ぎっくり腰で尻を拭く方法!対策をして健康でやる気を出す!

ぎっくり腰で尻を拭く ヘルス
スポンサーリンク

ぎっくり腰で尻を拭く方法

ぎっくり腰で尻を拭く方法は、拭かないことをおすすめします。

その理由は、お尻が汚れなければ、拭く必要など無いからです。

実は、お尻が全然汚れなくなる方法を、偶然に発見しました。

その方法は、「オリゴ糖ですっきり」することです。

用を足した後は、ウォシュレットだけで大丈夫です。

温風ヒーターが出るタイプでは、そのままお尻を乾かしてパンツを履いてしまっても、

全然問題はないと思います。

ウォシュレットをしなくても大丈夫

ウォシュレットが無い人でも、恐らくお尻を拭かなくても大丈夫だと思います。

その理由は、紙で拭いても汚れたためしがないからです。

ウォシュレットがあれば、その方が清潔感を実感できるので、

痛みが無ければ大いに使った方がいいとは思います。

しかし、無ければ無いで、あまり気にする必要はないのではないでしょうか?

治るまでと割り切って、その間我慢をすれば、大丈夫だからです!

ぎっくり腰で尻が拭けない理由

ぎっくり腰で尻が拭けない理由は、腰が痛くてお尻に手が届かないからです。

お尻を拭く時は、何かにつけて腰が動いてしまいます。

そうなると、腰の神経がどこかに触れてしまうのか?

激痛が走ります。

大半の人は、それが怖くてお尻が拭けない状況に、追いやられてしまうのではないでしょうか?

椎間板ヘルニアを発症したこともあった

私は以前、腰の椎間板ヘルニアも、発症したこともありました。

その時は、立ち上がる時に1日1度だけ訪れる、「ピクリ」とする痛みが怖かったです。

その痛みは、決して激痛というわけではないのですが、

いつ来るのかわからなかったので、恐怖でした。

そんな痛みでも恐怖だったので、激痛が走るぎっくり腰は、恐怖以外の何物でもありません。

怖くて、トイレでお尻が拭けないのも、無理がない話です。

腰をひねったり、重い物を持ち上げようと力を入れたりしたときなどに起きる、激しい腰の痛み。椎間板ヘルニアの発症である場合もある。

参考:goo辞書「ぎっくり腰(ぎっくりごし) とは? 意味・読み方・使い方 」

ぎっくり腰でも尻が拭ける理由

ぎっくり腰でも尻が拭ける理由は、拭いても痛くないからです。

拭く時に激痛が走らなければ、何の問題もありません。

うまいこと、神経がどこにも触れない体制で、お尻を拭くことができれば、

ぎっくり腰でも、トイレでお尻が拭けるような状態になります。

私は、過去に一度、まぐれでそのような状態になったことがありました。

でも、その後はほとんど、できませんでした。

確かに、ぎっくり腰でも尻が拭ける状態になることはありますが、

あまり期待しない方がいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました