行動の思考一貫性の法則!休み明けは気が緩むので通勤が辛くなる

気が緩むとやる気が出ない!休みがあると反動で社会復帰が大変アクション
スポンサーリンク

行動の思考一貫性の法則!休み明けは気が緩むので通勤が辛くなる

気が緩むと、社会復帰が大変です。

休みが明けて通勤する時、会社に行っても反動で、全くやる気が出ないですよね!?

一貫性の法則とは

人は自身の行動、発言、態度、信念などに対して一貫したものとしたいという心理が働く。

参考:ウィキペディア「一貫性の原理」

サラリーマン時代は休み明けが辛かった

サラリーマン時代は、土日が休みだったので、月曜日に出勤するのがとても大変でした。

 

毎日一貫した習慣を続けているうちはいいのですが、土日の休みには気が抜けてしまいます。

 

毎日の疲れを癒すため、土日は通勤が無い分、いつもよりも遅い時間に起きていました。

 

土日の休みなら未だしも、夏休みともなると9日間は休んでいたので、それこそ休み明けは中々会社に足が向きませんでした。

 

私と同じような考えの人が、たくさんいるのではないでしょうか?

 

会社に行っても、さあ仕事を始めようとは、すぐにはならないものですよね。

 

恐らく、完全に社会復帰するまでに、2、3日はかかっていたかもしれません!?

子供の頃はもっと地獄

そういえば、子供の頃なんかもそうでしたよね。

 

子供の頃の場合は、夏休みなんて40日間くらいありましたから!

 

それこそ、社会復帰するのは容易ではありませんでした。

 

増してや、夏休みには大量の宿題なんかもあったので、それこそ地獄の苦しみでしたね。

昨日は全く毎日の日課ができませんでした

実は、今日の作業なのですが、とても社会復帰するのが困難でした。

 

というのも、昨日は全く違う作業に丸1日かかってしまい、毎日の日課を一切することができませんでした。

 

別に丸1日遊んでいたわけではないですよ。

 

昨日は、新しいパソコンを購入しに行って、そのセットアップに丸1日かかってしまったんです。

 

お昼過ぎからパソコンを買いに行って、夜の8時頃からセットアップを開始したのですが、その作業を終了したのが、夜中の2時過ぎでした。

 

2時過ぎからいつもの日課の作業を開始しようとしたのですが、もう疲れ果てていて、瞑想するのが精いっぱいでした。

 

せめて、明日への活力にということで、瞑想だけは欠かさずに眠りに就きました。

 

それで、今日の朝を迎えたのですが、全くやる気が起きなかったんです。

 

それでも、気が進まない作業を続けていたのですが、反動が強すぎて要約今この時間になって、ブログを書く気になれたところです。

毎日一貫した作業を何年も続けている

私は、これまで毎日一貫した作業をもう何年も続けてきました。

 

たまには用事でちょっと離れたところまで、出かける時はありましたけど、基本的には毎日続けてきています。

 

そこへきて、昨日は朝の数時間は毎日の作業ができましたが、それ以外は全くできませんでした。

 

いつもの作業とは、全く違う作業に丸1日使ってしまった結果、すっかり調子を崩されました。

 

私にとって、昨日の作業は試行錯誤しながらの作業だったので、わくわく感を上げることもノーマークでしたし、作業的には仕事という位置づけではありませんでした。

 

どちらかというと、遊びの延長みたいな感覚で、それでもすんなりいかなかったので、かなり悩まされました。

 

そんな状況で、1日が明けたわけですが、昨日の感覚が丸1日さぼったような感覚なんです。

 

今日の社会復帰がものすごく大変だったんです。

 

別にサボっていたわけではないのにです。

 

これって、考えてみると、以前のサラリーマン時代の時の感覚よりもさらに大変だったんですよ。

 

サラリーマン時代だったら、会社に到着さえすることができれば、周りの雰囲気は既に会社モードになっているので、やむなく作業には取り掛かることができるじゃないですか。

 

ところが、自分自身でやっていると、周りにはそのような環境は無く、自分自身でやる気を出して作業に当たっていかないと致命傷となってしまいます。

 

そんなことを考えていると、益々不安感に苛まれてしまいます。

 

だから、益々やる気が出ないような、何とも言えない焦燥感の1日でした。

 

毎日コンスタントにやる気を出して、丁寧に作業に当たっている時こそ、その反動はとても巨大になって跳ね返ってくるものだと実感しました。

解決策はわくわくすること

その解決策は、いつものようにわくわくするようなポジティブな感情に自分を持って行くことです。

 

いつも、わくわくするポジティブな環境に持って行くことは、作業をした後に実施しているのですが、今日はその場で瞑想を開始しました。

 

落ち着くまで、何回も深呼吸をしながら、延々と瞑想した結果、1時間くらいで落ち着きを取り戻すことができました。

 

普段の日課の作業以外のことに没頭すると、まるで何もやっていなかったかのような意識が働くことが、初めてわかりました。

 

それに、昨日は普段やり慣れない作業だったので、そのことが影響したのかもしれません!?

 

ちょっと、あまりにも真剣に悩み過ぎたので、大分入り込んでいたのが良くなかったかも!?

気が緩むと怠け癖がつく

気が緩むと、やる気がなくなります。

「緊張感がなくなる。気持ちの張りがなくなる。」

参考:goo辞書「気が緩む」

 

どういうことかというと、学校でテスト期間が終わったら

気が緩んでしまい、当分の間勉強をする気にはなりません

でしたよね。

 

テスト期間中は、気持ちが張りつめていて緊張感が半端

ではありませんでした。

 

しかし、それが終わってしまうと、張りつめていた緊張感も

弛ん弛んに弛んでしまいます。

仕事でも気が緩んでいた

私は、これを仕事の時にも経験していて、1つの仕事が終わるごとに

気が緩んでいたことを思い出しました。

 

下手をすると、元に戻るのに2、3日かかっていた時もありました。

 

気を引き締め直さなければ、次の仕事にとりかかることができませんでした。

気が緩んでやる気がなくなっている

なぜ、今そのようなことを思い出したかというと、今現在気が緩んでしまい、やる気がなくなっていることに気が付いたからなんです。

 

そうは言っても、毎日作業自体は続けています。

 

しかし、以前の意気込みは、大分薄れていることに気が付きました。

 

どのように薄れているかというと、そういえば1日の終わりの自分に対する問いかけに「ちゃんとした」とは答えられない状況でした。

 

それなりに作業は続けていたけれど、どう考えても「ちゃんとしている」とは言えないような状況です。

 

毎日の日課の瞑想も、ここのところ手一杯だったので、2日ほどさぼっている状態でした。

 

今日は朝起きるのが、めちゃくちゃ辛かったです。

 

記事だって、以前は毎日1記事アップしていたのに、ここんとこ更新ばかりに明け暮れていて全然新規にアップしていないんですよ。

自分の信念もブレブレ

それに、二転三転、自分の信念がブレブレになっているんです。

 

迷いが生じていて、日によって考え方が変わってしまうような状態です。

以前のやる気を取り戻している

それで、これではいかんと思い、以前のやる気を取り戻すために、こうして日記形式の記事を書いているところです。

 

昨日は、ブログ記事の書き方の動画を5本見て、勉強していました。

 

でも、それでは自分のリズムに乗れないから、とても記事が書きづらいんですよ。

一番の目標は行動力を身に付ける事

私の現在の目標は、1番にともかく行動力を身に付ける事というのがあります。

 

それは、毎日ブログを書くことなんです。

 

ともかく、書くことに重点を置いて、取りあえずは日記形式でもいいという考えです。

 

でも、日記形式では記事が評価されないし、カニばってしまうので、後々にはなおしていかなければなりません。

 

でも、行動力が身に付けば、そのへんはどうにでもなると思っています。

 

それに、日記形式でも一時的には評価が良くなるので、まんざら全く意味が無いわけでもありません。

 

