めんどくさいことがやる気になる方法!やりたくなるような考え方

めんどくさいことがやる気になる方法ネガティブ

めんどくさい事がやる気になる方法が知りたい!

このページでは、どうすればめんどくさい事がやりたくなるか?について解説をします。

めんどくさいと思う理由は、やることがわからない・やることに興味が湧かないからです。

この方法でめんどくさいことに、やる気が出せるようになりました。

スポンサーリンク

めんどくさいとは

めんどくさいとは、いかにも面倒に感じられるという意味です。

たいそう面倒である。いかにも面倒に感じられる。わずらわしい。

参考:goo辞書「面倒臭い(めんどうくさい) の意味」

やる前から構えてしまい、中々行動に移すことができないようなイメージがあります。

何かを始めようとした時に、「めんどくさい」ということがネックになり、行動できなかったということがあるのではないでしょうか?

 

めんどくさい事がやる気になる方法

めんどくさいことがやる気になる方法が知りたい!

その理由は、めんどくさいことを克服したいからです。

 

以下に具体例を解説します。

  • めんどくさいと思う理由
  • めんどくさい事に興味を持つ
  • やる内容を理解してやりたいことに変える

 

めんどくさいと思う理由

めんどくさいと思う理由が知りたい!

その理由は、めんどくさいと思う理由を追及しなければ、やる気になる方法が追及できないからです。

 

具体例

  • めんどくさいと思うのは 脳のクセ
  • やることがわからないとめんどくさい
  • やりたくないことをやろうとするからめんどくさい

 

めんどくさいと思うのは脳のクセ

めんどくさいと思うのは、脳のクセです。

脳は、何かをやろうとした時に、「めんどくさい」という指令を出して、そのことをやらせないように仕向けてきます。

あまり働きたくないからです。

だから、思い切り直球で勝負をしても、決してやる気にはさせてくれません。

結局、めんどくさいというのは錯覚なんですが、これがなかなか解除をするのが困難なんですよ。

こんなもんがなければ、世の中優秀な人だらけになると思うのですが、なんでわざわざこんな篩(ふるい)にかけるんですかねー!?

だから、脇から攻める必要があります。

それで脳に、やろうとしていることはひとつもめんどくさい事ではないと、理解させます。

やることがわからないとめんどくさい

やることがわからないと、めんどくさいと思ってしまいます。

その理由は、やることがわかると得意なことになるからです。

やることがわかるように、手掛かりを探して理解してやりたいことに変えていく必要があります。

やりたくないことをやろうとするからめんどくさい

やりたくないことを無理やりやろうとすると、めんどくさいと感じます。

やりたくないことを、無理やりやらなければならないということは、会社か何かから強制されていることではないでしょうか?

その理由は、やりたくないことは普通自らはやろうとはしないからです。

やらなければならないのなら、手掛かりを探して理解してやりたいことに変えていく必要があります。

めんどくさい事に興味を持つ

めんどくさいことに興味が持てれば、そのことについて調べてみようという気になります。

その理由は、興味が湧かないからめんどくさいと、何もやる気が起こらないからです。

では、どうすれば興味を持つことができるかですが、調べることに価値観を見いだせることができれば、興味を持つことができると思います。

以下に「価値観を見いだす方法」について解説します。

 価値観を見いだす方法

価値観を見いだす方法は、ポジティブな発想をすることです。

その理由は、ポジティブな発想をすれば、興味が湧いてくるからです。

自分が価値観を見いだせるような出来事を考えて、見つけることができれば興味を持つことができると思います。

こじつけでも何でもいいので、自分の都合のいいように考えて、ともかく興味が持てるように仕向けます。

以下に具体例を示します。

  • これをやれば、夢が実現できる
  • 自分が好きな人がやっていること
  • これを理解すれば、家族を幸せにすることができる
  • めんどくさいことこそ、世の中から求められている
  • めんどくさいはチャンスと捉える
めんどくさいはチャンスと捉える

めんどくさいということは、チャンスと捉えることができます。

その理由は、めんどくさいことは誰もがやりたがらないので、必要とされていることが多いからです。

やる内容を理解してやりたいことに変える

やることを知ることで、めんどくさい事をやりたいことに変えることができます。

その理由は、やりたいかやりたくないかは、やることを知っているか知らないかの違いだからです。

以下に、やることを知る方法とやりたいことに変える方法を解説します。

  • やることを知る方法
  • やりたいことに変える方法

やることを知る方法

やる内容を知るには、あらゆるヒントから調べていきます。

何をやろうとしているのか?さっぱりわからない場合、「キーワード」などからヒントを導いていきます。

1つのキーワードから、新たに次の疑問が湧いてくると思います。

それらすべてを辿りながら、徐々に中身を理解していきます。

この作業が一番めんどくさいのですが、「これができなければ夢の実現はあり得ない!」と理解して、最後まで調べ上げることが重要です。

やりたいことに変える方法

やる内容が理解できると、やりたいことに変わります。

やりたいかやりたくないかの違いは、自分がやる内容を知っているか知らないかの違いです。

自分が、やる内容を知っている段階で、それはもうやりたいことになっている筈です。

その理由は、周りの人に教えてあげられるという意識が働くからです。

承認欲求

承認欲求とは、自分が周りの人から認められる存在になりたいと思う欲求です。

周りの人に教えてあげることにより、周りから認められる存在になることができます。

自己満足

人が知らないことを知っているという自己満足が、自分を特別な存在に意識することができるようになります。

めんどくさい事を克服

めんどくさい事が克服できたら、何でもできる体質になることができます。

  • めんどくさい事に、向き合うことができるようになる
  • めんどくさい事に、じっくりと時間をかけることができるようになる
  • めんどくさい事がわかるまで、続けることができるようになる

まとめ

めんどくさいと思うのは、脳に仕向けられているからです。

めんどくさい事に価値観を見つけ出し、やる内容を理解してやりたいことに変えていきます。

やりたいかやりたくないかは、やる内容を理解しているかいないかの違いです。

やる内容を理解していれば、それは既にやりたいことになっている。

めんどくさい事が克服できたら、なんでもできる体質に変わっている筈です。

めんどくさい事に、じっくりと時間をかけて、わかるまで続けることができるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました