ぼーっとするとやる気が下がるのでわくわくすることを考える

やる気 ぼーっとするヤル気が起きない原因
スポンサーリンク

ぼーっとするとやる気が下がる

ぼーっとしてるとやる気が下がるので、そんな時は

できるだけわくわくすることを考えるようにしています。

 

1 物がぼやけて見えるさま。

2 意識が正常でなく、ぼんやりしているさま。

3 明るさや色あいなどがかすかに感じられるさま。ほんのり。

4 音をたてて燃え上がるさま。

参考:goo辞書「ぼうっと の意味 」

 

折角朝から晩までやる気を維持するために、1日の

ルーティンワークを実施しているのに、途中でやる気を

無くしてしまってはもったいないです。

 

やる気とは、ちょっとしたことで浮き沈みが激しいので

不安になりかけたら、わくわくすることを考えます。

 

重要なのは、常にやる気が出せる状態にキープしておくこと

です。

やる気は常に意識しておかなければいけないもの

なぜ、このようなことを言っているかというと、やる気とは

常に意識しておかなければいけないものではないかと思った

からです。

 

朝からやる気を出すルーティンワークを実施すれば、基本的に

その日1日はやる気モードでいることはできると思います。

 

ところが、何かの拍子に30分くらいぼーっとしていると、やる気モード

から離脱します。

 

常にわくわくしていなくてもいいのですが、気を抜かないようにすることは

重要なことだと思います。

 

例え、途中でぼーっとしてしまい、やる気モードから離脱してしまっても

わくわくすることを考えれば、すぐにまたやる気モードは復活します。

 

このことは、私が実際に検証した結果、そのように思ったので、

備忘録として書き残しておこうと思いました。

 

また、人の話というものは、伝わりにくいと思っているので

具体的に書いても中々正確に伝えることができません。

 

だから、尚更より具体的になるように書きました。

 

下手にやる気モードから離脱してしまい、そのことに

気が付かないで毎日のように同じような習慣を続けていると

いつの間にか自信がなくなっていたなんていうこともあり得ます。

 

私の場合、毎日のルーティンワークでやる気を出していますと

言ってみても、やる気の状態が以前よりも弱まっていると

実感したことがあります。

 

それってどんな現象かというと、毎日やる気を出している

から今日はもう瞑想しなくてもいいだろう!?などと

考えてしまった時です。

 

慣れとは怖いもので、自分で勝手に今日はもうやらなくてもいい

だろうと、勝手に判断をしてしまい、次の日も、その次の日もと

いう具合に、気が付いたらやらなくなっていたなんていうことが

ありがちです。

 

自分で毎日やると決めたからには、勝手に自分で判断などせずに

続けて行くことが賢明です。

 

実際に、続けなければいけないことと続けなくてもいいことが

存在しますが、その判断はわかりません。

 

実際に自分が途中でやらなくなった習慣があることに気が付いた時

その習慣をやってみることにより、何かが変わったのであれば

それは続けた方がいい習慣ということができると思います。

 

そのように判断することで、続けなければいけないことと

続けなくてもいいことが判断できると思います。

 

やる気はちょっとしたことで浮き沈みが激しい

なんで、やる気がちょっとしたことで浮き沈みが激しいと

思ったかというと、卓球のオリンピックを観ていて

そう思いました。

 

ポイントを連続で取り出すとモチベーションが上がる

卓球というのは、ポイントを連続で取り出すとモチベーションが

上がるので、ドンドンポイントが取れやすくなるのではないか!?

と思いました。

 

ドンドンわくわくしてくるような状態ではないかと思いました。

 

ということは、益々やる気が出ている状態なので、やる気は

大きければ大きいほどいい影響があるということではない

でしょうか?

 

だとするならば、何かをする時はできるだけ大きなやる気を

意識できた方がいいということが言えると思います。

 

タイムアウトで形勢逆転

そうかと思うと、タイムアウトによって急に形成が逆転する時

があります。

 

あれは、調子が乗っている時に急にそれを妨げられるので、

イライラが募るのではないか!?

 

イライラとは、不安を抱くネガティブな感情なので、それが

きっかけとなり、プレーに影響するのではないかと思います。

 

逆にタイムアウトを取った方は、一息入れることができるので

安心感からプレーの質が変わるので、形成が逆転できるのではないか

と思います。

 

後1点でゲームが取れる時

後1点でゲームが取れる時、決まってポイントが取れなくなる。

 

あれは、ゲームを意識するので、ドキドキ感が増して緊張して

しまう。

 

勿論、そのままゲームを取れる時もありますが、緊張する場合が

多いような気がします。

 

このように、ほんの些細な事で感情に変化が見られるので、やる気

に対しても浮き沈みが激しいのではないかと予想できます。

 

もう少し、やる気というものはデリケートなものだということを

意識して、上手い具合にあげたり、下げないようにしたりを意識

してみようと思います。

 

ぼーっとするのは、ネガティブな感情なので、不安を抱きます。

 

ぼーっとしていると眠たくなってくると思いますが、

眠くなることもネガティブな感情なので、いずれにしても

やらない方が良さそうです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました