水元公園 葛飾区|東京都内で釣りができる公園・ヘラブナ等

水元公園 葛飾区 東京都内で釣りができる公園東京都内でつりができるパーク

東京都内で良型のヘラブナを無料で釣ることができる水元公園のご紹介。

 

スポンサーリンク

水元公園の釣り葛飾区

水元公園というと、都会にもこんな自然が残されていたのかと

広大でワクワクするような東京都内の葛飾区にある、釣りができる公園です。

大きな川の反対側は、千葉県の三郷公園です。

 

川が千葉と東京の県境になっています。

 

釣り禁止エリアを除いて、ほとんどで釣りが楽しめます。

 

但し、リールは禁止のようなので、ルアー釣りや

コイの吸い込み釣りはできないようです。

 

でも、やっている人をみたことがあるので、場所によっては

大丈夫なところがあるのかもしれませんね。

 

まあ、無いとは思いますが、何かわかったら書き記しておきます。

内溜(うちだめ)のヘラブナ釣り

水元公園といえば、何といっても内溜(うちだめ)のヘラブナ釣りでしょう。

水元公園の内溜は、ヘラブナを毎年放流しているので

釣り堀並みに良型のヘラブナを釣ることができます。

 

でも、場所によるので、釣れないところでは当たり前ですが

釣れません。

 

釣り堀並みにヘラブナを釣ることができる内溜ですが

勿論無料です。

 

TSURINEWSさんの「今週のヘラブナ推薦釣り場【東京都・水元公園内溜】」に

物凄く詳しく書かれているので、参考にさせていただきました。

 

道路側桟橋

やっぱり、ポイント的にはTSURINEWSさんがいうように

道路側桟橋のトイレ~滝側にかけてですかね。

 

内溜は、今でこそ周りに桟橋ができましたが、昔は桟橋がありません

でした。

 

滝なんかもなかったです。

 

その当時から、トイレ~滝側周辺は超人気の釣り場でした。

 

道路側から釣りをすると、堰堤状の傾斜から釣らなければ

なりませんでした。

 

自作の釣り台を傾斜の先端にセットして、落ちないように

上からロープで釣り台の後ろ足に引っ掛けるようにして

常連さんは釣りをしていました。

 

その釣り台は、当時から常にポイントに置かれていたので

中々入り込むことは難しいです。

 

私は、そのような場所に入り込む時は、ビールを1ケース

持参します。

 

先に入っている常連さんにビールを渡しながら許可を得て

入れてもらえるようにしています。

 

今は、その場所にも桟橋ができたので、比較的釣りはしやすく

なりました。

 

しかし、竿掛けを固定するには釣り台は必須です。

桜土手

外溜と内溜の間の道路を桜土手といいますが、私は

桜土手沿いで釣りをして釣った試しがありません。

 

やるなら、やっぱり道路側桟橋が良いと思います。

舟釣り

後、貸し舟が道路側桟橋沿いにあるのですが

貸し舟ならポイントは船宿で教えてもらえます。

 

短竿で良型のヘラブナが釣り堀並み?に釣れるので

おすすめです。

 

釣り堀並みというと、ちょっと大袈裟かもしれませんが

ともかくヘラブナは濃いことは間違いないです。

 

最近は、行っていないので今はボートに変わっているかもしれませんね。

 

当時は、木造の舟でした。

 

舟でヘラブナ釣りをする場合、当たり前ですが竿掛けを

固定する万力は必須です。

道路側とは反対側にある桟橋

道路側とは反対側にある桟橋は、やったことがないので

わかりません。

水元公園 外溜(そとだめ)

それと、内溜は超人気釣り場なので、土日は入ること自体

至難の業なんですよ。

 

そんな時は、空いている場所がないので、しようがなく

外溜に入るのですが、外溜でもあまり良い思いをしたことは

ないですね。

 

だから、今の私だったら外溜ではヘラブナ釣りは諦めて

スイミーを餌にウキ釣りでコイを狙いたいと思います。

 

外溜にもヘラブナを放流しているのでしょうか?

 

あんまり釣り上げているところを見たことがないんですよね。

 

でも、いることは確かです。内溜ほどは期待できないです。

その他 外溜・内溜以外の大きな川

その他の外溜・内溜以外の広大な川ですが

クチボソや手長エビ、タナゴなんかも釣れます。

 

クチボソは、どこでも釣れると思います。

 

ポイント的には、どこで何が釣れるかはわかりません。

 

場所によっては、ヘラブナも釣れる場所があります。

 

1度内溜も外溜も入ることができず、大きな川で

ヘラブナ釣りをやったことがありました。

 

その時は、ウキで釣っている人には一切かからず

コイの吸い込み釣りでやっている人にガンガン

ヘラブナがかかっているのを見た時は衝撃を

受けました。

 

繊細な釣りが要求されるヘラブナが、吸い込み仕掛けで

釣れてしまうのが物凄くショックだったのを思い出します。

 

あの時のエサは、確かコイ釣り用のスイミーだったと思います。

 

当時は、未だリール規制もなかったので、そのような釣り方が

許されていました。

まとめ

水元公園は、本当に広大な東京都内で釣りができる公園です。

 

ヘラブナ釣りは、内溜が超おすすめですが、それ以外でも

探せば入ることができる場所を見つけることができます。

 

しかし、最近は足が遠のいていて、釣り自体はやっていません。

 

情報的には、かなり昔の情報です。

 

しかし、ついこの間様子をみてきたばかりなので、それほど

かけ離れてはいないと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました