18ステラ|シマノのスピニングリールスプールの互換性

シマノのスピニングリールステラのスプール互換性リール
スポンサーリンク

シマノのスピニングリール18ステラのSPOOL互換性

シマノのスピニングリール18ステラSPOOLの

互換性についてわかりやすくしてみました。

 

18ステラというのは、ご存知の通りステラの2018年モデル

ということです。

 

現在の時点(2020年2月28日)で、ステラの最新モデルです。

 

シマノのスピニングリール18ステラには、#1000系、#2500系、

#4000系と、3つのスプール互換性があります。

シマノのスピニングリール18ステラ#1000系SPOOL互換性

シマノのスピニングリール18ステラ#1000系のSPOOL互換性は

わかりやすく図で示すと以下のとおりです。

18ステラ#1000系

左側がスプールで、右側が本体です。

 

シマノのリール名は、スプールと本体が一体化した

形になっているので、わかりづらいです。

 

スプールと本体の属性を分けることにより

ものすごくわかりやすくなります。

 

左側の18ステラ#1000系のスプールは

3種類のラインキャパを持つスプールが

あります。

 

右側には、3種類の本体があります。

シマノのスピニングリール18ステラ#1000系SPOOL

シマノのスピニングリール18ステラ#1000系のスプールは、

3種類のラインキャパがあります。

 

ラインキャパというのは、ラインキャパシティのことで

巻ける糸の量が異なります。

 

18ステラ#1000系のスプールなので、どれでも付け替える

ことが可能です。

 

sssというのは、スペシャルシャロースプール仕様

という意味で、超浅溝タイプのスプールとなっています。

 

sというのは、シャロースプール仕様という意味で

浅溝タイプのスプールです。

 

いずれも、スプールの属性です。

シマノのスピニングリール18ステラ#1000系の本体

シマノのスピニングリール18ステラ#1000系の本体は、

1000、C2000、C2500の3種類です。

 

Cというのは、コンパクトボディという意味です。

C2500というのは、2500よりもボディがコンパクトに

なっています。

 

PGというのは、パワーギア仕様という意味で

よりパワーが発揮される仕様になっています。

 

1000SSSPGのギヤ比は、1:4.6で、ハンドル

1回転につきベールが4.6回転します。

 

これは、パワーを重視しているために

あまり負荷がかからず、その分ベールの

回転数は少なくなります。

 

DHというのは、ダブルハンドル仕様です。

 

HGというのは、ハイギア仕様という意味で

よりより早く巻ける仕様になっています。

 

C2000SHGのギヤ比は、1:6.1で、ハンドル

1回転につきベールが6.1回転します。

 

XGというのは、エキストラハイギア仕様という意味で

HGよりもさらにスピードが出る仕様になっています。

 

C2500SXGのギヤ比は、1:6.4で、ハンドル

1回転につきベールが6.4回転します。

 

C2500SHGのギヤ比は、1:6.0なので、

C2500SXGの方が若干巻き取るスピードが

早いことがわかります。

 

いずれもリール本体に関する属性です。

シマノのリール名はSPOOLと本体が一体化

シマノのリール名は、スプールと本体が一体化した

形になっているので、わかりづらいです。

 

どういうことかというと、ステラのシリーズに

1000SSSPGというリールがあります。

 

どのようなリールかというと、本体が1000番クラスの

リールです。

 

スペシャルシャロースプール仕様(SSS)で、超浅溝

タイプのスプールです。

 

ギヤは、パワーギヤ(PG)となっています。

 

そのことを総称して、1000SSSPGという品番が

付けられています。

 

シマノの純正スプールには、本体とスプールを組み合わせた

品番が刻印してあります。

 

つまり、互換があるからといって違うスプールを使用すると

全く違った品番が刻印されているものを使用する形となります。

 

例えば、1000SSSPGのリールにラインキャパ2のスプールを

付ければ、ラインキャパ2のスプールはSなので、1000SPG

となるはずです。

 

しかし、ラインキャパ2のスプールには1000SPGなどという

刻印のものはありません。

 

ラインキャパ2のスプールを元々使用している

C2000SかC2000SHGのものを取り寄せて使用する

形になります。

 

この辺が、いくら互換性があるからと言っても

なんだかシックリとはこない点です。

#1000系18ステラ・ツインパワー・ヴァンキッシュ・ストラディック互換

#1000系の18ステラは、20ツインパワー・19ヴァンキッシュ・19ストラディックと

互換性があります。

#1000系18ステラ・ツインパワー・ヴァンキッシュ・ストラディック互換

#1000系の本体は、いずれも1000・C2000・C2500が対象です。

それぞれが、SPOOL1000・SPOOL2000・SPOOL2500に対応します。

 

スプールごとに、S(浅溝)、SSS(超浅溝)は決まっています。

 

19ヴァンキッシュのC2000だけは、スプール2000SSSに対応する

モデルがあります。

 

その他、19ヴァンキッシュ以外のモデルは、純正でスプール2000SSSに

対応するモデルはありませんが、互換性があるのでそのスプールも使用可能です。

 

だから、ここに記載されているモデルはすべて、4種類のキャパシティーで

スプールが使用できます。

 

しかし、他のモデルのスプールを使用することになるので、デザインに違和感が

あることは大前提です。

 

また、純正モデルには品番が刻印されているので、そちらも他のスプールを

使用する場合は、違和感があります。

 

スプール1000かスプール2000を使用する場合、夢屋のスプールを

購入すれば、品番は刻印されていないので、違和感は無くなるでしょう。

 

しかし、「STELLA」とは刻印されているため、他のモデルの場合は

違和感があるでしょう。

 

夢屋のモデルは、スプール1000が夢屋1000スプール

スプール2000が夢屋1000 N4010スプールに対応

しています。

シマノのスピニングリール18ステラ#2500系SPOOL互換性

シマノのスピニングリール18ステラ#1000系と同様に#2500系のスプール互換性を

わかりやすく図で示すと以下のとおりです。

18ステラ#2500系

シマノのスピニングリール18ステラ#2500系SPOOL

シマノのスピニングリール18ステラ#2500系のスプールは、

3種類のラインキャパがあります。

 

Mというのは、ミディアムディープスプール仕様という意味で

深溝タイプのスプールです。

シマノのスピニングリール18ステラ#2500系の本体

シマノのスピニングリール18ステラ#2500系の本体は、

2500、C3000、3000の3種類です。

#2500系18ステラ・ツインパワー・ヴァンキッシュ・ストラディック互換

#2500系の18ステラは、20ツインパワー・19ヴァンキッシュ・19ストラディックと

互換性があります。

#2500系18ステラ・ツインパワー・ヴァンキッシュ・ストラディック互換

#2500系の本体は、いずれも2500・C3000・3000が対象です。

それぞれが、純正スプール2500S・純正スプール3000・純正スプール3000Mに対応します。

 

スプールごとに、S(浅溝)、M(深溝)は決まっています。

 

ここに記載されている#2500系モデルはすべて、3種類のキャパシティーで

スプールが使用できます。

 

純正スプール以外にも夢屋のスプールが2500PE0820、2500PE1215、2500F6と3種類あります。

 

いずれも、ラインキャパシティは純正のものとは異なります。

 

こちらも同様に#2500系モデルはすべて使用できます。

シマノのスピニングリール18ステラ#4000系SPOOL互換性

シマノのスピニングリール18ステラ#4000系のスプール互換性を

わかりやすく図で示すと以下のとおりです。

18ステラ#4000系スプール

シマノのスピニングリール18ステラ#4000系SPOOL

シマノのスピニングリール18ステラ#4000系のスプールは、

3種類のラインキャパがあります。

シマノのスピニングリール18ステラ#4000系の本体

シマノのスピニングリール18ステラ#4000系の本体は、

4000、C5000の2種類です。

#4000系18ステラ・ツインパワー・ヴァンキッシュ・ストラディック互換

#4000系の18ステラは、20ツインパワー・19ヴァンキッシュ・19ストラディックと

互換性があります。

#4000系18ステラ・ツインパワー・ヴァンキッシュ・ストラディック互換

#4000系の本体は、いずれも4000・C5000が対象です。

それぞれが、純正スプール4000・純正スプール4000M・純正スプール5000に対応します。

 

スプールごとに、ノーマル、M(深溝)は決まっています。

 

ここに記載されている#4000系モデルはすべて、3種類のキャパシティーで

スプールが使用できます。

 

純正スプール以外にも夢屋のスプールが4000PE1015 、4000PE1215、4000PE2020と3種類あります。

 

いずれも、ラインキャパシティは純正のものとは異なります。

 

こちらも同様に#4000系モデルはすべて使用できます。

シマノ純正SPOOL

シマノのスピニングリール18ステラのスプール互換性は

大分スッキリしたのではないかと思います。

 

予備のスプールをお考えの方は、通販が便利だと思います。

 

リール部品取り寄せ

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました