パンツにうんこがつく!対策をして健康でやる気を出す!

パンツにうんこがつく ヘルス
スポンサーリンク

パンツにうんこがつく理由

パンツにうんこがつくのは、スッキリできていないからです。

その理由は、拭き方が悪いか、或いはべっとりだからです。

私は、グンゼの少年パンツが小さい頃から嫌いでした。

それは、恐らく股間は黄色く目立つし、おしりにはすじうんこがつくからです。

その影響で、普段は食い込まないパンツを履いています。

だから、パンツにうんこはつきません。

しかし、それでは何も根本的には解決していません。

スッキリできていないことに、問題があるからです。

パンツにうんこがつかない理由

パンツにうんこがつかないのは、スッキリできているからです。

その理由は、スッキリしていれば、スルッとしているからです。

スルッとしていないのに、ちゃんと拭いてる人は、立派です。

しかし、汚れを落とすためにごしごし拭くのも、肛門のためにはよくありません。

理想は、スッキリすることです。

スルッとしていれば、ごしごし拭く必要もありません。

トイレットペーパーをお尻に軽く当てて、何もくっつかなければ最高です。

パンツにうんこがつかない方法

パンツにうんこがつかない方法は、スルッとすることです。

その理由は、肛門を痛めることが無くなるからです。

実は、その方法を偶然発見しました。

「オリゴ糖ですっきり」することです。

パンツにうんこがつくとどうなる?

パンツにうんこがつくと、時と場合によっては本当に興ざめします。

その理由は、様々なシチュエーションが想像できます。

以下のそのシチュエーションをご紹介します。

子供の頃パンツにすじうんこ

子供の頃、パンツにすじうんこがついていると、最悪です。

その理由は、誰かに見られた時、みんなに言いふらされてしまうからです。

プールの着替えの時に、パンツを脱ぐと思い切り、お尻の穴の部分がど真ん中にきます。

そういうのを、発見するのが好きなやつは、必ずチェックしています。

パンツは突然脱ぐ機会がある

パンツは、突然脱ぐ機会があります。

その理由は、いつどこで何が起こるかわからないからです。

突然の不意な事故により、パンツにしみ込んだすじうんこを見られたらどう思います?

その時は、気が付かなくても後で思い出したら、ストレスになりますよね。

普段から、気を付けていれば後でストレスになることもありません。

何の気遣いもせず、自由奔放に脱げた方が、最高ですよね!

温泉に行った時

温泉に行った時、いい歳こいたおっさんがよれよれのブリーフに、すじうんこをつけてることがよくあります。

そんな時に限って、思い切り発見してしまいます。

それこそ、興ざめです。

そういうおっさんに限って、いきなり湯船に飛び込んだりします。

そのおっさんというのは、何を隠そうこの私です!^^

老人介護

年寄りの老人介護の時は、パンツを脱がされることは当たり前にありますよね。

なぜならば、お風呂に入れてもらう時があるからです。

そんな時、パンツにすじうんこが確認されることがあるのですが、

お年寄りだって、そんなのは恥ずかしいに決まっています。

何歳になっても、恥ずかしいことは恥ずかしいので、

うんこがつかないようにしてあげるべきだと思います。

関連リンクおすすめ

ぎっくり腰で尻を拭く方法!対策をして健康不安を解消する

コメント

タイトルとURLをコピーしました