どうでもいい自慢は面白い!

どうでもいい自慢は面白い やるき
スポンサーリンク

どうでもいい自慢は面白い!

どうでもいい自慢は面白いですよね!

なぜなら、鼻に付かないからです。

私は常々、自慢話は嫌いだと言い続けてきました。

でも、よく考えると自慢をするのは、私の専売特許だったんです。

どうりで、すらすらと文章を書くことができないと思ったら、肝心の自慢話をするのを忘れていたからだったんです。

でも、私がする自慢話は、どうでもいい自慢なんですよ!

たまに陰に隠れて、本気の自慢話が覗いてる時もあるのですが、それでもくだらない話ばかりなんです。

どうでもいい自慢をする理由

なぜ、私がどうでもいい自慢をしようと思ったかというと、わくわくするためです。

私は、普段からカッコ悪い事ができる人間に、憧れています。

カッコ悪いことを晒すことが大好きなんですよ。

それで、ツイッターでも、大分恥をさらすことができるようになりました。

カッコ悪い自慢話って、嫌みじゃないじゃないですか!

だから、自慢をしてもソウスカンは、喰わないわけなんですよ!

エッ!既にソウスカンは食らってるって!

ドキッ!

まあ、それも事実だから仕方がありません!

自分の信念を貫いて行動してきたので、色々ありますよ!^^

途中で自分の間違いに気が付いた時は、直していけばいいのですから!

ソウスカンを食らっている理由

私がソウスカンを食らっている理由は、許せないことがあったからです。

でも、いくら許せないことがあっても、そんなことはどうでもよくなってきたんです。

なぜなら、そんなネガティブな話をクソ真面目に訴えたって、それこそダサすぎです。

今までは、どうしても手放すことができなかったことが、馬鹿らしくなってきたんです。

いくら自分で、許せないって訴えたところで、それってまるで自分の正義感をアピールしているだけじゃないですか!

それは、私のカッコ悪いことを晒すことからは、完全に反しているんです。

でも、これが今まで私自身なのは、間違いありません。

許せないことが手放せなかったから、そのまま主張してきたまでの話です。

馬鹿らしいと思えるようになったので、やっと手放すことができるようになったんです。

クソ真面目になっていた

なぜ、私が許せないことが手放せるようになったかというと、あまりにもクソ真面目になっていたからです。

普段から、恥を晒すと息巻いてはみたものの、本当の恥も晒していたんです。

それが、どうでもいい自慢話をしてたことを思い出した時、あーもう馬鹿らしい!ってなれたんです。

昔の自分なら、そういう相手は褒めちぎっておちょくりまくっているところでしたから。

面白おかしくおちょくることで、相手のお鼻もへし折れるし、周りの雰囲気も壊さずに済むんです。

相手のお鼻もへし折れるなんて、ちょっとお下品になりましたが、大丈夫ですよ!

どうでもいい自慢を、全面復活していくので!^^

人から嫌われることにも慣れたことだし、面白おかしくしていくことに、全力を注いでいくつもりです。

わくわくできないと話にならない

結局、何が言いたいかというと、行動力をアップするには面白いことを考えることだということです。

わくわくできないと、話にならないんです。

毎日、わくわくしているつもりでも、昨日のわくわくする域には到達していないんです。

そうなると、どうなるかというと、行動できないんです。

最近では、本当にわくわくするのに骨が折れるんですよ!

わくわくのレベルが高すぎて、昨日のレベルに到達しなければ、行動する意欲が湧いてこないんです。

だから、人のことをおもしろおかしくおちょくることや、どうでもいい自慢のことが思い出せたんです。

ともかく、自分自身のわくわく感を上げるには、面白いことが何よりなんです。

どうでもいい自慢は面白いし、面白おかしくおちょくることも面白いですよ!

但し、公開はしませんから!

ひとりで、自分の中でひっそりとやるだけなので!

でも、強烈に大爆笑できるようなことは、公開していきたいと思います!

なぜなら、そんなこと黙っていれるわけがないからです!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました