感情コントロールしてやる気を出す!ほんの些細な事でポジティブになる

感情コントロールしてやる気を出すヤル気を出す方法

感情というのもは、ほんの些細な事で

ネガティブになったり、ポジティブになったりします。

スポンサーリンク

感情コントロールしてやる気を出す!

感情をうまいことコントロールすることで

ポジティブになってやる気をみなぎらせることが

できます。

 

ちょっと勇気を出して、いきなりツイッターで恥をかくことが

できれば、その日は1日ポジティブな心境になることができます。

 

そのかいた恥に、誰か1人でも反応してくれて

「いいね!」をしてくれたら、それだけで

その日1日はハッピーな状態です。

 

最高なテンションになることができるんですよ。

 

恥をかくということは、人に恥ずかしい部分を

さらすということなので、自分的にはものすごく

緊張することです。

 

慣れないうちは、あまりの恥ずかしさから

パソコンの前で固まって動けなくなるかも

しれません。

 

比較的、大爆笑を取れるようになれば、

最高なんですけど、なかなかおもしろいことも

そう簡単には思い浮かばないんですよねー。

 

昔は、次から次へと面白いことが思いついたのですが

最近はすぐには浮かんでこないんですよ。

 

それと、もっともっと恥ずかしいことは

あるはずなのに、調子が良い時じゃないと

その恥ずかしいことも思い浮かんでこない

です。

 

この調子が良い時を作り出しているのが

普段の日課の「やる気を出すルーチンワーク」

なんですよ。

 

毎日「やる気を出すルーチンワーク」を

行うことで、明るい状態になることが

できます。

 

明るくないと、恥なんかかくことができない

ですから。

 

ちょっと、乗らない時は、妙にカッコなんか

付けちゃったりして、カッコ悪いことが言えなく

なるんです。

 

誰にも反応されなかったらどうしよう的な

恐怖が、さらに恥をかけない状態にしてしまう

んですねー。

 

そういえば、この間までは妙に大人意識が

邪魔をして、子供の頃のようにバカが言えなく

なっていました。

 

今は、すっかり少年時代の意識に返っているので

アホなことが比較的言えるようになりました。

 

周りを見ても、私みたいな低次元なことを

言っている人は見当たりませんね。

 

でも、それでいいんです。

 

周りにそんな人がたくさんいたのでは

私が目立たなくなってしまいますから。

 

恥を掻いて差別化も図れなくなってしまいます。

 

たまーに強烈におもしろいことを言っている

人を見かけますが、そんな時は思わず焦って

しまいます。

 

でも、そういう人が好きなので、そういう人には

敬意を払って思わず「いいね」と「リツイート」

をしてしまいますが。

 

結局、何が言いたいかというと、私が普段から

やっている「やる気を出すためのルーチンワーク」

というものは、ツイッターで朝一から恥をかけるように

なるための準備運動で、朝一に恥をかくことが第一段階の

目的なんですよ。

 

そして、恥を掻くことでやる気がみなぎって

一気に作業を進めることができるようになる

ということです。

 

恥をかくことによって、他のツイッタラーの

方々には、警戒心を解いてもらうことができます。

 

安心という感情を持ってもらえるようになるんです。

 

同時に、恥をかくことが怖くなくなるので、

バカ丸出しで行動することができるように

なるんです。

 

「そんなこともわかんないの?」と言われたら

「当たり前!」って、答える事ができるんですよ。

 

最高な環境が、その日1日構築することが

できるんです。

 

しかし、これが次の日も同じようにコンスタントに

できるかというと、そうはいかないんですよね。

 

バイオリズムが関係しているのか?

 

感情の高ぶりというのは、本当に厄介なもの

ですよね。

 

でも、朝の一発目に恥ずかしいことを言って

ウケれば、その後は本当に楽に作業を進めることが

できるんです。

 

でも、その一言がなかなか言えないんですよねー。

 

私も、そのことがわかっていながら、

恥をかくことができない時があります。

 

ツイッターなんだから、パソコンの前で

真っ赤な顔をして恥ずかしがっていても

誰にも気がつかれないところが、ぜんぜん

救いじゃないですか!

 

だとしたら、恥をかいたもん勝ちのところが

あるんじゃないですか!?

 

ということは、恥をかかないと損だということですね。

 

だったら、みんなで恥を晒して行った方がいいと

言うことじゃないですか?

 

みんながみんな、恥も外聞も捨てて、恥を晒しまくったら

最高ですよね。

 

なんでもそうだけど、楽しみながらやらなければ

良いものはできないと思っています。

 

ブログの更新だって、苦労しながら書いたところで

その気持ちは読み手の方にも伝わってしまうもの

なんですよね。

 

どこがどのように作用して、そうなるのかは

わかりませんが。

 

感情のコントロールと言い、本当に

わかるかわからないか微妙な違いに

ポジティブになったり、ネガティブに

なったりするものだと認識をしています。

 

ブログだって、面白くなければ読んでもらえない

ですよね。

 

勿論、ちゃんとした答えが書かれていることは

大前提ですが。

 

その中でも、笑いを取り入れていった方が

読むことに苦労しないのではないか?と

思います。

 

そんなことを言っても、簡単じゃないけど

そのことを理想に掲げて、目指していこうと

思います。

 

あまり、お茶らけすぎると、信憑性に欠けてしまう

と思われてしまうことも想定されますが、やっぱり

私はその路線で差別化を図っていきたいと思います。

 

おもしろくなきゃ、ブログじゃない!

 

ちょっと、敷居を上げてしまった感が拭えませんが

私にできる事と言ったら、そんなことぐらいですから。

 

退屈しないで最後まで読んでもらって、書いている

内容はちゃんとした内容になっていること!

 

本当に、おもしろくなければ続かないし、楽しみながら

やらないと良いものはできませんから。

 

今までの自分は、そういう意味でらしくなかった

と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました