればそれが解消できるだろう?

と、真剣に考えました。

 

確かに、「感謝します」という言葉からは、「本当に

感謝しているの?」と、思う節が幾度となくありました。

 

どうしたら、「感謝します」という言葉を、素直に

受け入れてもらえるようになるか?

 

勿論、それには普段からの人間性というものが

物を言うようになるのだとは思います。

 

しかし、初対面でもいきなり「感謝します」という

言葉を、心の底から発していると思える人って

いるんですよね。

 

「ああ、この人は真剣に感謝をしているんだなー」

ということが、いきなり伝わってくる人です。

 

何が違うんだろう?って、その都度疑問に思いながら

研究ができたのもツイッターのお陰です。

 

あえて答えは言いませんが、ブログでは少しでも

ネガティブな表現になりそうなものは、避けた方が

いいということをお勉強したのもツイッターです。

 

先ほどの答えをいうと、ちょっとネガティブな表現に

なりそうだったので、控えたまでのことです。

 

このブログでは、既にネガティブなことが一杯書かれて

いますが、やる気を出すことがテーマなので、やる気が

出ない理由を書かなければどうしようもないので、それは

それで仕方が無いものだと思います。

 

ただ、書き方の表現によっては、もう少し気持ちが良くなる

表現になると思うので、それは今後の課題です。

 

どこかにも書いたのですが、グーグル先生はネガティブな

表現を嫌う傾向にあるような気がします。

 

というか、誰もがちょっと引っかかるような表現は

好きじゃないですよね。

 

どうせ書くなら、誰もが気持ちよく読めるような

文章で表現をしていくべきだと思います。

 

そのことはすべて、私はツイッターから学びました。

 

現在は、コロナ禍ということもあり、人と接する機会も

益々減っているじゃないですか。

 

そんな時、人と接している感覚にさせてくれるのが

ツイッターです。

 

やっぱり、生身の人間と接するということが、如何に

大事な事だということを痛感しました。

 

直接顔を見合しているわけではないですが、そのことに

より、普段では考えられないような幼少期に返って

わくわくすることができたりするので、そのおかげで

真剣に子供の頃の記憶を取り戻すことができました。

 

だから、現在の私の年齢は、「つぁんつぁい!」です。

 

家の中では、「つぁんつぁい!」、「つぁんつぁい!」、

「ぼくみっちゅなの!」などと、大の大人が幼少期に

返り、バカをやっている始末です。

 

というのは、嘘です!

 

これじゃあ、まるで幼児プレイじゃないですか!

 

やるわけないじゃないですか!そんなこと!

 

でも、かなり若返りもできていると実感して

います。

 

今度ツイッターに参加する時は、もっともっと面白い

ことをやりたいですね。

 

もっともっと、みんなで元気におもしろおかしく盛り上げて

元気パワーをたくさんもらいたいと思います。

 

その時は、よろしくです。

 

そういえば、恥をかいていないのが、やる気が出なくなった

一番の原因かも!?

 

ああああ、恥をかきたーい!^^v

関連リンクおすすめ

やる気が起きない理由には、その他にも様々な

ネガティブ要因が考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました