美味しい魚・釣り具・名船頭・ボート!釣りのきっかけはわくわく感

釣りのきっかけはわくわく!美味しい魚・釣り具・名船頭・ボートつり
スポンサーリンク

釣りのきっかけはわくわく感!

私は、釣り好きだった父親の影響で釣りが好きになりました。

釣りを始めたいと思うきっかけ

だから、物心ついた時から既に釣りを始めていたので

最初のわくわく感はわかりません。

 

でも、新たな釣りを始めたいと思う時、それがきっかけで

わくわくします。

 

例えば、私が父親に頻繁に連れて行かれた釣りは、

ハゼとシロギス釣りでした。

 

でも、シロギスは水槽に入れて飼えないじゃないですか。

 

厳密にいうと、飼えるのかも知れません。

 

でも、幼稚園レベルでは、シロギスなんて飼えないと思う

魚なんですよ。

 

バケツに入れていると、すぐに弱ってしまいます。

 

だから、その後は飼える魚の釣りをしたいと思いました。

 

私は、淡水魚釣りをやりたかったんです。

 

それで、頻繁に近所の池に毎日のように出向き

そこでフナやコイを釣っている釣り人の様子を

観ていました。

 

初めて釣りをしてみたい人の心境も同じだと思います。

 

みんな、釣りを始めてみたいと思う人は、釣りをしている

釣り人の姿を見てわくわくするから、「自分も始めてみたい」

と思うのではないですか?

 

釣りを始めたい

 

私は、その後クチボソ釣りから始まり、マブナにコイに

と、その池の釣りに夢中になりました。

 

その池では、何がそこまで夢中にさせるかというと

コイ釣りをする人の竿さばき方と、胴調子のへら竿の

半円を描くしなり方が物凄く、幼いながらも私の心に

突き刺さりました。

 

釣竿

 

コイがバレた時の竿の回し方や、魚が掛かった時の

周りに迷惑をかけないようにする取り込み方など、

上手い人は見事に竿を操るんですよね~。^^

 

東京都内で釣りができる公園

 

小学生ながら、私もあのようになりたいとわくわくと

心をときめかせ、念願の胴調子のへら竿をお年玉で

購入したことが超ドハマりのきっかけでした。

 

その後、「もっと釣りがうまくなりたい」という衝動から

ヘラブナ釣りにのめり込んでいきました。

 

へらぶなは、アタリが小さいので合わせるのが難しい

というところが、始めたきっかけでもありました。

 

父親にもヘラブナ釣りを憶えてもらい、月に2回の

ペースで、近所の釣り堀に連れて行ってもらいました。

 

あの頃は、本当に毎日のように釣りにわくわくして

いましたね。

釣り道具でわくわく

釣りを始めると、毎回釣り道具屋さんに行くのが

お決まりのわくわくコースです。

 

毎回エサを買わないといけないので、必ず週に

1回は釣り道具屋さんに通っていました。

 

その際に、新しい竿をチェックしてみたり、

何か良い釣り道具は無いものか?

 

吟味するのも最高の楽しみでした。

 

そういえば、頻繁にシロギス釣りをしていた頃

誕生日プレゼントに父親にシロギス用のマイロッドと

マイリールを買ってもらったことがありました。

 

その時は、最高にうれしかったのですが、私の

釣竿とリールは父親が管理していたため、ひとつも

マイリール、マイロッド感覚はありませんでした。

 

もしも、あの時、竿とリールを私に管理させてくれて

いたら、私はコイ釣りには走らずに、シロギス釣りの

達人を目指していたかもしれません!?

 

リール

美味しい魚を釣って差し入れにわくわく

ヘラブナ釣りにドハマりした後は、やっぱり海の

美味しい魚が釣りたいという衝動にハマりました。

 

酒を呑むようになると、美味しい魚が食べたくなる

じゃないですか!

 

みんなで宴会の時に、釣りたての美味しい魚が差し入れれば

物凄く喜んでもらえるんですよね。

 

だから、ひたすら美味しい魚釣りに目覚めたわけなんですよ。

 

主に、アジ、カサゴ、カワハギ、マダイに深場にイカ全般ですね。

 

みんなに喜んでもらえるので、釣ったその日には呑み屋で

思い切りわくわくしながら差し入れていましたよ。

 

アカムツやキンメやクロムツやイカなんかを差し入れれば、

そりゃあ、喜んでもらえますよね。

 

滅多に食える代物ではないですからね。

 

その喜びが、実はワクワク感だったんですね。

 

私は、海釣りの中でも、特に沖釣りが好きなので

ボート釣りにハマっていきました。

ボート釣りの名船頭にわくわく

ボート釣りの魅力は、何といっても、名船頭になることです。

 

名船頭になるということは、同乗者に目的の魚を釣らせる

ことが使命です。

 

そのためには、あらゆる魚のポイントを知り尽くす必要が

あります。

 

そのためのGPS魚探でのデータ収集は、必要不可欠です。

 

そのためには、文明の利器にお金をかけることは惜しみません。

 

GPS魚探で一番にお金をかけるのは、ソナーです。

 

今度ボートを購入する時は、スルーハルで超高価なソナーを

生け簀の排水溝に取り付けて、深場もバッチリと探れる仕様に

してみたいと思います。

 

今は、そのことを考えるのが、いちばんわくわくしますね。

 

ボートは、何を買おうか?どこに置こうか?とか

 

真鶴アタリに置けば、初島に行ったり来たりが容易に

なるんですよ。

 

初島には、マリーナもあるし、初島クラブもあるし。

 

魚だって、高級魚が釣れるし、そんなことを考えている

だけでも、幸せホルモンが分泌しまくりです。

 

大島にも行ってみたいけど、大島までは慣れないと滅茶苦茶

怖いだろうな~!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました