ぼーっとするリラックス!落ち着くと行動できる!

ぼーっとするリラックス こうどう
スポンサーリンク

ぼーっとするリラックス

ぼーっとすると、リラックスできます。

その理由は、何も考えないことができるからです。

私は普段、ぼーっとするというと脳が疲れた状態をイメージしていました。

疲れているから、文字通り何も考えられなくなった状態です。

ところが、今日心電図を撮った時に、何も考えないことができたんです。

「relax」の意味
「relax」は、緊張やストレスが解消され、心身ともにリラックスした状態になることを意味する。また、動詞としては、緊張をほぐす、くつろぐ、リラックスするといった意味がある。例えば、仕事や勉強の後にリラックスするために音楽を聴く、温泉に入る、映画を観るなど、さまざまな方法でリラックスすることができる。

参考:Weblio辞書「リラックスの意味・解説 」

何も考えないことができるというと、まるで何も考えない状態を連想しますが、そうではありません。

何も考えないことができるから、自分が考えたいことに専念することができるということです。

リラックスするということは、そういうことですが、ぼーっとするとリラックスできるということに気が付かなかったんです。

普段はマルチタスクになりガチ

普段、マルチタスクになってしまいガチなので、どうしても他の事を考えてしまいます。

マルチタスクになると、不安になるので集中できなくなってしまいます。

知らず知らずのうちに、落ち着いて物が考えられない状態になっているんです。

そんな時に、ぼーっとして仰向けになって、リラックスできたら集中できると思いました。

言われてみたら、確かにその通りなのですが、自分でそのイメージが無かったので、全然気が付かなかったんです。

マインドフルネスが身に付いていなければ、恐らくリラックスすることもできなかったと思います。

何も考えないことができるという意識

結局、何が違うかというと、何も考えないことができるという意識だと思います。

どういうことかというと、以前の私に「何も考えないことができるという意識」はありませんでした。

だから、恐らく、ぼーっとして仰向けになって、リラックスできたら、そのまま眠っていたと思います。

ところが、最近は「何も考えないことができるという意識」があるので、わくわくするんですよ。

集中して、物事を考えることができるということに、歓びを憶えたんです。

だから、そのまま頭に浮かんだことを、考えることができたんです。

しかも、一切の雑念も入って来ないで集中することができました。

ちなみに、この時の課題は、勝手に頭の中で思いつくんです。

集中することができるから、すらすらと面白い様に解くことができるんです。

風呂に入った時も同じような心境になる

私は、普段お風呂に入った時にも、同じような心境になります。

風呂に入ったら、他の事は何もできないという諦めの境地から、ひとつのことに集中することができています。

だから、お風呂でかなりの割合で、名案が思い浮かぶ場合が多いです。

えっ!?それほどの名案が確認できないって!

ほっとけ!

ぼーっとして仰向けになることでリラックス

それが、ぼーっとして仰向けになることで、リラックスできるということがわかったので、疲れる度に実施してみようと思っています。

疲れた時は、脳を休めるために何も考えないで昼寝をした方がいいのかもしれません!?

ですが、わくわくしていたら、眠くならないので、そんな時は絶好のお試しポイントだと思います。

それで、疲れまで取れれば、一石二鳥です!^^

それには、再び以前のようにわくわくすることに全力を注いでいこうと思います。

なんか、思い切りわくわくできることでも起きないかなー!?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました