やる気は伝染する!傍にヤル気がある人がいたら相乗効果は半端ない!

やる気は伝染するヤル気 になる方法

そばに物凄くやる気がみなぎっている人がいると、自分も物凄くやる気がみなぎってきます。

実は、今朝奥さんがものすごくやる気をみなぎらせて行動をしていたんです。

そうしたら、自分も俄然やる気が出てきて、目一杯仕事を進めることができました。

やる気がある人が側に居たら、その人のことを応援してあげたくなるものですよね。

スポンサーリンク

やる気は伝染する!

傍にやる気がある人がいたら、それが伝染して自分も俄然やる気が

出てきます。

 

冒頭でも述べました通り、今朝の奥さんの仕事に対するやる気は

半端でないものを感じました。

 

私は、いつものようにやる気を出すためのルーティンワークを

実施しているため、いつもと同様にやる気は満々の状態で

目覚めました。

 

今日もいつものように頑張るぞ!と、充分に気合は入っている

状態でした。

 

そこへきて、奥さんは朝から物凄く元気が良くて、やる気を

みなぎらせていたんです。

 

「〇〇はどうやるの?」

 

「○○のために△△が欲しいんだけど、後でカインズに

買いに連れてってくれる!?」的な!

 

すべて仕事に必要なものなので、私が反対するわけがありません。

 

反対どころか、その元気を私ももらい、やる気がさらにパワーアップ

して、とんでもないことが起こりました。

 

私は、今朝から10サイトほど、サイトを更新することができました。

 

とは言っても、更新なのでそれほど大した更新ではありません。

 

しかし、めんどくさい作業です。

 

普段なら、躊躇してしまい取り掛かることが困難な作業です。

 

その作業を終えて、現在はこうしてブログの更新に取り掛かって

いる次第です。

 

10サイトの更新処理にしても、最初から10サイト更新すると

構えて挑んだわけではなくて、1サイト目がとても効率よく

更新することができたので、次のサイトというような形で

気が付けば結果的に10サイト更新することができていた

という感じです。

 

それでいて、未だ余りがあるから、ブログの更新に着手

することができました。

 

というか、このことを書かずにはいられないというのが

正直なところです。

 

今まで1日に10サイトも更新することができた試しが

なくて、正直今日は出来過ぎです。

 

それもこれも朝一に奥さんのやる気から元気をもらうことが

できたからです。

 

やっぱり、元気にやる気満々の状態というものは伝染するので

お互いに毎朝その調子で相手に伝染させ合うことができれば

その相乗効果は計り知れないものになると思いました。

 

私は、毎朝いつもようにやる気満々の状態で行動している

のですが、もっと相手にもそのことが伝わるように元気満々

の状態に表現をすることも物凄く重要な事だと思いました。

 

なんせ、私は毎日やる気満々の状態なのですが、どちらかというと

作業を黙々とこなしている感があります。

 

もっと、仕事をやりたくてやりたくてしょうがないアピールを

奥さんにも伝える必要を感じました。

 

今日は、ちょっと張り切り過ぎてしまったので、ひょっとすると

明日反動が出てしまうかもしれません!?

 

何事も無理は禁物とわきまえているつもりですが、やりたくなって

しまったものは仕方がありません。

 

奥さんは、私のその様子をみて、かなり自分の仕事に力が入っている

ように見えました。

 

奥さんも今日は相当タフネスに仕事をこなしていました。

サラリーマン時代のチームリーダーからやる気を伝染された

そういえば、私が新人で入ったサラリーマン時代にも

いきなりそのチームリーダーの仕事ぶりに感動した

時がありました。

 

私がいた会社は、かなり優秀な人材が揃っていたのですが

なかでも私が配属されたチームのリーダーは半端なく

仕事ができたリーダーでした。

 

私が合った上司の中で、後にも先にもその当時のチームリーダー

を越える存在には逢った試しがありませんでした。

 

そのチームリーダーは、人には一切仕事を強要せず、必要なこと以外

とても言葉数が少ない人でした。

 

そのくせ、何かわからないことを聞きに行くと、相手がわかるまで

親切丁寧に説明をしてくれました。

 

わざわざ会議室を借りて、30分、1時間とその対応を取ってくれる

ような人でした。

 

何でも知っていたので、みんなリーダーに聞いていました。

 

だから、毎日のようにその対応に追われるところが目につきました。

 

その合間に自分の仕事をやっていたので、帰りはいつも最終です。

 

それではいけないと、部下の方から気を使うようになり、みんな

自分自身で何でも理解するようになり、できるだけリーダーの

負担を減らすように心がけていました。

 

そんなリーダーだったので、誰からも好かれるし、部下は誰もが

みんなやる気満々の状態でした。

 

始まった当初は、みんな早めに帰っていましたが、後半には誰もが

最終電車まで作業に没頭していました。

 

憧れの存在だったので、みんなリーダーの口癖を真似ていました。

 

何かにつけて「ほー」っていうのが口癖でした。

 

そして、何かを説明する時は身振り手振りで説明するところまで

みんながみんなやっていました。

 

先ほど、最低限のことしか言ってこないと言いましたが、仕事

から離れると、仕事以外のことは何でも話しかけてきます。

 

それでいて、逆に質問をすると親身になって真面目に答えてくれる

ような人でした。

 

まさに、サラリーマンの鏡というか、理想的な上司でした。

 

このように、本人がやる気満々の状態で仕事をしていれば

みんなそれに感化されて、自分も一生懸命仕事をしたいという

意識が芽生えるものなんですよね。

 

私は、いきなり最高な上司に恵まれてしまったため、その後は

残念な上司を一杯見る羽目になりました。

 

そういえば、当時の私たちの業界の仕事は、進捗が遅れるのが

当たり前の業界でした。

 

遅れるのが当たり前というと、聞こえが悪いのですが、そんな

環境下で私たちのチームはオンスケで物事が進捗する当時の

業界では稀な存在でした。

 

それもこれも、そのチームリーダーがいたからこその賜物です。

 

自分自身のやる気を態度で示して、それに憧れた部下が真似をして

みんながみんなやる気満々の状態で作業に従事するというまさに

やる気が伝染しあってトンデモナイ相乗効果を生み出したからこそ

なせた業だと思います。

 

我が家でも明日からはこれで行きます。

 

私が朝からやる気満々元気一杯に振舞って、奥さんのことを

最大限に刺激していこうと思います。

 

今日は、奥さんから最高のやる気をもらって、大昔の出来事を

思い出させてもらえたことに感謝をしたいと思います。

 

当時のチームリーダーは、今頃は凄い存在になっているんだろうなー!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました