釣り初心者におすすめの道具|竿・リール・仕掛け・ルアー・エサ

釣り初心者におすすめの道具釣り

つりを始めたいと思った初心者の方は、最初の難関がつり道具選びではないか?と思います。

このページでは、つり初心者の方がつり道具を選ぶ時、何を基準に選べばいいのかを解説します。

 

スポンサーリンク

初心者におすすめの道具

つりとは、竿先につり糸をつけてその先についたつりバリにエサを付けて、魚の鼻っ先に垂らして引っ掛けることです。

 

こんな簡単なことなのですが、現在では釣る魚に向けて専用の道具が用意されています。

 

魚ごとに専用の道具が用意されているって、どういうこと?と思いますよね?

 

でも、大半はその魚のつり方の特徴により、使い分けています。

 

最大限につりの魅力が発揮できるように設計されています。

 

でも、魚の種類によっては同じ道具でも共有可能なものもたくさんあります。

 

当サイトのつりカテゴリーでは、初心者の方が始めたいと思ったつりに対して、どのような竿、リール、仕掛け、エサ(ルアー)を取り揃えればいいかをアドバイスします。

 

ハッキリいって、釣具というのは種類がたくさんあり過ぎです。

迷うのは、本格的に始めようと思ってからで充分です。

 

それまでは、安いけどちゃんとしたつりができるものを、揃えていけばいいのではないか?と思います。

 

見当違いのものを買ったら、やっぱり他のつり人からジロジロ見られて「はずかしい」というのがあるのも事実です!

竿

釣竿は、狙う魚によって使い分ける必要があります。

へら竿

へら竿は、ヘラブナを釣るために開発された竿です。

とても柔らかく、ヘラブナがかかるときれいな弧を描き、ヘラブナとのやり取りを楽しませてくれます。

 

へら竿が1本あれば、クチボソやオイカワ(ヤマベ)、ウグイ(ハヤ)、鯉(コイ)などの淡水魚のつりを楽しむことができます。

 

へら竿は、本来和の感覚を愉しむ釣りなので、段々と並み継ぎの竿が欲しくなってきます。
※並み継ぎ:1本1本ハメながらつなげるタイプ

 

でも、初心者の方は振り出し竿で十分です。
※振り出し竿:中から出して延ばすタイプ

 

長さにもよりますが、軽さ重視でカーボンロッドは最低限抑えておきたいところです。

渓流竿

渓流竿は、渓流に棲むヤマメ、イワナ、ニジマスなどのつりのために開発されました。

渓流つりは、目印を使って餌を急流に流すようなこともあるため、へら竿よりは硬い竿を使用します。

 

渓流竿が1本あれば、オイカワ(ヤマベ)、ウグイ(ハヤ)などのつりも楽しむことができます。

オイカワ(ヤマベ)、ウグイ(ハヤ)を釣るなら、へら竿よりも渓流竿の方が向いています。

 

クチボソは、物凄く小さい魚なので、へら竿の方が面白いです。

コイも狙えないことはないのですが、どちらかというとへら竿の方が面白いと思います。

磯竿

磯竿は、5.3mのものを使用するのが主流です。

 

磯竿には硬さがあって、クロダイ(チヌ)を狙うのなら、1号が主流です。

クロダイなら、リールのドラグを調整することで、例え50cmオーバーが来ても、つり上げることはできます。

 

メジナを狙うのなら、1.5号~2号

メジナは、クロダイと違い、物凄い勢いで下にもぐる動きをします。

 

正直、40cmオーバーになると、初心者には厳しいのではないかと思います。

1号の竿では、完全に伸されてしまうでしょう!

 

40cmオーバーを狙うのなら、2号アタリが無難だと思います。

 

かごつり仕掛けなら2号が主流です。

かごつりでは、5号程度のオモリを使用するので、2号以上は欲しいところです。

 

これらをつり初心者の方が、1本1本揃えていたのではキリが無いので、2号を1本用意することで、メジナにクロダイ、かごつりにも併用することができます。

 

磯竿を購入するのであれば、2号の磯竿をおすすめします!

鮎竿(あゆ竿)

鮎竿は、アユの専用竿です。

アユ以外は狙うことがありません。

 

アユ竿は、物凄く長いのでカーボンロッドが必要不可欠になります。

なぜなら、重くて持っていられなくなるからです。

 

その影響で高額になります。

最近の主流は、9mです。

 

つり初心者の人がいきなりひとりで鮎つりを始めるということもないと思います。

購入する際は、経験者の方と相談の上購入してください。

 

鮎つりは、道具を揃えるのが大変だし、つり自体も未経験者には敷居が高いです。

オトリアユ(友釣りの場合)も購入しなければならないですし!

シーバスロッド(スズキ竿)

シーバスロッドは、スズキを釣るための竿です。

アオリイカのエギングつりにも使用されることから、シーバスロッド1本あれば両方のつりを楽しめます。

 

イワシ、アジ、サバなどのボートからのサビキつりやハゼつりも使えますが、ちょっと長すぎる気がします。

 

ちょい投げ竿

ちょい投げ竿が1本あれば、イワシ、アジ、サバのボートからのサビキ釣りや、ハゼ、シロギス、メゴチ、カサゴなどの脈釣りに適してます。

 

また、淡水魚でもコイの吸い込み釣りやぶっこみ釣り、ウキ釣りなんかにも利用できます。

50cmくらいのコイなら、ちょい投げ竿で十分です。

 

ちょい投げ竿は、かなり万能なので、私は大好きです!

リール

3000番(ナイロン150m)

リールは、磯釣りで使うものは基本的に3000番がおすすめです。

メーカーにもよりますが、3000番だったら3号の道糸(ライン)が150m巻けます。

 

なぜ、3000番がいいかというと、巻いてあるライン(道糸)に巻き癖がついてしまうからです。

少しでもスプールの直系を大きくすることにより、巻き癖が強くつくことが回避できます。

 

3号の道糸が150m巻かれたものは、メジナ、クロダイ、かご釣りに使用することができます。

また、ハゼ、シロギス、メゴチ、カサゴの脈釣りや、イワシ、アジ、サバのボートからのサビキ釣りにも利用できます。

 

こう考えると、リールは3000番台だけあればいいと思います。

他の番台でも、利用は可能です。

3000番(PE0.6号)

3000番台のリールにPE0.6号を巻くことによって、マダイのタイラバ釣り、ひとつテンヤマダイ釣り、アオリイカのエギングに使用することができます。

 

勿論、磯釣り以外のリールを使う釣りにも使用できるのですが、PE0.6号は他の釣りに使うとちょっともったいないような気がします。

 

PE0.6号を巻く時は、下糸に予め巻かれてあるナイロン糸を切り、途中から繋げて巻くようにします。

仕掛け

現在は、あらゆる釣りの仕掛けが販売されているので、自分で作る必要がありません。

だから、初心者の方は、どんな釣りでも購入するだけで釣りができてしまいます。

エサ(ルアー)

エサは、釣りの対象魚によって、各ページで解説します。

色々と取り揃えるより、どれかひとつに決めて持参した方がいいです。

 

あれもこれもと迷うより、どれかひとつに決めた方がその分釣りに集中できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました