ストレスから気を紛らわす!

ストレスから気を紛らわすモチベーション

 

スポンサーリンク

気を紛らわすとは

気を紛らわすとは、

関心を他に移すなどして、そのことがわからなくなるようにする。ごまかす。また、気持ちを他に向けてふさいだ気分などを晴らす。まぎらわす。

参考:goo辞書「紛らす(まぎらす) の意味 」

つまり、嫌なことから目をそらすという意味ですね。

ストレスを感じているということになります。

ストレスから気を紛らわす

ストレスから気を紛らわす方法が知りたい!

気を紛らわすということは、わからなくなるようにするとか、ごまかすという意味です。

決して、良いことではありません。

だから、気を紛らわしてはいけないことだと思います。

ストレスの対象に立ち向かって解決をしなければ、ダメだと思います。

タバコで気を紛らわしていた

私は、仕事をしていて、長いこと悩み続けて手が動かせないようになると、タバコを吸います。

本来なら、1時間に1本なのが、ストレスを感じている時は、何本も何本も立て続けに吸ってしまいます。

気を紛らわすという意識ではなく、無意識にです。

気が付くと、止まらなくなっていたという感じです。

ということで、そんなもので気を紛らわさないように、タバコを辞めることにしました。

気を紛らわすこと自体良いことではない

気を紛らわすこと自体、決して良いことではないかもしれません。

でも、そのまま続けていても、気分が煮詰まっちゃうだけなんですよ!

そんな時は、思わずタバコを吸っています。

そして、連続で2本、3本と吸ってしまうと、吸った後になんか嫌な感じになるんです。

腕立て伏せを10回やってみた

今日は、たばこの代わりに腕立て伏せを10回やってみたんです。

眠気を覚ます時に、腕立て伏せを10回やるのが効果的という記事を、どこかで見つけたからです。

でも、それほど眠気は醒めませんでした。

その後、タバコを一服しました。

禁煙は、明日からなので。

一応腕立て伏せは、明日から毎日10回ずつは続けようと思います。

瞑想をやってみた

私は、気を紛らわすために、瞑想を試してみました。

瞑想は、毎日寝る前にやっていることです。

それを、ストレスが溜まっている状態の時に、試してみたんです。

そうしたら、煮詰まっていた状態が、すっかりとリラックスすることができました。

瞑想は何かにつけて効果的

瞑想は、何かにつけて効果的なことを再確認できました。

結局、煮詰まっている時の状態は、疲れて頭が回らない状態みたいです。

ずっと張りつめている状態でした。

本来なら休憩をして、頭を休めなければならない状態でした。

でも、ゆっくり休憩を取りたい心境ではないので、そのままダラダラと考え続けてしまいました。

だから、何も良い案は浮かんでこないので、気を紛らわすような状態になってい有ようです。

ところが、瞑想をしたところ、

 

  1. リラックスできた
  2. 落ち着いた
  3. 再びやる気湧いてきた
  4. 感謝をすることを思い出した
  5. 疲れが取れた

状態になることができました。

休憩の時は瞑想をするのが超おすすめ

再び、先ほどまで煮詰まっていた内容に、向き合う気持ちが湧いて来ました。

休憩の時は瞑想をするのが超おすすめです。

ただ、漠然と休むより、瞑想をした方がよっぽどリラックスできますよ!

何か気を紛らわしたいと思った時は、瞑想をすることで再びやる気がみなぎってきます。

立ち向かって行く気が復活します。

もう、何かにつけて、瞑想をするのがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました