責任感をもってやる気を出す!じゃないと不安でやる気は起きない!

責任感をもってやる気を出すヤル気を出す方法

責任感をもって物事に対応すると、やる気がみなぎってきます。

手を抜くと、不安からやる気は出なくなります。

自信満々でいたければ、責任感を持って物事に対応していくべきです。

スポンサーリンク

責任感をもってやる気を出す!

物事は、責任感をもって対応していかなければ

誰からも認められることはありません。

 

責任感を持つことに、どこにやる気が出るかというと

責任感を持ったもの同士がわかりあえるという

ところです。

 

それぞれが、責任感を持って対応していることで

お互いにお互いを信頼できるというところに

魅力があります。

 

その様子を傍から見ていたと仮定して、それぞれが

自分の担当のところは責任を持って当たっている

ところが、自分もその仲間に入りたいという意識

が芽生えるからです。

 

人から認めてもらうことも、人のことを信頼して

安心してそこの部分を任せる事ができるのも

どちらも物凄くやる気が出る事柄です。

責任感も持たずにいい加減なことをやっていると

もしも、いい加減なことをやっていて、ロクに

責任感も持たないとするじゃないですか。

 

それだと人からは信頼されないし、まずやり甲斐

が起きないでしょう。

 

それに、責任感がないというところでは恐らく

一生懸命作業には当たっていないことが予想

できます。

 

そうなると、突っ込みどころが満載となって

びくびくと怯えながら、作業に当たることに

なるでしょう。

 

それだと、不安不安で当然やる気なんか

起こるわけがありません。

 

物事というのは、真剣に取り組めば取り組むほど

物凄いパワーが発揮されます。

 

自分がやったものに関しては自信が生まれ、

誰かがケチをつけようものなら、絶対的自信が

相手を打ち負かしてしまうものだと思います。

 

迫力が違ってくるんですよねー。

 

だから、誰にも負けたくなかったら、自分が

担当したものには、誰よりも勝っていることが

必要なんですよ。

 

それが、責任感をもって作業に当たれば

やる気がみなぎってくるということだと

思います。

 

下手に手を抜くと、必ずそこは絶対に誰かしらから

突っ込まれるポイントとなります。

 

如何に誰からも突っ込まれないように、自らウィーク

ポイントを探し当て、完璧に要塞を築いておくことで

自信に満ち溢れることができます。

 

そのような状態になると、逆に誰かから突っ込みを

入れて来られるのがうれしくなります。

 

待ってましたと言わんばかりに。

 

それで、見事にそのことについて説明ができた時

相手からの信頼も上がり、自分も答えられた

ことに対しての満足感から、やって良かったと

さらにやる気がみなぎることになります。

 

物事というのは、こうしてやる気をあげて信頼を

勝ち取っていくものだと思います。

 

物事というのは、手を抜いたところは必ず後から

絶対にほころびが出てくるものです。

 

間違いありません。

 

仮にこのほころびに気が付かなかったとすると

その瞬間に仲間からの信頼は失うまでは

いかなくても薄れます。

 

その瞬間に嫌な空気が流れます。

 

そんな思いをしたくなければ、誰からも

突っ込まれないような、完璧な要塞を目指して

それを糧に頑張れる体質にならなければ

なりません。

 

ならなければなりませんというとやりたく

なくなるので、自然とそうなりたいと思うもの

です。

責任感をもってやる気を出すことを思い出しました

実は、私は責任感をもって物事に対応すると

いうことを忘れていました。

 

全く、責任感を持っていないというわけでは

ないですよ。

 

ほころびが無いように、全てを見なおして

突っ込みどころが無いような要塞を築くと

いうことを忘れていたんです。

 

今は、こうしてブログを書きながら、生計を

立てようとしているわけですが、本気度というか

力の入れ方が空回りしているような状態です。

 

確かに、以前私がやっていた業界とは使い勝手が

違うので、ピンと来るまでは時間がかかります。

 

しかしながら、こうして続けていることで段々と

魂が入れられるようになってきたのではないかと

思います。

 

そのヒントとなったのが、責任感です。

 

例え、業界が違っても、責任感を持つということは

どんな業界でも当り前の話で、私はこのブログに

責任感を持って接してきたかというと、そうでは

ありませんでした。

 

私は、このブログで何をやろうとしているのかと

いうと、やる気を出すということに執着しています。

 

その目的は、秀でた行動力を身につけるためです。

 

自分自身が、やる気を出しながらブログを更新し、

人よりも秀でた行動力を身につけるということです。

 

そこには、無理やりはありません。

 

あくまでも、自分がやりたいからやるということが

モットーです。

 

そして、その秀でた行動力が身につく様子を

披露して、信頼を確立していこうというのが

狙いです。

 

人よりも秀でた行動力が身に着けば、何を

やっても成功する体質を手に入れることが

できます。

 

何をやっても成功する体質なんて、誰にも必要な

ことじゃないですか。

 

中々結果が出ていないので、未だ未だそこまでの

魅力はありませんが、ゆくゆくはそうなりたいと

心から思っています。

 

もしもこの気持ちが伝わるような成果が出だしたら

もう少し閲覧に訪れてくれる人たちも増えてくれる

のではないかと思っています。

 

今日、責任感に関しての記事を書いたことは

私にとって、ものすごく意味のあることでした。

 

忘れかけてた責任感について、思い出すことが

できたわけですから。

 

まだまだ突っ込みどころは満載かもしれませんが

以前に比べて意識が高まったことは間違い

ありません。

 

どうすれば、ほころびに目を向けられて

修復ができるようになるのかを考えながら

さらに飛躍をしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました