キラーページへの誘導手順|雑記ブログでもいけると思うんです

キラーページへの誘導手順 アフィリエイト
スポンサーリンク

キラーページへの誘導手順

片っ端からアフィリエイト広告をペタペタと貼った手前

案の定、グーグル先生からは嫌われてしまったようなので

キラーページを導入することにしました。

 

そのお話は、前回「雑記ブログアフィリエイトのキラーページとは?意味と誘導

でさせていただきました。

 

やっぱり、何も考えずに片っ端からアフィリエイト広告を

ペタペタと貼ることは当然グーグル先生には嫌われますよね。

 

そんなことは、わかっていました。

 

今回は、キラーページに誘導する際にどのような手順で誘導

するか?

 

その手順を考えて行きたいと思います。

キラーページの作成

キラーページは、アフィリエイト広告を貼り付けるページ

です。

 

アフィリエイト広告を貼り付けたページは、当然グーグル

先生からの評価は落ちると思います。

 

ひょっとすると、落ちないのかもしれません。

 

なぜかというと、ある商品を説明している時、その商品の

説明だけをして商品へのリンクが無かったら、何の意味も

無いからです。

 

「そんなに良い商品なら、何で商品へのリンクがないのか?」と

怒られる場合もあるのかと思ったからです。

 

ちゃんとコンテンツも評価された場合は、商品へのリンクは

あるべき形だと思うので、そのようなケースではリンクがあった

方が評価はされるのかもしれません。

 

個別ページの作成

キラーページがあるということは、キラーページに誘導する

個別ページもあると思います。

 

別にキラーページだけでも問題はないのですが、キラーページを

押し上げる個別ページは必要だと思います。

 

キラーページを押し上げるのなら、個別ページはちゃんとした

コンテンツが書かれているのなら、多いことに越したことはない

と思います。

 

キラーページに対しての個別ページなので、当然広告は直には

貼らないことが前提です。

個別ページからキラーページへの誘導手順

個別ページを作ったからと言って、いきなり内部リンクを

キラーページに張るというのも、どんなもんかな~?と

思います。

 

別に張ってもいいんですけど、コンテンツを評価されていない

個別ページからいきなりキラーページにリンクを張っても

キラーページの評価は落ちるだけだと思うんですよ。

 

そういえば、誰かがキラーページは最初からseoのことは

考えていないようなことを言っていました。

 

私もそれはひょっとすると、一理あるのかもしれないと思いました。

 

でも、どうせならキラーページの評価も上がればいいのではないか?

と今のところは思っています。

 

だから、キラーページを作る際も、タイトルはSEOを意識しています。

 

ここでは、キラーページへの誘導の仕方について、考えているので

その手順について考えてみようと思います。

 

例えば、キラーページを1つ、個別ページをa、b、cと3つ作った

場合、最初はキラーページにはリンクを張らずに放置します。

 

キラーページと個別ページは、狙ったキーワードでそれぞれどのくらい

評価されているかはGRCなどのツールを使えばわかると思います。

 

例えば、個別ページaが評価された場合、初めてその時点でキラーページに

リンクを張ります。

 

個別ページbは、評価されていなければ、キラーページにリンクを張ることは

しません。

 

というような手順でリンクを張るようにすれば、キラーページの評価も上がる

のではないかと考えています。

 

評価された個別ページから順にキラーページにリンクを送り、キラーページを

押し上げるというのが、私の考え方です。

 

評価されていない個別ページは、更新をして評価を上げるようにして、

評価されたらキラーページにリンクを送るという方法でいいのかな?

って思います。

 

最終的には、a、b、cとすべて評価されることを目的として

3本からキラーページにリンクを送って押し上げるというのが

今の私の考え方です。

 

キラーページは、SEOを考えないという人は、キラーページを

押し上げることは考えておらず、キラーページに魅力的なタイトル

を付けることを考えているようです。

 

キラーページは鼻からseoでは勝負をしないようなことを

言われていましたが、その意味が私にはイマイチ理解できません

でした。

 

というのも、キラーページに誘導するのは個別ページの役割で

キラーページはSEOを意識していないので、順位は関係ない

わけです。

 

それで、魅力的なタイトルで誘導されてきた人を惹き付ける

ということですが、誘導されてきた時点で魅力的なタイトルが

必要かというのが、私にはよく理解できないんです。

 

誘導されてきた時点で、後はコンテンツでいいのかな?って

思うんですよ。

 

ひょっとすると、コンテンツも必要ないのかもしれないとも

思っています。

 

それならやはり、キラーページもseoで自ら順位を上げて

いきなりダイレクトに流入してもらうことを考えた方がいい

のではないか?と思ったりしています。

 

別に個別ページからリンクを張る際は、魅力的な文言を付ければ

いいのではないかと思います。

 

但し、キラーページにリンクを張る際にnofollowとfollowに違いが

あるとしたら、それは私が未だその違いについて理解をしていない

ので、わかりません。

 

今後、いろいろと試していこうと思います。

雑記ブログと特化ブログの違いについて

雑記ブログと特化ブログの違いについて、雑記ブログは様々な内容の

ものをごちゃ混ぜにして書くのに対して、特化ブログは1つのものに

ついて書くものと認識をしています。

 

雑記ブログが汎用ブログなら、特化ブログは専用ブログということが

言えると思います。

 

どちらが強いかというと、中身が同じものならそれは特化ブログの方に

分があると思います。

 

それはなぜかというと、特化ブログの方がキーがぶれないからです。

 

サイト自体でいうと、キーワードがまとまっているので、当然といえば

当然です。

 

しかし、雑記ブログで書いた内容の方がコンテンツが良かった場合

雑記ブログの方に分があるのではないでしょうか?

 

当然といえば、当然ですよね。

 

コンテンツが良い方が良いに決まっていますよね。

 

その場合の比較対象は、特化ブログはサイト全体で

雑記ブログの場合、1つのカテゴリーが比較の対象に

なります。

 

別にサイト同士で比較する必要が無いので、雑記ブログ

でもいけると思うんですよ。

 

もしも、雑記ブログだからという理由で特化ブログよりも

優れた内容のコンテンツが負けるとすれば、そこには

サイトのドメイン代をケチっているからとか、1つのドメイン

でたくさん儲けようとしているということをグーグル先生が

嫌うのはおかしいと思うんです。

 

そんなことを考えるわけないじゃないですか?

 

でも、ひょっとすると、雑記ブログの中のカテゴリーが別の

中の同一キーワードの関係で何か悪さをするのかもしれません。

 

カテゴリーが分かれた時の同一キーワードを、グーグル先生は

区別できるかできないかというお話です。

 

恐らく区別できないでしょうね~。

 

でも、ちゃんとカテゴリー別にキーワードをカウントすることが

できているのなら、話は別です。

 

いろいろと思い付きでしゃべってみましたが、イマイチ

頭が回っていないので、出来上がった文章が果たして

理解できるものに仕上がっているかどうかはわかりません。

 

また明日にでも、気が向いたら見直してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました