思いやりとは感謝から生まれるの!?

思いやり 感謝サンクス

今後の共感力の強化のためにも思いやりを

磨きたいと思います。

世界で一番思いやりが持てるようになって

もっともっと良い人になりたいです。

スポンサーリンク

思いやりとは感謝から生まれる!?

他人の身の上や心情に心を配ること。また、その気持ち。同情。

参考:goo辞書「思い遣り(おもいやり) の意味」

思いやりとは感謝から生まれる

自分は、思いやりがある人間だと思っていました。

 

でも、違いましたね。

 

正直、そう思いました。

 

私が思いやりを持っている人は、自分に都合のいい

人たちだということがわかりました。

 

思いやりとは、「他人の身の上や心情に心を配ること」

だとするのなら、誰に対しても心を配ってあげなければ

ならないことなのではないかと思いました。

 

というのも、私は一昨日ツイッターを辞めました。

 

2日経って、謝っておけばよかったと、今は思っている

次第です。

 

信じてもらえないかもしれないけど、今の心境は本当に

そうおもっています。

 

売り言葉に買い言葉でお互いに敬遠する間柄になって

しまいましたが、もとはと言えば私に原因があった

のですから。

 

今は、素直に謝りたいと思います。

 

どうもすいませんでした。<(_ _)>

 

本当は、ツイッターを復活して直に謝ろうとも

思いましたが、それは相手が嫌がると思ったので

辞めました。

 

それと、その人を応援している人たちも

巻き込んでしまっていると思います。

 

その人たちにも謝ります。

 

どうもすいませんでした。<(_ _)>

 

如何にツイッターに依存していたかと

いうことですね。

 

私がなんで、今このようなことをしている

かというと、謝っておかないと人間的に

ダメだと思ったからです。

 

もしも最初から、全ての人に思いやりを持つことが

できたとしたならば、「この人はどうしてそんなことを

いうのだろう?」と、その人の身の上や心情に心を

配ることができていたかもしれません!?

幸せを考える優先順位

思いやり 感謝

幸せを考える優先順位って、まずは自分が幸せになり、

次に自分の家族や友達が幸せになり、そしてようやく

その他の人の幸せを考えることができるように

なってくるのだと思います。

 

その時に、分け隔てなく心を配ることが

できなければ、それ以上の成長はないと

思うようになりました。

 

一度、相手に寄り添ってから、この人は

どういう人かを判断しなければ、相手の心情

なんて理解できないと思います。

 

その後に、この人は付き合うべきかどうかを判断

してから付き合っていけばいいのではないかと

思いました。

 

売り言葉に買い言葉だと、感情が先走ってしまい

相手に寄り添うことなど、到底不可能だと思います。

 

私はそこまで人間ができていませんでした。

人の話には耳を貸さなかった

思いやりとは感謝

私は、以前人の話には一切耳を貸しませんでした。

 

全然、人の言うことを聞かなかったという意味ではなくて、人の話に興味がなかったということです。

 

人の話の重要さを認識していなかったので、そのような

習慣が身についていました。

 

ところが、今では人の話の重要さに気が付いて、何か

ヒントが隠されているのではないかと目を皿にようにして

物凄く興味が持てるようになりました。

 

だから、今回も自分には本当に思いやりがあるのだろうか?

 

自分が思いやりだと思っていることって、本当に

これで合っているよね!?という疑問からこんな

ことを考えるようになったんです。

 

私は、毎日瞑想をしながら、万物に感謝をすることを

憶えたので、そこから来ているのだと思います。

 

そういう意味でいうと、思いやりとは感謝から

生まれるということなのかもしれませんね!

 

いずれにしても、人が人を憎しみながら

ということは良いことでは無いので

私はこの場を借りて、もう1度謝りたい

と思います。

 

どうもすいませんでした。<(_ _)>

 

改めて出向いてこいとおっしゃるのなら

出向いていこうと思います。

 

ひょっとすると、このように思ったのも

今日のドラゴン桜を観たからかもしれません!?

共感力を身につけるには

思いやりと感謝

共感力を身につけるには、相手の気持ちに

寄り添うことができなければ、身につけられない

じゃないですか。

 

だから、尚更思いやりももっともっと磨いていこうと

思いました。

 

世の中の感謝できるものに対して、もっと

寄り添っていきたいと思います。

思いやりが余計なお節介にならなければいいけど

思いやり・感謝

思いやりが、「他人の身の上や心情に心を配ること」

だとすると、下手をすると余計なお節介になる恐れが

ありますよね。

 

私は、余計なお節介も大の苦手で、下手に

気を使って相手に余計なお節介だと思われる

ことに、ものすごく気を使います。

 

例えば、病気の知り合いに下手に気を利かして

元気つけようとする言葉をかけても、相手に

とっては迷惑なのではないか?と思って

辞めてしまうことが多々あります。

 

私的には、もう誕生日も必要ないので、祝って

もらわなくてもいいのですが、私以外の人

たちってどうなんだろう?って考えてしまう

時もあります。

 

でも、先ほどの定義からすると、

1度、相手に寄り添ってから、この人は

どういう人かを判断しなければ、相手の心情

なんて理解できないのなら、これからは

「お誕生日、おめでとう!^^」の一言

までは言えるように努力します。

 

何事も思ったことは、一生懸命に努力を

して実施していかなければならないこと

なので、恐らく実施していきます。

 

でも、下手に私から声をかけると

不快に思う人もいるのではないか?

と思っている自分もいます。

 

もっともっと自己肯定感をアゲアゲにして

いかなければダメですね!

 

わかりました。そうします!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました