感謝でやる気を出す方法と理由!ありがとうの一言でみんな幸せ!

感謝でやる気 ポジティブ一覧
スポンサーリンク

感謝をするとやる気が出る理由

感謝をするとやる気が出るのは、世の中のあらゆるものから、恩恵を受けていることに気が付くからです。

なぜなら、世の中に存在しているものはすべて、必ず何かの役に立っているものばかりです。

その存在に気が付くことで、自分にも何かの役に立ちたいと、恩返しの気持ちが芽生えます。

これが、感謝をするとやる気が出る理由です。

感謝とは「ありがとう」の気持ちを伝えること

感謝とは、「ありがとう」の気持ちを伝えることです。

なぜ、「ありがとう」かというと、有ることが当たり前ではないからです。

有ることが難しいことなのに、有ってくれて「ありがとう」という意味です。

つまり、相手の存在に感謝をしているということです。

「ありがとう」というのは、「有難う」と書きます。

ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。

参考:goo辞書「かん‐しゃ【感謝】 の解説」

以下に具体例を解説します。

  • この世の全てに感謝できる
  • 感謝すると奇跡の存在を確認できる
  • 感謝すると不安を払拭できる
  • 感謝するとネガティブを手放せる
  • 感謝すると仲間意識が持てる

この世の全てに感謝できる

感謝は、この世の全てに感謝することができます。

感謝は、「ありがとう」の気持ちを伝えることなので、ポジティブな感情です。

つまり、この世の全てのことを、ポジティブな感情に変えることができるということです。

それだけで、やる気が出ないわけが無いことが、確認できますよね!^^

それだけ、感謝をするということは、とても素晴らしいことなんですよ!^^

感謝をすると奇跡の存在を確認できる

感謝をすると、奇跡の存在を確認できます。

奇跡の存在が確認できると、感動します。

感動すると、感情が高ぶるので、やる気が出ます。

以下に、具体例を解説します。

電化製品の場合

例えば、電化製品の場合、その中には物凄い量の部品が含まれています。

それらの部品のすべては、いずれも職人さんの手で丁寧に、丹精込めて作られた成功の逸品です。

そんな成功の逸品で創られた電化製品が、周りにはいくつもあることに気が付きます。

私たちは、普段からとてつもない量の成功の逸品に、囲まれながら生活しているんです!^^

あまりの量の多さに、圧倒されてしまいます。

それって、奇跡以外の何物でもないと思いませんか!?

私は、このことに気が付いてから、涙が緒緒切れました!

感動することで、最高にポジティブになれるんですよ!^^

感謝すると不安を払拭することができる

感謝すると、不安を払拭することができます。

その理由は、感謝することによって、ポジティブになるからです。

不安になるということは、考えずに行動を促していることになります。

そんな時は、「行動を促してくれてありがとう」と、感謝することができるんです。

ネガティブになると不安になる

ネガティブな感情を抱くと、最終的には不安になります。

不安になるから、冷静な判断ができなくなるんです。

そんな時、感謝をすることで、冷静さを取り戻すことができるんです。

不安の難易度と、不安に対する抵抗力にもよりますが。

不安に対して、心の底から感謝できれば、感謝できたという達成感からわくわくすることができます

わくわくできれば、やる気を出すことができるようになれるんです!

感謝をするとネガティブを手放すことができる

ネガティブに感謝をすると、ネガティブを手放すことができます。

その理由は、感謝することによって、ポジティブになるからです。

ネガティブな出来事にも、反面教師的に感謝をすることができます。

「『こんなことはやってはいけない』と、教えてくれてありがとう」

と、心の底から感謝できれば、ネガティブも手放すことができるんです。

不安を払拭してもネガティブを手放すことはできない

不安を払拭することができても、ネガティブを手放すことはできません。

今後、ネガティブにならないようにするには、個別にネガティブを手放してあげる必要があるんです。

ネガティブにならなければ、不安になることも無くなります。

だから、個別にネガティブを手放すことに、意味があるんです。

感謝をすると仲間意識が持てる

感謝をすると、仲間意識が持てるようになります。

その理由は、あらゆるものから恩恵を受けていることを、再確認できるからです。

自分が恩恵を受けていることが確認できれば、それは仲間以外の何物でもありませんよね!

意識をすればするほど、仲間意識が高まります。

仲間意識が高まると

仲間意識が高まると、相手のことを好きになることができます。

なぜなら、仲間だと意識するからです。

勝手に自分が、全く知らない人に対して、感謝するだけで、仲間だと意識することができるんです。

全く知らない人に感謝する

全く知らない人に、どうやって感謝するかというと、「居てくれてありがとう!」

これでいいんですよ!

なぜ、「居てくれてありがとう!」かというと、周りに誰もいなかったとしたら、物凄く寂しくなるからです。

人が傍に一人でも居てくれたら、それだけで全然寂しくなりませんから!

感謝するには、充分な理由です!

知らない人が知ってる人になる

感謝することで、全く知らない人が、知ってる人に変わります。

なぜならば、感謝した人だからです。

知らない人が、知ってる人になるだけで、安心感が違います。

海外で、日本人に会うだけでも、安心することができますよね!

それと一緒で、感謝をするだけで、勝手に仲間意識は持つことができるんです。

全ての出会いに感謝することで、たくさんの仲間ができたと、意識することができるんです。

感謝をしてもやる気が出ない理由

感謝をしてもやる気が出ない理由は、感謝の意味を理解していないからです。

なぜなら、感謝は「感謝します」と言えばいいというものではないからです。

毎日感謝しないと忘れる

感謝は、毎日する必要があるんです。

なぜならば、毎日しなければ、忘れるからです。

その時だけ、「感謝します」というのは、只の挨拶です。

次の日には、忘れていることでしょう!^^

感謝することは覚え辛い

感謝をすることは、覚え辛いです。

なぜなら、「感謝しろ!」と言われて、「はいそうですか!」と言って、できる人は少ないからです。

「感謝しろ!」と言われて、感謝できるのは、親の言うことを良く聞く良い子ちゃん以外はできないでしょう。

ヤンキーは、もちろんのこと、普通に育ってきた人だって、お寺のお坊さんや親に「感謝しなさい!」と言われて、できる人はいませんよね!?

感謝ができるようになるには、自分で感謝の凄さを知って、その気になる以外、方法は無いんですよ

感謝をするのは自分のため

唯一前向きに考えられる方法は、感謝をするのは自分のためだと、自覚することです。

なぜなら、感謝は自分がやる気を出すために利用することだからです。

じゃないと、「感謝なんてくそまじめなこと、やってられっかよ!」ってことになっちゃいますよね!

そうなると、全くその気にはなれないので、ものすごくもったいないと思います。

感謝は、やる気を出すのに物凄く有効な手段です。

最大と言っても、過言ではないと思います。

是が非でも、身につけたいことですね!

感謝が身に付けば思いやりを持つことができる

感謝をすることが身に付けば、思いやりを持つことができるようになります。

なぜなら、感謝は心の底から「ありがとう」の気持ちを伝えることだからです。

心がこもっていなければ、全然効果なんかありません。

だから、真剣に心の底から感謝する必要があるんです。

最初は自分がやる気を出すために身につけた手段

確かに、最初は自分がやる気を出すために身につけた手段かもしれません!?

ですが、本気で感謝をしているうちに、本気で感謝ができる人間へと、変貌していくんです。

そうなると、心の底から感謝をするのが、当たり前だと思うので、

人に思いやりを持つことができるようになるんです。

そこには、偽善者意識なんて微塵も存在しないんです!

感謝してやる気を出す方法

感謝してやる気を出すには、心の底から「ありがとう」の気持ちを伝えます。

別に面と向かって言わなくてもいいんですよ!

自分の中で、本気で感謝をすれば、それでいいんです。

その気持ちは、毎日感謝することです。

じゃないと、忘れてしまいます。

毎日感謝することで、その思いは徐々に増幅されて、頭の中に焼き付きます。

そうなると、恩返しの気持ちが芽生えます。

その気持ちを、やる気パワーに変えることができれば、とてつもないエネルギーに変えることができるんです。

これが、感謝してやる気を出す方法です!

関連リンクおすすめ

感謝が最強!すべてのネガティブは飲み込んでしまえばいい!

感謝されると恐縮するのを克服したい!相手に変な気を使わせない

元気を出してやる気を出す方法!朝の挨拶は無礼講が最高!

コメント

タイトルとURLをコピーしました