でも、直ぐに急落しますけど。

 

だとしたら、まずは日記形式で、カニばっても良いから記事を書き、やがてその日記形式の文章からちゃんとした形のものに変えていこう、或いはすべて捨てていこうと考えています。

 

今ブログに書いていることは、その時々で実際に体験をしていることです。

 

リライトって本当にめんどくさいというか、手間がかかってしょうがないです。

 

ブログ記事は、1記事1記事キーワードを意識しているので、キーワードさえわかれば、後で幾らでもその時々の内容を思い出すことができるんです。

 

だから、何も過去記事をリライトしなくても、記憶をたどれば、書き上げることができるんです。

 

今現在、ブログの正しい書き方だって、身に付いていないですし、どれが正しいのかだってわかっていない状態なんです。

 

わかっていないことだらけで、何が何だかわからないような状態になっています。

 

だとしたら、今できることは行動力を身に付ける事です。

 

それに、昨日は失敗を恐れて行動できなくなる理由がわかったので、これからは失敗を恐れずに行動できるようになりました。

 

失敗がなんぼのもんじゃい!という感じです。

 

そういえば、昨日は過去記事をつぶして新たに同じキーワードで記事を書きましたが、書く内容って驚くほど似通っているんですよね。

 

そんなんであれば、過去記事をリライトなんてする必要がないじゃないですか。

 

それに、私の記事はカニばっているから評価をされないのではなく、タイトルに対する答えが書かれていないことが原因かもしれないので、それも含めて何一つわかっているわけではないんです。

 

1つわかっていることは、ブログは新規に記事をアップすれば、一時的には評価が良くなるということです。

 

行動力以外のスキルは、行動力を身に付けた後に身に付けていく予定です。

 

そうは言いつつも、その時々で気が変わったりもするので、なすがままに行動していくつもりです。

 

そうそう!

 

それに、今回気が緩んでしまった原因のひとつに、2日ほど私用で休みが続いたせいもあります。

 

言い訳に聞こえますが、事象を説明するためには、それも必要かなと思いました。

 

俗にいう休みボケってやつですが、毎日休まずに作業を続けていると、たった1日の休みが命取りになると思いました。

 

私用なので、仕方がないことですが、そんなことは脳は知ったこっちゃないんですよ。

 

毎日やっているだけに、たった1日の休みが物凄い反動で返ってくるんですよ。

 

丸々1日休んだわけではないですよ!

 

帰ってきてからは、それなりに作業は続けている状態なんですよ。

 

それなのに、徐々に徐々にやる気が阻害され、気が付いたらある程度はどうでもいいような考えが頭をよぎるようになっていました。

 

どうでもいいって考えてしまうんです。

 

知らず知らずのうちにそのような状態になってしまうので、これはやばいと思い、さっき急遽瞑想をしてみたんです。

 

そうしたら、正味5分で、「これではいけない!」と思い出し、今慌てて記事を書いている状態です。

 

取りあえず、今日のところは、1記事書き終えたので、ノルマは終了することができました。

 

これで、今日は自分自身の問いかけに「ちゃんとしている」と、答える事ができます。

 

この「ちゃんとしている」と、毎日欠かさずに確認することが重要なんですよ。

 

「ちゃんとしている」と答えられなかった時って、自分のことを信用できなかった時ですからね。

 

後、規模がでかくなると、何が何だかわからなくなるので、そういう時は規模を分けて小さくしてからひとつひとつ丁寧に考えて行く必要がありますよね。

 

あっちもこっちもそっちもどっちもすべて自分が管理者なので、それらをひとつひとつ丁寧にゆっくりと見ることができるスキルが必要なんです。

 

そのためには、まずは行動力を身に付けることが最重要です。

 

意識は、とことん失敗してやる意識で行動しています。

 

とことん失敗して行かないと、中々何が悪いのかわからない状態なんです。

 

とことん失敗していけば、やがて何がわからないのか?

炙り出されてくるのではないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました