カニバリ対策みたいな複雑な作業はできるだけシンプルな手順書に

カニバリ対策みたいな複雑な作業はできるだけシンプルな手順書にKANIBARI

カニバリ対策をやっていて、相変わらず迷いが生じて

行動できない状態です。

 

今日は、完全に日記となってしまいますが、現在の心境を

書いておいて、後で物凄く難易度が高い作業に立ち向かって

いくための資料として、残しておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

カニバリ対策の難易度

現在、カニバリ対策を手順書を見ながら実施しています。

 

その手順書というのは、未だに課題があるので、スムーズに

手を勧められない状態です。

 

カニバリの意味をハッキリ理解していない

手順書を見ながら、カニバリ処理を実施しています。

 

ここへきて、再び手が止まってしまいました。

 

カニバリの意味が、再びわからなくなってしまいました。

 

カニバリ対策の手順に、サーチコンソールを見ながら

あるキーワードを選択し、ページが複数表示されたら

カニばっているという判断基準があります。

 

それで、複数のページが表示されたら、1つにまとめたり

noindexにしたりして、対応しています。

 

ところが、その作業を続けていると、カテゴリー内の記事は

複数表示されガチだということがわかりました。

 

それで、他のサイトの方で売り上げが発生しているものについて

カニバリチェックをやってみました。

 

すると、そのサイトは、あるキーワードで2位と3位になっていて

ページを見たら、10ページくらい表示されていました。

 

恐らく、それは各サイトで説明しているところの「良いカニバリ」

だと思います。

 

ということは、同じカテゴリー内ではカニばるのが当たり前という

ことだと思います。

 

そのようなデータは、カニバリ対策の対象としてはいけないのだと

思いました。

 

かなり作業を進めてしまったので、また地道に手で直していこうと

思います。

カニバリ対策はすべてのページを1から作り直すつもりだった

最初は、すべてのページを1から作り直すつもりで手順書を作ったのですが、

 

1からやり直すにも読者に対する回答を明確にしようと思っていたので

1件1件の手順が複雑になってしまいました。

 

そんな作業を何件もやっていると、正直わけがわからなくなってしまいます。

 

現在の私にとって、カニバリ処理はあまりにも複雑すぎるので、

本当に悪いところがすべて出ている状態です。

 

やることが多過ぎてめんどくさい

当サイトの「めんどくさい」というカテゴリーにやる事が多過ぎて

めんどくさいと説明している部分があるのですが、まさにそれが

私にとっての「カニバリ対策」です。

 

そこで、「やることが多過ぎてめんどくさい」時の心境がまさに

今の心境です。

 

その時の反省点を上げておこうと思います。

 

文章を冷静に考えられなくなる

カニバリ作業をしている感も、いくつも文章は書いています。

 

但し、文章がめちゃくちゃで焦点が定まらず、とてもでは

ないですが、公開できるレベルには至っていません。

 

今回のこの文章も、ただの日記なので、本来なら公開できる

れべるではありません。

 

しかしながら、折角身に付けた習慣がなくなるかもしれないので

いつものようにやっつけ的に後悔しようと思っています。

 

手順が複雑だと方向性が見えてこない

いつまでも、手がすすめられないのは良くない習慣だと思い、

いくつかの課題を持ちながら、行動することを優先しました。

 

今までの習慣ができなくなるのでは?

その結果、カニバリ対策のみを対応してきて、すると今までの

習慣ができなくなってしまうのではないか?という不安に

苛まれました。

 

その不安を解消するべく、こうして記事を書いています。

 

手順はできるだけシンプルにするべき

現在の手順書は、既存の文章を更新していく方向に変えました。

 

それで、対応する内容が、タイトルの見直しとコンテンツの見直し

です。

 

タイトルの見直しでは、キーワードを1語に決めて、その他の

キーワードは削除いて別の言葉に置き換えていく作業です。

 

コンテンツの見直しは、キーワードに関連する部分以外は

削除して、退避用のページに貼り付けながら実施します。

 

同じフォルダーを使用すると、どこまでやったかがわからなくなるので

1度すべてを別のフォルダーに退避させて、対応したもの

から外のフォルダーに出していく作業です。

 

コンテンツの中身は、1つのキーワードに関連するもののみを

残す形です。

 

これだけを対応するだけでも、1ページ当たりの項目がかなりの

量となってしまいます。

 

この作業をやりながらも、エクセルシートの新しい記事名の書き込みや

マインドマップの書き込みなど、別の作業もあります。

 

こんなことを毎日やっていると、段々とわけがわからなくなってくるんです。

 

そこに来て、新たに記事を追加してなどのタスクが発生すると、元に

戻った時に、「何をどうするんだっけ?」てな具合なんですよ。

 

読者ニーズに対する答えも明確にしなければならないし、1ページ

あたりの作業量が半端ではないんです。

 

本来なら、カニバリ対策の処理など、やりたくはないところですが

やらなければならないからやっている作業です。

 

できることなら、無視をして、記事を毎日更新する方に

力を入れて行きたいところです。

 

しかし、恐らくカニバリの影響だと思うのですが、カニばっている

ことで記事を追加すると、さらに評価が悪くなっている

状態だから、やむなくやっているに過ぎません。

 

わざわざインデックスを増やしていくためにヨーストseoでタイトルや

ディスクリプションを日付やページを入れてユニークにしたり

したけど、カニバリを考えた時は逆効果になるのではないか?とか

 

カノニカルで対応するべきかとか。

 

課題が山積なので、作業に専念することができていない状態です。

 

ググったり、ユーチューブで勉強しながらの作業なので、さらに

複雑なことをやっています。

 

今日は、そんな状態を書き残してみました。

 

わけがわからなくなって、放棄した時にひょっとすると鬱になるのかも

しれませんね?

 

手順書のシンプル化の必要性を感じました。

 

カテゴリーはカテゴリーの処理だけ

 

コンテンツはコンテンツの処理だけ

 

エクセルのタイトル変更の書き込みはしない方向で

 

マインドマップの更新も後からするようにして、なるべく

シンプルにしていこうと思います。

 

そういう意味では、私はそこまで突っ込んで物事を考えないので

大丈夫だとは思うのですが、念には念を入れておこうと思います。

 

明日また新たに作業手順書を作り直し、朝からワクワク感一杯で

作業に当たりたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました