やらなければならないことができない!仕事が好きになるきっかけ

やらなければならないことができない!仕事が好きになるきっかけやる気
スポンサーリンク

やらなければならないことができない

今現在、やらなければいけないことができていない状態です。

 

その理由は、カニバリ対策をやっているからです。

 

カニバリ対策は、思った以上にやっぱり手がかかっています。

 

それで、ブログの更新の方もままならない状態です。

 

そんなことをいうと、なんだか言い訳をしていると思うかも知れません!?

 

実は今回は、やらなければならないことができない時はどうすればいいか?

について、考えてみようと思います。

 

私の場合は、このブログを毎日更新する習慣を身に付けたので、本来なら

毎日更新したいところです。

 

ところが、カニバリ対策を行っているので、このまま記事を更新するわけにも

いきません。

 

さっさとカニバリ対策を終わらせてしまえばいいのですが、結構手間取っている

状態です。

 

カニバリ対策自体、以前まではあまりの作業量のため、向かって行くことが

できなかった作業です。

 

それが、わくわく感を利用して、ブログの更新を習慣付けたことにより、

行動力がアップして、カニバリ対策の作業に向かっていく精神力が身に付きました。

 

最近では、実際に自分が頭で考えながら観る光景と、他の人が観る光景では

違っているということを意識し始めました。

 

人それぞれ、考え方が違うので、見えてる景色も違ってくるということです。

 

ということは、私が今まで圧倒される作業量に怖気づいていたことを

意図も簡単にやってのける人って当然のことながらいるはずです。

 

だとしたら、私が今考えている圧倒されて躊躇してしまうようなことは

錯覚ではないか?ということを感じています。

 

世の中にできないことはないと最近では思い始めています。

 

その結果として、カニバリ対策にも手を入れ始めることができるように

なりました。

 

普段は、このブログの記事も書かずに寝るところだったのですが、

昨日も記事を書けなかったので、書いてから寝ようと思ってこうして

書いているところです。

 

物事って、好きなことをやっている人には敵わないじゃないですか。

 

好きかどうかなんて、その人の考え方次第なんですよ。

 

わくわく感を利用すれば、全てが好きなことに変えられるのでは

ないか?って、今は思っているところです。

 

と言うことは、他の人とと差別化を図るためにブログの更新を

好きなことに変えてしまえばいいわけですよ。

 

これも、今現在、未だカニバリ作業は終わってはいませんが、

途中までやっている成果の現われなんですよ。

 

正直言って、私が現在やっているカニバリ作業は、このブログの

破壊作業です。

 

その作業をやることによって、グーグル先生がどのように評価

してくれるのか、全く見当がつきません。

 

やった直後は、全然アクセスが低迷したり、その次の日に

良い効果が確認できたりで、本当に怖いです。

 

でも、とことんやり切ることで、他の人が体験していない経験を

することができるのではないかと思うわけですよ。

 

それには、最後までやり切って、自分のモノにしないと意味は

ありませんが。

 

だから、私はさらに毎日毎日ワクワク感を高めながら、積極的に

その「やらなければならないこと」を好きになり、できないことを

やりたい作業にしていこうと思っています。

 

今なら、このような考え方ができるので、例えその作業がやりたくない

作業だとしても、やりたい作業にして好きになる事ができると思い込んでいます。

 

自分の脳みその常識なんか信じる必要はありません。

 

というか、既に私の脳みそは自分が見ていることは幻で、現実では

何でも思い通りにできるようになるという脳みそに変わりつつあります。

 

私は、その脳みそに従って、次から次へと行動を起こし、自分自身の

改革に努めたいと思っています。

 

今日は、つなぎの為に急遽、この記事を書きましたが、後々にこの記事も

活かしていきたいので、自分が今まで書いた記事を使える方向に考えて

行きたいです。

 

この間までは、ほとんど全部捨てるつもりでいたのですが、それでは

もったいないので、何とか生かす方向で手順書を考えてみようと思います。

 

 

好きな事なら、いくらでも考えることができるようになりますよ。

 

仕事を好きになることほど、心強いものはありません。

 

誰よりも好きになる事ができれば、負けることは無くなります。

 

その勢いで、他の人とは差別化を図っていきたいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました